【鬼滅の刃】169話ネタバレ!悲鳴嶼(ひめじま)に痣が発現!

鬼滅の刃169話のネタバレになります。

上弦の壱(一)、黒死牟(こくしぼう)と戦う不死川実弥(しなずがわさねみ)ですが、黒死牟の強さに苦戦します。

黒死牟に”かすり傷”すら与えられないことを悔しがる実弥。

そこへ、鬼殺隊最強の男、岩柱の悲鳴嶼(ひめじま)が参戦します。

透き通る世界で見る黒死牟

悲鳴嶼(ひめじま)は実弥(さねみ)に、自分が黒死牟(こくしぼう)を引き受ける間に、腹の傷を今すぐ縫うよう言い、「すみません」と返事をする実弥。

 

対峙する黒死牟と悲鳴嶼。

悲鳴嶼は鉄球をブンブン振り回し、黒死牟は悲鳴嶼の体を「透き通る世界」で見ます。

 

黒死牟は悲鳴嶼の極限まで練り上げられた肉体の完成形に、素晴らしいと感心します。

さらに、これ程の剣士を拝むのは、それこそ三百年振りかと絶賛します。

 

振り回す鉄球の勢いを増す悲鳴嶼。

空気が引き寄せられ黒死牟も悲鳴嶼に引き寄せられます。

悲鳴嶼 vs 黒死牟

耐える黒死牟と鉄球を振り回す悲鳴嶼、先に仕掛けたのは悲鳴嶼で、鉄球を黒死牟へ向かって投げます。

鉄球を避けた黒死牟は、月の呼吸を使おうとしますが、その前に悲鳴嶼が岩の呼吸”弐(二)の型 天面砕(てんめんくだ)き”で鉄球の軌道を変え黒死牟を攻撃します。

 

再び鉄球を避ける黒死牟ですが、今度は鎖が飛んできて黒死牟の首に巻き付きます。

首と鎖の間に刀を入れ、鎖を切ろうとする黒死牟ですが、この鎖は斬れないと判断し、しゃがんで鎖の輪から脱出します。

 

悲鳴嶼の斧、鎖、鉄球、全ての鉄の純度が極めて高く、自分の肉から造られたこの刀では斬る前に焼け落ちてしまうと黒死牟は考えます。

これほど太陽光を吸い込んだ鉄は、刀匠の技術が最盛期の戦国の世にも発見されていなかったと。

悲鳴嶼に痣が発現!

黒死牟(こくしぼう)は悲鳴嶼(ひめじま)の間合いの内側へ飛び込み、刀で悲鳴嶼の首元を斬ろうとしますが、上空にジャンプして黒死牟の刃を避ける悲鳴嶼。

そのまま上空から斧を黒死牟へ投げる悲鳴嶼ですが、斧を避ける黒死牟。

さらに悲鳴嶼は鉄球で黒死牟を攻撃しますが、黒死牟はそれもかわします。

 

悲鳴嶼が斧、鎖、鉄球の武器を手足の如く扱い、大柄な体型にも関わらず俊敏な動きをすることに、信じられないと感心します。

その時、悲鳴嶼の鎖が黒死牟の刀に巻き付き刃を折ります。

 

悲鳴嶼は、岩の呼吸”肆(四)ノ型 流紋岩(りゅうもんがん)・速征(そくせい)”で追撃し、黒死牟は折れた刀を再生させ月の呼吸”弐(二)ノ型 珠華(しゅか)・弄月(ろうげつ)”で反撃します。

 

黒死牟は、刃を折られたところですぐに再生するため、攻撃は無意味と言いますが、悲鳴嶼は言います。

無惨(むざん)の時まで温存しておきたかったが、ここで負けては元の木阿弥。

今使うのもやむなし!

 

悲鳴嶼の両腕に痣(あざ)が発現します。

 

鬼滅の刃170話のネタバレはコチラになります。

>【鬼滅の刃】170話ネタバレ!