【ヒロアカ】297話ネタバレ!オールフォーワンがタルタロスから脱獄!?

【ヒロアカ】297話ネタバレ

ヒロアカ297話のネタバレになります。

多くの犠牲を出したヴィランとの戦い。

オールフォーワンは死柄木の身体を操り、休む間もなく不穏な動きを見せます。

 

前回のヒロアカ296話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】296話ネタバレ!ミッドナイト死亡!?

対”個性”最高警備特殊拘置所・通称「タルタロス」

オールフォーワンが収監されている対”個性”最高警備特殊拘置所・通称「タルタロス」

本土から約5km離れた沖に建造された収容施設。

便宜上、拘置所とされているが、実態は国民の安全を著しく脅かす、または脅かした人物を、厳重に禁錮し監視下に置くものであり、刑の確定・未確定を問わず様々な”個性”の持ち主が収監されている。

居房は6つに区分されており、”個性”の危険性や事件の重大性によって振り分けられている。

危険性の高い人物程、地下深くに収監される。

一度入れば生きて出ることは叶わないと言われており、”個性”社会の闇とも呼ばれている。

 

PM8:34

本土側通行門・通称「青銅の門」

オールフォーワンは死柄木の身体を操り、タルタロスを襲撃。

銃器による攻撃を受けながら、死柄木は、「・・・拍子抜けだな」と言います。

目を覚ます死柄木

タルタロス B10(最深部)

モニター室では職員たちが話をしています。

職員A

「明日朝、例のデカブツが届くそうだ」

 

職員B

「ギガントマキア・・・あの梅干し頭の部下だろう?殺せなかったのか?」

 

職員A

「ああも巨大だと拳銃じゃ無理だろう、人である以上、ミサイルをブチ込むわけにもいかん」

 

職員B

「ああいうのを人とは呼ばん、災害・・・もしくは獣と言う」

「ここに収監されている畜生共同様にな」

 

職員A

「やめとけ、記録に残る」

「心求党(しんきゅうとう)は解体されるだろうが、分派元(ぶんぱもと)がこの機を見過ごすはずがない、ただでさえ人権侵害だなんだと突かれて参ってるんだ、最近はどこから漏れるか分からんぞ」

 

職員B

「だが事実だ」

「奴らはただ人の形をしているだけだ」

「個性によって規格を失った人類に紛れてしまった、おぞましいナニカだ」

 

その時、タルタロスでセキュリティレッドが発令。

各フロアが封鎖され、職員は厳戒態勢へ移行します。

 

タルタロスを襲撃しているのは、死柄木と複数の脳無達。

空を飛ぶ脳無に乗る死柄木ですが、本物の死柄木が目を覚まし言います。

「・・・俺の体・・・だって・・・言っただろ・・・先生・・・!」

 

オールフォーワンは言います。

「目が覚めたか、ゆっくり休んでてくれ、超再生の効きが悪い君自身が元気になってくれないと」

 

死柄木

「体を休めろって・・・言ったのはあんただよな」

 

オールフォーワン

「やる事をやってからね」

 

死柄木

「・・・俺の体を・・・返せ」

 

オールフォーワン

「僕の力を欲したのは君だろう!?」

「自分に手を差し伸べなかった世界にツバを吐いた、憎しみを完遂するために君が力を欲した、君の強い意志が招いた結果であり、それこそが重要なんだ」

 

死柄木

「駒にはならない・・・!」

 

オールフォーワン

「勘違いするな弔!君は大切な大切な・・・」

 

死柄木の意識を縛り、オールフォーワンは言います。

「次の僕さ」

オールフォーワンがタルタロスから脱獄!?

死柄木と脳無により監視塔が崩壊。

オールフォーワンは考えます。

(サーチで僕本体の位置は把握したが、最深部・・・水深500mほどか・・・本体を避けて建物を崩壊させたとしても水圧に耐えられないな)

(それに加え、この未完の身体(死柄木)が保たない、他の敵(ヴィラン)たちも欲しい)

(まったく・・・タルタロス!仮にマキアを連れて来れたとしても、この物量で先手をとられていただろう、仮に体が完成していたとしても、外からの攻略は難しかっただろう)

 

外からのEBM攻撃でタルタロスのシステムがダウンします。

通常は3秒でシステムが復旧されるはずが、同じタイミングで内からもシステムへの攻撃が行われ、タルタロスのシステムは完全にダウンします。

 

オールフォーワンはオールマイトの言葉を思い出します。

(いいや、出られないんだよ)

 

システムを破壊したオールフォーワンは言います。

「ああそうだね、オールマイト」

「内と外・・・意識共有レベルでの呼吸の合致がない限りは」

 

制圧部隊が到着しますが、システムがダウンしたことで、他の収監された者達も出てきます。

制圧部隊を次々と殺す敵(ヴィラン)

 

居房から出た敵(ヴィラン)達は、「橋がないと出られない」と叫びますが、同じく居房から出たオールフォーワンが言います。

「出たければ僕に従ってくれ、友よ」

「そして側で見ていて欲しい」

「これから始まる空位時代(くういじだい)に、より完璧な魔王が生まれる・・・これは僕が最高の魔王になるまでの物語だ」

 

オールフォーワンは死柄木と対峙します。


ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも1期〜3期の全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ297話の感想

前回までの死柄木との戦いも相当でしたが、これでオールフォーワンが脱獄となるともう最悪ですね。

今回の感じだと脱獄は間違いないと言った感じですが・・・。

しかも、他の収監者たちも解放しているようで、本当に最悪の展開です。

ここ最近、ずっと最悪展開が続いているヒロアカ。

一体どうなってしまうのか!?

 

ヒロアカ298話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】298話ネタバレ!

(1/25更新)