【ヒロアカ】343話ネタバレ!青山がデクを裏切る!?第二次決戦開幕!

【ヒロアカ】343話ネタバレ

ヒロアカ343話のネタバレになります。

第二次決戦の最終プランが伝えられ、雄英を出ていく生徒達。

そして作戦決行の当日、ヒーロー vs ヴィランの第二次決戦が開幕します。

 

前回のヒロアカ342話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】342話ネタバレ!ヒーロー vs ヴィラン 第二次決戦へ

オールフォーワンと連絡をとる青山の両親

スマホで通話しながら考えるオールフォーワン。

(少しでも僕に対する害意を持っていれば分かる)

(“個性”名はなんだったかな?なにせ黎明期の頃だったし、他のと掛け合わせで強化しているから曖昧だ、持ち主は冴えない男だったと思う)

(彼の子孫はよくやってるよ、なんの因果かかつてのオールマイトと共に僕を追い詰めてくれた)

(しかし今度はその“個性”が僕に勝利をもたらす)

(蒔いた種が実った時ほど喜ばしい事はない)

 

オールフォーワンと通話するのは青山の両親。

青山の両親は言います。

「ええ!変わりなく!」

 

オールフォーワンは言います。

「お酒が飲みたいな、マッカランの40年ものがいい」

 

青山の両親

「16年ものなら息子の持たせますよ」

 

オールフォーワン

「ああ、頼むよ」

「では、息子さんの連絡先をいただこうかな、万全を期したい」

 

青山の両親

「ええもちろん!こんなご時世ですからね“叔父さま”」

 

オールフォーワン

「あぁそうだね」

 

オールフォーワンは考えます。

(嘘や害意はない“真っ白”)

(仮にも泳がされていたり後に尋問される事があっても問題ない、傍受対策の間抜けなやり取りも今回で最後)

 

青山の両親

「では明日」

 

オールフォーワン

「あぁまた明日」

青山がデクを裏切る!?

青山に呼ばれたデク。

青山はデクに来てくれたことを感謝しますが、デクは聞きます。

「青山くん、何でここに・・・留置所にいたんじゃ・・・」

 

青山は答えます。

「両親の弁護士が釈放してくれた」

 

デクは、「皆に伝えるよ!これからまた捜索に・・・」と言いますが、「待って」と青山。

青山は言います。

「君と話がしたい」

 

青山は話し始めます。

「・・・笑えるよね、この崩壊した日本でまだ裁判所が生きてるなんて」

「こんな世の中で従来の生き方を貫いて何になるっていうんだ」

「オールフォーワンの本当の目的を教えてあげる」

「日本がこうなっちゃったことで今、世界がどうなってるか知ってるかい?」

「突如として円の価値が大暴落して、多くの日本企業が倒産し始めてる」

「その煽りと敵(ヴィラン)の一斉活性化で各国にダメージが波及してる、世界大恐慌や超常発現と似た流れが差し迫っているんだって」

「世界的な雇用の消失、貨幣の信用失墜、大混乱時代さ」

 

デクは聞きます。

「なんの話をしているんだ青山くん・・・?」

 

青山は話を続けます。

「長期政策を施行する体力を失えば、どんどん目先の安全を求め争い貧しくなってく」

「日本は見捨てられる、各国自国の安全が最優先だから」

「そんな世の中、例えば水が足りない国に飲み水を出せる“個性”が現れたら」

「電気もガスも“力”も・・・」

「退廃と混乱の世界へ突入していく中、ただ一人・・・圧倒的“個”人がイニシアチブを取れる土壌が形成されつつある」

「彼は世界の裁定者(魔王)になる」

「どこか一つ、均衡を崩せれば・・・きっと何でもよかったんだよ」

 

デクは言います。

「そんなの・・・変だよ、世界が許すハズがないよ・・・」

「それに、まだ僕たちがいるよ・・・!」

 

青山は顔を引きつらせながら言います。

「そうだね、だからきっと、これは最後の詰めなんだ」

「ごめんね、やっぱり僕は、パパンとママンの安全を守りたい」

 

青山の背後から現れるオールフォーワン。

オールフォーワンは言います。

「よくやってくれたね青山優雅」

「恐ろしかったろう、友を裏切るのは」

「心苦しかったろう、信頼されると言うのは」

「よく乗り換えた!」

「僕の“最終目標”の話よかったよ、厳密には外れだが・・・パパとママに聞いたのかな?」

 

青山は涙を流しながら言います。

「えぇ・・・!あなたの世界で僕らに幸福を約束してくれると」

 

デクは叫びます。

「信じてたのに!!」

第二次決戦開幕

青山は震えながら言います。

「心苦しいなんてもんじゃあ・・・」

「なかったよ叔父さま!!」

 

突然、オールフォーワンへビームを放つ青山。

オールフォーワンはビームを手で防御し、言います。

「恩知らずめ」

 

デクは青山に言います。

「演技が迫真すぎるよ青山くん!」

 

青山は答えます。

「仕方ないだろう!?相手をひきつけなきゃあいけないんだもの」

「それに、君だって名演だったよ」

 

デクは言います。

「誘き出す為とは言え、あんな涙見せられたらつい」

 

青山は言います。

「僕こわすぎて、涙どころかおしっこも出てるんだよね」

 

デクは言います。

「頑張った青山くん!」

 

青山は決意の表情で叫びます。

「パパンとママンの為にも・・・皆の為にも自分の為にも!」

「僕はオールフォーワンと戦う!」

 

考えるオールフォーワン。

(どういうことだ)

(直前の連絡にも害意や嘘はなかった、どうやって・・・)

(いや・・・どうでもいい!)

 

オールフォーワンは言います。

「罠だろうと、今この距離にワンフォーオールがある事実」

「”サーチ”は“見た”者の位置と弱点を掌握する、先の戦いで弔が“見た”ヒーローは散開し各地にいる、今からすぐ救援は間に合わない」

「だからこそ気づかれずここまで、この数が接近できた!」

「この状況が既に手遅れじゃないか!!」

 

オールフォーワンがそう言うと、荼毘やトガヒミコ、死柄木、ハイエンド脳無などがこの場に現れます。

 

青山は言います。

「パパンとママンはこうも言ってたよ」

「だからAFOが最も嫌がることは」

「日本はまだ終わってないと世界が知る事、復興の先に光が在ると、日本が示し世界が団結すること」

 

青山の背後に黒霧のワープゲートが現れ、驚くオールフォーワン。

(黒霧・・・!どうやって動かした!?)

(だが、これも却って手間が省・・・)

 

次の瞬間、ワープゲートからエンデヴァーやファットガム、ミルコなど、そうそうたる面々が現れ、青山は叫びます。

「だから今日ここでおまえを倒す!!」

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ343話まとめ

青山がデクを裏切ったかと思われましたが、見事にオールフォーワンを欺きました。

ついに始まった第二次決戦。

互いに全戦力を集結させているようですが、このまま全面戦争へ突入するのか!?

 

ヒロアカ344話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】344話ネタバレ!

(2/21更新)