【ヒロアカ】320話ネタバレ!デクを説得するA組メンバー

【ヒロアカ】320話ネタバレ

ヒロアカ320話のネタバレになります。

デクの前に現れたA組クラスメイト。

しかし、それでも変わらないデクに、皆は強硬手段に出るのか!?

 

前回のヒロアカ319話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】319話ネタバレ!デクがA組クラスメイトと戦う!?

デクが皆から離れた理由

デクと対峙し、考える飯田。

(一度決めたら止まらない人だって、よく知ってるんだ)

 

爆豪はデクに言います。

「聞いたぜ!4・6代目も解禁したって!」

「すっかり画風が変わっちまったなぁ!?クソナード!」

 

デクは、「ありがとう・・・来てくれて・・・」と言い、煙幕を出し空中を飛んで逃げます。

爆豪は皆に、「てめーら絶対逃すなよ!」と言い、爆風地雷で煙幕をかき消します。

 

空中にいるデクに無数の鳥が寄ってきます。

デクに向かって叫ぶ口田。

「戻ってきて大丈夫だって!緑谷君」

「校長先生が戻っておいでって!ね!?だから逃げないで!」

 

デクは、「ごめん」と言い、黒鞭をビルに飛ばし、一気に逃げようとしますが、黒鞭をセロハンテープで引っ張る瀬呂。

瀬呂は言います。

「黒鞭垂らしっぱなしにしてんのコエーよ警戒するわ!」

 

瀬呂から黒鞭の扱い方を教わったことを思い出すデク。

デクはセロハンテープを手刀で切りますが、今度は耳郎の心音壁(ハートビートウォール)がデクを襲います。

しかし、すぐに逃げるデク。

 

耳郎はデクのスピードに驚きながらも言います。

「緑谷!どーでもいーことなんだけどさ!」

「文化祭の時に要点(ノート)のまとめ方教えてくれたのかなり助かったんだよね!」

「些細な事だけど・・・すっごい嬉しかったんだよね!」

 

尾白はデクの体に尾を巻き付けます。

尾白はデクに聞きます。

「体育祭の心操戦覚えてるか!?」

「おまえが俺のために怒ってくれたこと、俺は忘れない!」

「おまえだけがボロボロになって戦うなんて見過ごせない!」

 

デクは巻き付いた尾を離しながら言います。

「僕がいると・・・皆が危険なんだ・・・!」

「オールフォーワンに奪われる・・・」

「だから離れたんだよ・・・!」

デクを説得するA組メンバー

尾を強引に離したデク。

そのデクに飛び込むダークシャドウ。

ダークシャドウはデクを押してビルに飛び込みます。

 

砂藤はビルの中に飛び込んだデクに向かって叫びます。

「緑谷!聞いてくれ!」

「おまえは特別な力持ってっけど、気持ちは俺らも同じだ!」

「さっき口田の言った学校の方の話もさ!聞いてくれ!でなきゃもうエリちゃんにリンゴアメ作る時、食紅貸してやんねー!」

 

ダークシャドウに抑えつけられているデク。

デクは言います。

「いいよ・・・!エリちゃんだって・・・僕からじゃなく・・・いいよ・・・」

 

突然、デクの体を固定する装置が現れ、デクの顔にマスクのようなものが装着されます。

そこに現れた八百万。

八百万は言います。

「初めは一同、あなたについて行くつもりでした」

「今はエンデヴァー達と協力のものと個性を行使しています」

「緑谷さんの安全を確保するという任務で」

 

デクは顔に装着されたマスクが眠らせる装置と理解し、頭を前に振って強引にマスクを外します。

さらに体を固定する装置を剥がしながら、「もう・・・かまわなくて・・・いいから・・・僕から・・・離れてよ!」と言いますが、デクの肩に腕を回し、「やなこった!」と言う上鳴。

 

上鳴は言います。

「緑谷!ワンフォーオールだかも大事だと思うけど、今のおまえにはもっと大事なもんがあるぜ!」

「全然趣味とか違げーけど、おまえは友達だ!だから無理くりにでもやらせてもらう!」

 

障子はデクと上鳴を絶縁テープで巻きます。

障子は言います。

「「このメンツならオールマイトだって恐くない」合宿襲撃時にお前が言ったセリフだ」

 

常闇はダークシャドウの終焉(ラグナロク)「胎(たい)」でデクと上鳴を包みながら言います。

「ダークシャドウの攻撃力を”防”に利用するのはお前のアイデアだったっけな緑谷」

 

障子は言います。

「おまえにとって俺達は庇護対象でしかないのか?」

 

上鳴はデクに言います。

「とりあえず風呂入ろな!?緑谷、風呂行こ!」

デク一人を架空へ行かせない

強引にダークシャドウの終焉(ラグナロク)「胎(たい)」から飛び出し、ビルからも飛び出すデク。

デクは言います。

「ううう・・・!やめてくれよ!」

 

苦しそうな表情で考えるデク。

(わかってる!皆が心配してくれてる!心の底から心配してくれてる!)

(わかるんだ、だってさっきから・・・危険や害意を捉えるはずの「危機感知」が全く反応しないんだ!)

 

デクは言います。

「だから・・・離れてよ・・・」

「頼むから!僕は!大丈夫だから!」

 

突然、轟の穿天氷壁(がてんひょうへき)が現れ、氷の壁に体を固定されるデク。

轟は言います。

「なんだよその面、責任が・・・涙を許さねぇか」

「その責任、俺達にも分けてくれよ」

 

梅雨ちゃんは建物の壁にへばりつきながら言います。

「行かせないわ」

「もうオロオロ泣いたりしない」

「大切だから」

「怖い時は震えて、辛い時には涙を流す、私のお友だち」

「あなたがコミックのヒーローのようになるのなら、A組(わたしたち)一人で架空(そっち)へは行かせない」

 

今週のジャンプは合併号のため、次号は8/2(月)の発売になります。

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ320話のまとめ

デクを止めようとするA組メンバー。

クラスメイトの攻撃に危機感知が全く反応しないことから、本気で自分を心配してくれていることを知るデク。

だからこそ余計に苦しいデクに、轟と梅雨ちゃんが説得します。