【ヒロアカ】302話ネタバレ!燈矢の死亡理由と年齢が判明

【ヒロアカ】302話ネタバレ

ヒロアカ302話のネタバレになります。

冷から語られる燈矢の過去。

今回の302話では燈矢の死亡理由と年齢が判明します。

 

前回のヒロアカ301話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】301話ネタバレ!轟家の過去が語られる

ヒーローを目指し続ける燈矢

夜、スヤスヤと眠る幼い焦凍。

燈矢に襲われた焦凍ですが、何もなかったように寝ているので無事だったようです。

 

エンデヴァーは妻・冷に言います。

「今後は焦凍を他の子らと一切近付けさせないことにする」

「俺は仕事でずっと面倒を見るわけにはいかん、その為の使用人を雇った、おまえも燈矢から目を離すな」

 

冷は言います。

「あの子はあなたに見て欲しんだよ」

 

エンデヴァーは答えます。

「俺はヒーローの世界しか・・・見せられない」

 

部屋から出ようとするエンデヴァーに冷は言います。

「ヒーロー?」

「逃げてるだけじゃないの・・・」

 

ー5年後ー

 

燈矢13歳、冬美12歳、夏雄8歳、焦凍5歳。

燈矢、冬美、夏雄が庭で遊び、その様子を羨ましそうに見る焦凍。

 

エンデヴァーは焦凍の手を引っ張りながら言います。

「焦凍見るな、兄さん(アレ)らはおまえとは違う世界の人間だ」

 

焦凍は、「一回だけでいいから燈矢兄たちと遊ばせて」と言いますが、エンデヴァーは言います。

「ダメだ、出力訓練だ」

 

布団の中で夏雄に愚痴をこぼす燈矢。

「そりゃあの時は俺が悪かったよ・・・!焦凍に罪はなかったもの・・・でもお父さんも悪かったんだよ!」

「俺たちは失敗作だから相手にされない、すごいよな・・・要らない子をつくってこれが現代ヒーローなんだぜ」

 

燈矢が喋り続けるため眠れない夏雄。

夏雄は、「たまには姉ちゃんとこで言ったら・・・?」と、迷惑そうに言いますが、燈矢は言います。

「夏くんまで俺をたしなめるのか!?やめてくれ!」

「夏くんしか理解できないから話してるのに!わかるだろ、家の女は皆だめだめなんだ!」

 

別の日、外出しようとする燈矢を止める冷。

冷は燈矢に言います。

「待って、またお山に行く気でしょ・・・!たまにはクラスメイトと遊んでみたり・・・」

 

燈矢は反発します。

「友達なんかいらない!世界が違う!」

 

冷は聞きます。

「燈矢おまえ・・・本当にヒーローになりたいの?」

「お母さんには・・・お父さんに縛られて苦しんでる様に見える・・・」

「燈矢・・・世界は沢山あって選択肢は無数にあるの、お父さんだけじゃない、もっと外を見て・・・!その中で本当になりたい自分を見つけてほし・・・」

 

冷を睨みながら燈矢は言います。

「お母さんが何を知ってんだよ!?」

 

ビクっとする冷。

燈矢は続けて言います。

「啓発本でも読んだのかよ・・・!?」

「おばあちゃん達が貧乏してたからお母さんを売ったんだろ、お母さんはそうするしかなかったんだろ、だから俺が生まれたんだろ・・・!?」

 

玄関の扉を開ける燈矢。

外に出ようとする燈矢は、振り向きざまに言います。

「お母さんも加担してんだよ」

 

燈矢は考えます。

(火が・・・消えないんだよ)

燈矢の炎が赤から蒼(あお)に変化

燈矢13歳。

早生まれの小さな身体に、ようやく訪れ始めた二次性徴。

身体の変化と共に、その炎は赤から蒼(あお)へと色を変えていた。

 

山で一人、訓練をする燈矢。

燈矢は手応えを感じながら言います。

「そうか・・・身体機能だもんな!感情の昂(たか)ぶりが火力に直結するんだ!すごいぞ俺・・・これならお父さんもきっとびっくりするぞ!」

 

目から涙を流す燈矢。

「ああでも・・・くっそ、昂ぶると何だって涙が出ちゃうんだろう」

 

ある日、燈矢はエンデヴァーに言います。

「お父さん、今度の休み、瀬古杜岳(せことたけ)に来てよ」

 

エンデヴァーは燈矢の服をめくり、上半身の火傷の痕を見ます。

(火傷・・・周囲から見られない箇所での訓練・・・!)

