【ヒロアカ】305話ネタバレ!それでも死柄木を救けたいデク

【ヒロアカ】305話ネタバレ!

ヒロアカ305話のネタバレになります。

歴代の継承者が全員登場し、これまで謎だった四代目の死因が老衰と判明しました。

さらに、デクが最後の継承者とのことですが・・・。

 

前回のヒロアカ304話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】304話ネタバレ!デクがワン・フォー・オール最後の継承者!?

ワン・フォー・オールの原点

デクに、「死柄木弔を殺せるか?」と問う、七代目の志村菜奈。

デクに死柄木を倒すことを頼んでいるのではなく、”覚悟”の話だと志村菜奈は言います。

 

志村菜奈がデクに問う理由、それは、ワン・フォー・オール内に死柄木の自意識が侵入してきた時、デクは死柄木が”救けを求めているように見えた”と思ったことからです。

歴代の継承者達は、デクの気持ちに呼応するため、わかるとのこと。

 

五代目の万縄(ばんじょう)は、問題は自分達には「そう見えなかった」ことだと言います。

死柄木がオール・フォー・ワンに侵食され、苦しんでいた様子はわかったが、あれは救けを求めてはいなかった、あんな状況でもアレの目は憎しみしか宿していなかったと万縄。

 

初代は言います。

「そう育てられた・・・自由の効かない体となった兄さんは恐らく、彼の肉体と精神を乗っ取ろうと画策している、ワン・フォー・オールを手に入れるためにね」

 

万縄は、オール・フォー・ワンが過去2回、自分と後輩の煙(えん)にワン・フォー・オールの強奪に手をかけ、失敗していることを伝えます。

さらに万縄は言います。

「ワン・フォー・オールの原則をねじふせる為には、強い想い、強い感情でワン・フォー・オールを上回るしかない、人一人では抱えきれない程の想い、恐らく死柄木の強い憎しみを利用している」

 

オール・フォー・ワンが死柄木に言った言葉を思い出すデク、

(所有者の意志でしか動かせないワン・フォー・オールの原則を、君の怒りが今、侵し始めた)

 

万縄は、「ワン・フォー・オール、その原点はオール・フォー・ワンに屈しないという強い意志だからな」と言い、初代も言います。

「前提としてワン・フォー・オールは”オール・フォー・ワンを討つ”という命題を抱えている、八木くんがやり遂げたかに見えた、だが兄さんはしぶとく再び返り咲こうとしている」

デクの覚悟は?

志村菜奈はデクに言います。

「”逃げられない”という話のあとに言うのは卑怯なやり方だと思ってる」

「死柄木弔は私の孫だ、オール・フォー・ワンと戦うために息子と離れ・・・その結果がコレだ」

「失敗し続けた大人が16の子どもに負債を押しつけるのはみっともない事だとわかってる・・・!」

「けれど、アレが巨悪となり果てたら、もう誰にも止められない」

 

志村菜奈はデクの両肩を掴み、「”救けを求めているように見えた”人間が、救いようのない人間だった時に、君は殺してでも止めるという覚悟はあるかい」と、再度、問います。

それでも死柄木を救けたいデク

デクは静かに答えます。

死柄木が困ってるように見えた、いや、そう感じた。

オール・フォー・ワン内に死柄木の自意識が侵入してきた時、死柄木が己の夢を強く想った時、憎しみのその奥に・・・泣いている子供(死柄木)を感じた。

 

デクは、これまでに色んな人と戦ってきたが、彼らは折れなかったため戦って止めるしかなかったと言います。

しかし、彼らがどうしてそうなってしまったのかは知らない、知っていたなら何か違っていたのかもしれない。

 

死柄木はたくさんの人を殺し、大好きな人達を傷つけた。

だが、ワン・フォー・オールは殺すための力ではなく、助けるための力だとオールマイトから教わった。

自分だけではなく、オールマイトと、歴代継承者が培ってきた力が、数えきれない人たちの心を支えてきた。

原点が”討つための力”であっても、皆が命を懸けて紡(つむ)いでくれ、もう一つ大きな意味を持つようになった。

 

デクの話を聞き、この空間にいるオールマイトの意識(残影?)は涙を流します。

 

デクは堂々と言い切ります。

「殺して止める以外、方法がないかも知れない」

「具体的にどうすればいいのかもわからないけれど」

「僕はあの子を救けた」

 

それを聞いた初代は、「うん、だから君について行くんだ」と、笑みを見せながら言い、オールマイトの意識(残影?)の肩に手を置き、「君たちに渡って本当によかった」と言います。

 

うつむく志村菜奈の肩に手を置く初代。

志村菜奈は涙を流しながらデクに言います。

「試すようなことをして・・・ごめんな」

「グラントリノは生きてる、目が覚めたらよろしく伝えてくれ・・・」

 

心の声でグラントリノへ語りかける志村菜奈。

(空彦・・・私達は選択を誤った、けれど、私達は弟子に恵まれた・・・!)

 

初代は、壁際で後ろを向いている二人の継承者に言います。

「君達もいい加減に・・・彼に協力してあげてくれ」

「力を全解放するための協力を」

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ305話のまとめ

死柄木が”救けを求めているように見えた”と感じたデク。

しかし、歴代の継承者にはそうは見えなかった。

そんな中、志村菜奈は自分の孫でもある死柄木を殺せるのか?救いようのない人間でも殺す覚悟はあるのか?と問います。

それでもデクは救いたいと答えます。

デクが見ていたのは、一人さびしく泣いている子供の頃の死柄木でした。

デクの覚悟を聞き、安堵の表情を見せる初代。

初代は二人の継承者に、「力を全解放するための協力を」と言いますが・・・。

 

ヒロアカ306話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】306話ネタバレ!

(3/22更新)