【ヒロアカ】304話ネタバレ!デクがワン・フォー・オール最後の継承者!?

【ヒロアカ】304話ネタバレ

ヒロアカ304話のネタバレになります。

未だ目を覚まさないデク。

オールマイトはデクが先代達と話していると言いますが・・・。

 

前回のヒロアカ303話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】303話ネタバレ!ワン・フォー・オールのことを聞くホークス

四代目・四ノ森避影の死因は老衰

デクの腕のギブスを触りながらオールマイトは考えます。

(感じる、少年の中のワン・フォー・オールを、だが、朧気(おぼろげ)にしか感じられない)

 

デクは眠りながら皆のことを心配します。

 

次の瞬間、デクの意識の中に現れる先代達。

初代(オール・フォー・ワンの弟)から八代目(オールマイト)まで全員揃っており、6人は椅子に座り、二人は後ろを向いて立っています。

オールマイトは意識だけがこの場にいるようで、実在の姿ではなくシルエットのみ。

 

五代目の万縄(ばんじょう)は、「起きる前に話をしなきゃあなんねぇさ」と言い、初代は、「ごめんね大変な時に」と言います。

 

口がモヤのようなもので塞がれた状態(口が無い?)のデク。

デクは考えます。

(歴代の継承者たち・・・また夢の中・・・!)

 

初代は言います。

「以前は揺らぎの隙間を縫うようにしか干渉できなかったが、今はもうその限りじゃない、約4ヶ月程前、僕の力が・・・ワン・フォー・オールが急速に成長を始めてからだ」

「成長に伴いワン・フォー・オール内にあった継承者達の意識は輪郭を帯び、継承者同士でコミュニケーションを取れるようになった」

「そして先の戦いで兄さんの力に無理矢理引っ張られたことで、より君の前に現れやすくなった」

 

万縄は言います。

「まープライベートは保証するから心配ないさぁ!」

「あぁ、お口がねぇんだっけか!」

 

デクは、前回は言葉を発することが出来たことを思い出し、なんとか返事をします。

「あぁいおあ(話とは)・・・あんえうあ(なんですか?)」

 

デクの前に立つ四代目。

四代目は言います。

「私が話そう」

「私は四代目、名を四ノ森避影(しのもりひかげ)という」

「先の戦いで君は図らずも私の力を引き出した」

 

”危機回避”のことを思い出すデク。

 

四ノ森はデクに聞きます。

「君は私の享年と死因を聞いているかね」

 

デクは答えます。

「おいはおんじゅう(歳は40・・・)、いいんは(死因は)・・・」

 

考えるデク。

(オールマイトの資料には書かれていなかった、というより・・・途中まで書いて消したような・・・)

 

四ノ森は言います。

「老衰だそうだ」

ワン・フォー・オールはもう普通の人間には扱えない

40歳で老衰と聞き、驚くデク。

四ノ森は話を続けます。

「推定調(すいていちょう)なのは・・・私も万縄も正確な死因など知る由もなく、八木(オールマイト)くんが調べて教えてくれたからだ」

「結論から言うと、ワン・フォー・オールはもはや、普通の人間には扱えない」

 

驚くデクに、四ノ森は続けて言います。

「私は八木くんに次いで保持期間が長い」

「18年間・・・オール・フォー・ワンから逃れ、ただひたすらに力を培ってきた」

「継承した時点で奴に到底及ばないとわかった私は、力を培うターンだと割り切った」

「そして晩年、身体にヒビが入った」

 

四ノ森の顔には2本のヒビが入っています。

 

四ノ森は言います。

「鍛え方が足りないから、或いは未知の感染症か・・・そう考えていた」

「だが八木が私の病歴や検死結果まで調べ上げ、真相が判明した、老衰とはつまり・・・複数”個性”を内包した力を所持するだけで命を燃やしていたというわけだ」

 

デクは言います。

「でも・・・!待って下さい!四ノ森さんの頃より、うんと大きな力をオールマイトはもっと長い間保持しています!」

 

初代は言います。

「そこなんだ、我々が言わなければならないことは」

「ワン・フォー・オール所持に伴う負荷に気付いた八木くんも同じことを思った、他は保持期間も短く戦いの中で亡くなったため、比較サンプルが自分しかいない・・・なので」

「四ノ森くんにあって自分に無かったものはなにか考えた」」

 

デクは気づきます。

「オールマイトは無個性・・・」

 

初代は、「そう」と答え、話を続けます。

「今も存命中の八木くんが得た情報は・・・ここにいる彼の意識を通じて我々に伝えられた」

「確証を得てからでないと君には話せなかった・・・兄さんの話を聞いて確証を得た」

「個性因子に人の意識が刻まれているという話、なら何故、因子を持たない八木くんの意識はここにいるのか」

「我々はずっと・・・歴代の意識がワン・フォー・オールに宿ったものだと考えていたが、正確には2〜7代目の意識はワン・フォー・オールが取り込んだ因子内に宿ったもの、八木くんだけは違う」

「彼だけがワン・フォー・オールそのものに意識を宿らせていた」

「生来の個性が入った器では余すことなく享受できず溢れて歪む・・・四代目が寿命を縮めたように」

「40年、八木くんはワン・フォー・オールを保持した、空の器にこそワン・フォー・オールは馴染み、真に彼の個性となった」

「人から人へと引き継がれた力は何の因果か、持たざる者が最も真価を引き出せる形となっていたんだ」

デクがワン・フォー・オール最後の継承者!?

初代の話を聞いたデクは言います。

「つまり、歴代の個性が発現した今、普通の人には尚更渡せない、ワン・フォー・オールはもう譲渡できない、そういうお話ですね」

 

初代は言います。

「君の世代でも絶滅危惧種の無個性でかつ、力を必要とする者が今後現れない限りは」

「当時は知り得ない事だった・・・君らの手に渡ったのは運命的だった、もし我々がもっと早く所有者に干渉できるようになっていたなら、辛い思いをした人も・・・もう少し減らせていたかもしれないね・・・」

 

万縄はデクに言います。

「要するに坊主・・・おまえが最後の継承者になるかもしれん」

 

デクは言います。

「僕が・・・最後の・・・継承者・・・」

 

ここで七代目の志村菜奈がデクに聞きます。

「そこが本題だ」

「出久(いずく)くん、君、死柄木弔を殺せるか?」


ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ304話の感想

歴代の継承者が全員登場しました。

とはいえ、二人は後ろを向いているので顔がわからないですが。

これまで謎だった四代目の死因が老衰と判明し、さらに、デクが最後の継承者の可能性があるとのこと。

この事実が今後どのような影響を及ぼすのか!?

そして、志村菜奈の質問に、デクは何と答えるのか!?

 

ヒロアカ305話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】305話ネタバレ!

(3/15更新)