 

「おまえまだ・・・!」と怒るエンデヴァーに、燈矢は言います。

「すごい事になったんだ、必ず来て!」

「焦凍にだって到達できるかどうか・・・!オールマイトにも負けないかもね!お父さんもきっと認めざるをえなくなるからさ・・・!」

「俺をつくって良かったって思うからさ!」

 

夜、エンデヴァーは冷に叫びます。

「何故、止めなかった冷!」

「頼んだはずだ!」

 

焦凍は泣きながらエンデヴァーに飛びかかります。

「お母さんいじめないで!やめて!いじめないでよ!」

 

エンデヴァーは叫びます。

「焦凍は出てろ!関係ない話だ!」

 

隣の部屋で泣きながら耳を塞ぐ冬美と夏雄。

 

冷は燈矢の言葉を思い出します。

「お母さんが何を知ってんだよ!?」

 

冷は自分のことを振り返ります。

(選択肢は限られていたけれど、選んで進んだのは私の足で、せめてその先では笑っていようと思っていた・・・のに)

 

冷は言います。

「私じゃ止められない」

燈矢の死亡理由と年齢が判明

瀬古杜岳(せことたけ)に行かなかったエンデヴァー。

エンデヴァーは当時の心境を語ります。

「薪(まき)をくべてしまうだけだと・・・いや・・・何と声を掛けたらいいのかわからなかったんだ」

 

冷も言います。

「私もそうだった」

 

一人、エンデヴァーを待っていた燈矢ですが、父親が来ないことに悔し泣きします。

そして、感情が昂ぶり全身から発火。

 

火力の上げ方しか教えてもらっていない燈矢は、炎の止め方を知らず、山火事規模の炎で死亡。

享年13歳と思われます。

 

回想が終わり、エンデヴァーは病室で言います。

「あの日、全て諦めていれば・・・燈矢を殺してしまったことで、後に引けなくなっていた・・・焦凍に傾倒する他・・・なくなっていた」

 

冷は言います。

「燈矢が消えて・・・エスカレートしていくあなたが悍(おぞ)ましくて・・・こどもたちにまで面影を見るようになってしまった」

 

冬美は言います。

「壊れてるのを知りながら・・・怖くて踏み込めなかった・・・上っ面でつくろうことしか・・・してこなかった」

 

夏雄は言います。

「全部あんたが始めた事で、あんたが原因だ・・・でも、俺がぶん殴って燈矢兄と向かい合わせてやれてたら・・・荼毘は生まれてなくて、焦凍に盛り蕎麦をご馳走してやれてたかもしれない」

 

冷はエンデヴァーに言います。

「責任はあなただけのものじゃない、今回の事は私たち全員の責任、心が砕けても私たちが立たせます、あなたは荼毘と戦うしかないの」

 

冷の力強い表情と言葉に、「おまえ・・・本当に・・・冷か・・・?」と驚くエンデヴァー。

冷は言います。

「私たちよりよっぽど辛いハズの子が、恨んで当然の私を再びお母さんと呼んでくれた」

「雄英高校でお友達をつくって、私たちをつなぎとめてくれた」

「焦凍が轟家(うち)のヒーローになってくれたのよ」

 

焦凍は言います。

「ここに・・・来る前、お母さんと話した」

「おまえが・・・もう戦えねぇと思って、俺がやるしかねぇって思ってた・・・でも違うみてえだ」

 

大粒の涙を流すエンデヴァーに、手を差し伸べながら焦凍は言います。

「泣き終わったら立てよ、皆で燈矢兄を止めに行こう」

 

廊下まで聞こえるほどの大声で泣くエンデヴァー。

病室の外ではホークスとベストジーニストが無言で聞いています。

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ302話の感想

轟燈矢の死亡理由と年齢が判明しました。

年齢はハッキリとは描かれていませんが、おそらく13歳の冬と思われます。

燈矢の死が原因でバラバラになった轟家ですが、燈矢(荼毘)を止めるために再び一つになり、そのキッカケになったのは焦凍。

焦凍の成長した姿に大泣きするエンデヴァー、そんなNo.1ヒーローを無言で見守るNo.2とNo.3ヒーロー。

まだまだ大変な状況のヒーロー側ですが、反転の狼煙が上がりつつあります。

 

ヒロアカ303話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】303話ネタバレ!

(3/1更新)