【ヒロアカ】344話ネタバレ!物間がワープゲートをコピー

【ヒロアカ】344話ネタバレ

ヒロアカ344話のネタバレになります。

青山がデクを裏切ったかと思われましたが、見事にオールフォーワンを欺きました。

ついに始まった第二次決戦。

互いに全戦力を集結させているようですが、このまま全面戦争へ突入するのか!?

 

前回のヒロアカ343話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】343話ネタバレ!青山がデクを裏切る!?第二次決戦開幕!

心操が青山と両親を操って喋らせた

場面は342話時点に戻り、生徒達が捜索から一時帰還し、学生寮に戻ってきた場面。

オールマイトと塚内が最終プランを伝えます。

オールマイトは生徒達に言います。

「オールフォーワンの事は私たちがよく知っている」

「この捜索で奴が見つかる可能性は低い」

 

峰田は聞きます。

「無駄だってことすか」

 

塚内は言います。

「逆だ、イレイザーの作戦につながる」

 

話を続けるオールマイト。

「狡猾な臆病者を引きずり出す為には、心をゆっくり解きほぐす必要があるんだ」

 

塚内も説明します。

「“サーチ”は生きてる前提で進める、我々の動向は逐一把握しているハズだ」

「緑谷くん帰還からのこの流れを「焦燥」と「疲弊」に見せたい」

「“我々が悪手を取り続けている”“思惑通り”と気持ちよくさせ、イレイザーが発案した「青山(内通者)でオールフォーワンを任意の場所に誘き出す」成功率を上げる」

 

青山の協力を得られることに、生徒たちは安堵します。

 

八百万は聞きます。

「あの・・・ですが・・・嘘をつけば殺されると青山さんのお父さまは仰っていました」

「“嘘”の判別方法が判然としない以上まだ青山さん達への危険が・・・」

 

オールマイトは答えます。

「それもクリアだ、夫妻の話によるとオールフォーワンとの連絡は「音声通信」のみで文面でのやりとりはゼロ」

「他にも沢山いるであろう“お仲間”の言葉を全て精査してから動いているとは思えない、音声で即時判定できるシステムがあるはず」

「では、その音声に嘘も何もなければ奴は安心して現れる」

「だから相澤くんの“アイデア”通り・・・彼が活きる!」

 

オールマイトに呼ばれ、ヒーローコスチュームの姿で登場する心操。

梅雨ちゃんは言います。

「作戦聞いた時驚いたわ、だって対抗戦のときは・・・喋らせる事できなかったハズよ」

 

心操は言います。

「・・・まいっちゃうよな、4月になったらヒーロー科に編入して皆と競い合っていくと思ってた」

「その為に“個性伸ばし”訓練続けてきたのに、まさか進級留め置きなんて」

「行けるぜ、俺が青山と両親を操って喋らせればそこに俺の意思も彼らの感情も介入しない」

「ただその分発動条件が厳しくなるけど」

 

盛り上がる生徒達。

仮免許のない心操ですが、非常事態に目良委員長代理から許可を得たとのこと。

物間がワープゲートをコピー

皆が盛り上がる中、常闇は聞きます。

「しかし・・・問題はここからでは?誘き出して一網打尽に?可能だと?」

「数が減ったとは言え・・・その場に大量のヒーローが待ち伏せていればそれこそバレてしまう」

 

オールマイトは言います。

「その場にいなければいい」

 

さらに回想シーンになります。

ガラス越しで黒霧の前に連れてこられた物間。

相澤先生は言います。

「オールマイトたちからの要請だ」

 

B組担任のブラドキングも言います。

「最も肝心な役目だぜ、いけるか?」

 

物間は答えます。

「数日でこの人の“個性”をコピーで使いこなせるように・・・って、冗談言ってます?」

 

相澤先生は言います。

「悪いな、俺の声は届かなかった」

「それに・・・コイツが黒霧か白雲かはまだ分からない」

「片目を失って「抹消」もほぼ使いものにならない、次の戦いで俺は何もできない」

 

物間は言います。

「・・・蛇腔では、イレイザーヘッドがいなければ全滅していただろうと聞きました」

「昔からよく言われましたよ「その“個性”じゃスーパーヒーローになれない」って、脇役の“個性”だって」

 

ブラドキングは物間の肩を掴み、言います。

「物間、この作戦は誰が欠けても成り立たない」

「脇役なんていない」

「これまでもこれからも、おまえが主役だ」

 

場面は現在に戻り、笑いながらワープゲートからヒーローたちを出す物間。

「ハーッハハハハハフィクサアアアアア!!」

オールマイトの作戦は成功するか!?

指令室で複数のモニターで戦況を見るオールマイト達。

オールマイトは言います。

「奴はワンフォーオールさえ奪えば逃げ隠れする必要もなくなる!ここで終わらせここから始めるつもりだ!」

 

死柄木が「荼毘」と言った瞬間、既に飛び出している荼毘。

荼毘は言います。

「指図するなよリーダー」

 

エンデヴァーへ向かっていく荼毘。

荼毘は炎を出しながら叫びます。

「ここで会えるとは思ってなかったぜお父さん!まずはお仲間の葬式かぁ!?」

 

荼毘の炎を氷で相殺する轟。

轟は言います。

「させやしねぇよ馬鹿兄貴!!」

 

上空から戦況を見るオールフォーワン。

オールフォーワンは考えます。

(ここで乱戦でもするつもりか・・・!?)

 

その時、オールマイトが指示を出します。

「システム“誘導牢”ON!!」

 

地面から檻が現れ、敵(ヴィラン)を一人ずつ閉じ込めます。

考えるオールフォーワン。

(こんなもの瞬く間に破られることは承知のハズ、だのに・・・大掛かりすぎるよな)

(そうか、オールマイト・・・!狙いは)

 

塚内はオールマイトに言います。

「いけるぞオールマイト、今度こそだ!」

「君と皆で練り上げた作戦だ!きっとうまく行く!」

「かつて俺たちは仕留め損ねた・・・!君は腹を抉られた!でもまだ君も俺も生きている!」

「今度こそだ!!オールマイト!」

 

オールマイトも言います。

「雄英から離れ、仮設要塞から離れ、ここまで必要だった・・・!」

「慢心させ、おまえを引きずり出し・・・そして!」

 

物間も叫びます。

「皆今だ!!押し込め!」

 

檻がワープゲートへと押し込まれます。

 

オールマイトの狙いに気づいたオールフォーワン。

(我々を分断する為に!!)

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ344話まとめ

心操の個性によりオールフォーワンを引きずり出すことに成功。

さらに物間がワープゲートをコピーし、別々の場所にいたヒーローたちが一斉に現れます。

このままオールマイトの作戦である”分断”も成功するのか!?

 

ヒロアカ345話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】345話ネタバレ!

(2/28更新)