【ヒロアカ】331話ネタバレ!スターアンドストライプが死柄木を攻め続ける

【ヒロアカ】331話ネタバレ

ヒロアカ331話のネタバレになります。

スターアンドストライプと死柄木の戦い。

スターアンドストライプの個性が判明し、かなりのチート能力でしたが、それでも死柄木(オールフォーワン)は負けていません。

死柄木はスターを倒し、個性を奪うのか!?

 

前回のヒロアカ330話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】330話ネタバレ!スターアンドストライプの個性は新秩序(ニューオーダー)

新秩序のルールを理解し始める死柄木

死柄木の髪が伸びたことに驚くスターアンドストライプ。

死柄木は言います。

「わかってきたぞ、新世界(ニューオーダー)」

「最強だが・・・ルールもある」

 

死柄木は考えます。

(対象に触れ、名を呼ぶことで好きなルールを付与する)

(個性を逸脱した児戯(じぎ)のような無体の力、だが今の戦闘からいくつか分かってきた)

(生命(肉体)に対しパワーアップ等の強化には限度があるようだ)

(無際限ならば初手で殺そうとした相手の頭を砕かなかった理由がない)

(反面、弱体化には際限がないようだ)

(例えるなら上限のあるバロメーターを自由に設定するようなものか)

(一方で、指定範囲の「空気に触れると死ぬ」などと言い出せないのを見るに、何かを噛ませることで触れていないモノにまでルール付けすることはできない・・・あるいは、できるが効果は弱まるとかか?とは言えレーザーに真空・・・)

(生命以外のあらゆるモノにはかなりの自由度を誇る、新秩序(ニューオーダー)の真髄は俄然こちら!)

(生命とそれ以外の差はおそらく、「名を呼ぶ」というプロセスにある、俺にルールが適用さなかった原因は認識のズレ、Mrs.スターは俺を死柄木弔と認識して触れたが、俺は今、自分が死柄木なのかオール・フォー・ワンなのか、はたまた志村なのか認識が曖昧)

(自我の確立したモノには名を呼び聞かせ、互いの認識が合致しなければならない、そうでないモノにはMrs.スターの一方的な認識で成立してしまう!)

(付与制限は2つか?範囲はどうだろうか?犬(モンちゃん)にはモンちゃんで適用されるかなぁ?)

 

嬉しそうに笑いながら死柄木は考えます。

(本当にどうなっちまったんだ僕は、無性に試してみたくイライラする)

 

死柄木を見て、考えるスターアンドストライプ。

(呼吸器系には対策用意してあるな・・・)

死柄木は世界の敵

ジェット機のパイロットはスターアンドストライプに聞きます。

「どうするスター、新秩序(ニューオーダー)もレーザー集中砲火も効かねぇぞあの再生野郎」

 

スターは言います。

「アグパー司令に伝えて」

 

パイロット

「まさか・・・独断専行だけでもマズイってのに、それは・・・」

 

スター

「ここで使えなきゃ何のための特別指揮権授与だ!」

「こいつはもう日本の敵じゃない、世界の敵になる」

「日本にはできないやり方で、今殺す」

 

複数のジェット機は、空中でのスターの足場となります。

スターは言います。

「分かったところで対策しようがないってのはこっからだ!」

「大気は私の1000倍の大きさで固まる」

 

大気が巨大なスターの形で固まります。

死柄木は大気の形は見えませんが、何か異様な雰囲気を感じます。

 

スターがジェット機の上でパンチを繰り出すモーションをすると、巨大な大気のスターは死柄木を殴り、死柄木は吹き飛びます。

 

吹き飛んだ死柄木へ追撃をするスター。

(ダメージの蓄積は無意味)

(本当の名前教えて!?なんて答えてくれるワケがない)

(結局、コイツの攻略法は粉微塵に砕くのみ!)

 

スターは両手でクラップ(拍手)をし、巨大な大気のスターは死柄木を潰します。

死柄木を攻め続けるスターアンドストライプ

死柄木を潰したスター。

スターは叫びます。

「けど硬ったい!」

 

パイロット達に、レーザーを自分へ放つよう指示を出すスター。

無数のレーザーがスターへ放たれ、スターは言います。

「レーザーは一本に固まる!」

 

巨大な大気のスターはレーザーを束ね、槍のようにして死柄木に突き刺します。

 

高出力レーザーの持続圧迫を続けるスターですが、その時、アグパー司令から連絡が入ります。

アグパーは言います。

「スター、君の身勝手も慣れたものだと油断していたよ、今回ばかりは免許剥奪どころじゃ済まないぞ」

 

スター

「お好きに!で!?準備は済んだ!?」

 

アグパー

「一発サービスしておいた、日本にも連絡はついてる、もう着く頃だ」

 

スター

「それは素敵!」

 

アグパー

「ルールに縛られないその身勝手が、我が国を照らしてきたのも事実だ」

「その敵はオールマイトでも捕らえきれなかった」

「越える時だキャシー、名は「ティアマト」、全弾もれなくぶち当てろ」

 

何発もの新型極超音速大陸間巡航ミサイル「ティアマト」がスターのもとへと向かいます。

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ331話まとめ

スターと死柄木の戦い。

最強の個性を持つスターですが、死柄木の再生能力に手を焼きます。

そんな中、何発もの新型極超音速大陸間巡航ミサイル「ティアマト」がスターのもとへと向かいますが・・・。

 

ヒロアカ332話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】332話ネタバレ!

(11/8更新)