【ヒロアカ】325話ネタバレ!人々に受け入れられるデク

【ヒロアカ】325話ネタバレ

ヒロアカ325話のネタバレになります。

お茶子の主張に心が動き始める人々。

そしてついに、デクに直接助けられた二人が飛び出します。

 

前回のヒロアカ324話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】324話ネタバレ!お茶子の主張に涙を流すデク

デクに感謝する洸汰と異形のお姉さん

デクに駆けつける洸汰(こうた)と異形のお姉さん。

峰田も駆け寄ろうとしますが、飯田が制します。

峰田は言います。

「何だよ飯田!」

 

飯田

「ここは俺たちじゃない」

 

洸汰はデクに駆け寄り、泣きながら言います。

「緑谷兄ちゃん!」

「ごめんね・・・!僕っ・・・恐くて動けなかったんだ!ごめんよ!ごめんよ!」

「でもあのお姉ちゃん(お茶子)が頑張って話してて、僕、行かなきゃって・・・!お兄ちゃんみたいにならなきゃって・・・!だから僕・・・来たよ!」

「だからもう泣かないで大丈夫だよ!」

 

異形のお姉さんも言います。

「雄英の人だったんだね」

「異形は入れられないって・・・何ヵ所か避難所、断られちゃってね・・・結局、雄英がいいてことになったの」

「でも君にまた会えたからラッキーだ」

「あのときはありがとう、泣き虫ヒーローさん」

 

洸汰とお姉さんはデクを抱きしめます。

全部取り戻すことを誓うデク

一人の男性が反対を叫んでいた若者に言います。

「ヒステリックに糾弾する前に、話しぐれぇ聞いてもいいんじゃねぇのか・・・?」

 

男性は言います。

「その兄ちゃん(デク)はここに常駐するって訳でもねぇんだろ!?物資も人材も足りねぇ今、兄ちゃんがすり減ることなく休めるのが雄英しかねぇってこったろ!?」

「そういう説明だったよなヒーローさんよ!?」

 

校長は答えます。

「ええ」

 

同等の設備がある士傑(しけつ)ではダメなのか?との声も出ますが、今度は士傑で同じことが繰り返されるとの声が。

 

男性は言います。

「俺ぁよう、こうなるまで気付かんかったよ」

「俺は客で、ヒーローたちは舞台上の演者だった」

「かつてオールマイトっつう不世出の男がヒーローをしめしたよ、皆そいつをなぞった!はやし立てた!そうしてく内にいつの間にか皆、そこに込められた魂を忘れちまってたんだ」

「だが舞台は取っ払われちまった、失敗を重ねて金も名誉も望めねぇ、ヒーローと呼ばれた大勢の人間が投げ出した」

「そん中で今残って戦う連中は、何のために戦ってるんだ?」

「今戦っている連中まで排斥していって、俺達に何が残る!?」

「どうやってこれまで通り暮らす!?辛ぇのはわかる!けど冷静になろうや!」

「俺達、いつまで客でいるつもりだ?」

 

糾弾していた若者は言います。

「ふ、複数の個性を操る・・・ボロ切れのような男が噂になってる」

「敵の煽動役とも真のヒーローとも言われてる・・・」

 

若者はデクに言います。

「答えろよ」

「お前がここで休んだら、俺たち元の暮らしに戻るのかよ?」

 

デクは答えます。

「皆が一緒にいてくれるから・・・全部、取り戻します」

ヒーローが暇を持て余す明るい未来

デク達がいる場所とは違うスペースにいるエンデヴァー、ホークス、轟の三人。

そこへエクトプラズムがやって来て、言います。

「聞いていたかい?ウラビティの演説」

「入って・・・見たほうがいい、大丈夫だ、少なくとも今は」

 

デク達がいる場所にやってきた三人。

エンデヴァーは言います。

「・・・結局、俺達はデクに辛い想いをさせただけだった」

「何も進展のない・・・遠回りをさせただけだ」

 

ホークス

「進展ならありますよ」

「ここにあったんだ」

「ワンフォーオールは人々の心が紡いできた力の結晶」

(オールマイトが緑谷くんに繋いだ、緑谷くんをA組が繋いだ、ウラビティが人々と緑谷くんを繋いだ、そして人々が・・・)

(もしも全員が少しだけ、みんなのことを思えたなら)

(きっとそこは、ヒーローが暇を持て余す、笑っちまうくらい明るい未来です)

 

人々から受け入れられ、雄英に入っていくデク。

 

それを見た轟は、エンデヴァーに言います。

「親父、一緒に・・・だ」

 

エンデヴァーは荼毘を思い出しながら答えます。

「あぁ・・・」

リベンジを誓う義足隻眼の相澤先生

入院中の相澤先生と通話する校長。

隻眼、義足の相澤先生は言います。

「委員長によくやったと伝えて下さい」

 

校長は義足の調子を聞き、相澤先生は答えます。

「流石にミルコのようにはいきません」

 

校長

「黒霧(くろぎり)のほうは?」

 

相澤

「毎日、声をかけてはいますが・・・残念ながら進展は無いです」

 

校長

「君とマイクの呼びかけに応じたことをきっかけに、復元研究の為、セントラルに秘匿搬送された能無・・・黒霧」

「彼の個性のコピーはミルコが潰した」

「もしあのまま白雲くんの意思を取り戻してなければ、どこも砦にはなり得なかった」

「か細く、おぼろげでも、逆転の糸は紡がれている」

 

相澤

「トガの対策は引き続き?」

 

校長

「ああ、彼女の血液摂取と変身時間の制限を割り出した、避難民は一定期間の隔離を経てから雄英に入っている」

 

相澤

「雄英は砦、ここからがリベンジです」

 

校長

「ああ、もちろん」

 

雨の中、一人雄英を後にするオールマイト。

 

次号のヒロアカは休載になります。

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ325話のまとめ

A組がデクを連れ戻し、お茶子が市民を説得。

そしてデクが直接助けた二人がデクに感謝し、人々から受け入れられたデク。

ここからリベンジといった展開ですが、オールマイトは一人どこへ向かうのか!?

 

ヒロアカ326話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】326話ネタバレ!

(9/18更新)