【ゴールデンカムイ】219話ネタバレ!平太師匠は嘘をついている?




ゴールデンカムイ219話のネタバレになります。

前回、平太が砂金で稼いだ男であることが判明し、第二のゴールドラッシュと熱く語っていました。

そんな中、平太の仲間の親父さんが熊に食われます。

親父さんを襲った熊は、以前、平太を食った熊ですが、この熊の正体は?平太の正体は?

U-NEXT

平太師匠に弟子入り

平太の仲間、「崇(たか)にい」は三郎(坊主で頬が赤い少年)に親父さん(初老の男性)がどこに行ったのか聞きます。

また黙ってひとりで酒を買いに行ったのだろうと答える三郎。

 

ヴァシリは黙々と鳥の絵を書いています。

ヴァシリが書く鳥を、チャクチャクカムイだとアシリパ。

熊が近くにいれば、チャクチャク鳴いて熊のところへ案内しよとするチャクチャクカムイ。

そのチャクチャクが静かにしているとアシリパは言います。

 

平太は「ネコ板」という道具を使った砂金採りの方法を杉元と白石に教えます。

この方法が砂金採りの主流で、少人数で作業するなら一番効率が良いと。

 

ただし、やはり場所選びが何より大事で、経験がものをいう。

並の砂金採り師では試し掘りが必要だが、自分はもう川の雰囲気を見れば分かると平太は言います。

このあたりなら砂白金(さはつきん)が寄り集まっていそうなため、一日の作業で10匁(もんめ)以上は採れると言う平太。

 

杉元達との取り分は半分にすると平太は言い、その言葉に、一日15円以上の儲けと唾を飲む白石。

杉元も、命がけでヒグマを倒すより遥かに割に合うと言います。

 

アシリパは杉元と白石に、そうやってみんな猟をやめて砂金を掘ったから川が汚れたと言いますが、平太を師匠と呼び弟子入りする杉元と白石。

 

アシリパは平太が持っている煙草入れをアイヌのものだな?と聞きます。

昔、アイヌの方たちと砂金を採っていたこともあり、仲良くなって頂いたと平太は説明します。

だから平太が「ウェンカムイ(人を食べたヒグマ)」という言葉を知っていたのかと納得するアシリパ。

 

杉元は、自分たちもウェンカムイの話を聞いていると伝えます。

雨竜川(うんりゅうがわ)で何人も砂金掘り師を襲っている熊がいるそうだなと。

白石はアシリパの方へ手を向け、こちらにはヒグマ狩りの専門家がいるので、平太師匠は砂金掘り集中して下さいと言います。

 

アシリパは平太が、ヒグマが「どんどん近づいている」と言っていたが、何日前から近くをうろついているのか聞き、もう何年もですと、瞳孔を開き不気味な表情で答える平太。

その言葉に、え?と驚くアシリパ。

スポンサーリンク

ノリ子がエロい

黙々と絵を書き続けるヴァシリ。

ノリ子はヴァシリに「楽しい?」と聞きます。

 

ジェスチャーで、自分のことも描いてくれる?とノリ子はヴァシリに聞きます。

そのまま手招きしてヴァシリを小屋に誘うノリ子。

 

小屋に入ったノリ子は、突然、裸になり、私のからだ・・・好き?と聞きます。

裸のノリ子を描き始めるヴァシリ。

 

ノリ子は目を横へ向けると、急に青ざめます。

まただわ・・・捨てたはずなのに・・・と呟くノリ子。

 

その時、「崇(たか)にい」が小屋に入ってきて、何をやっていると叫びます。

ノリ子に服を着させ外へ連れ出す「崇(たか)にい」

「崇(たか)にい」は外に出る際、ヴァシリを睨みます。

 

暇だったと言うノリ子に、だからといって会ったばかりの男にあんなマネをするなと「崇(たか)にい」は怒ります。

ヴァシリには興味がないとノリ子。

きれいな体を絵で残しておきたかったと説明します。

この山で崇(たか)さんが砂金掘ってるのを一人で待ってたら、お婆ちゃんになってしまうと考えていたと。

 

崇(たか)はノリ子に、砂金で儲けたら東京に行って商売をするから、もう少し待ってくれと言い、二人は熱いキスをします。

 

二人がキスをする様子を木の上から見ている平太。

下をペロペロ出し、ムササビのように手足を広げて木からジャンプします。

スポンサーリンク

平太師匠は嘘をついている?

平太がいないことに気づいた杉元。

人食いヒグマがいるかもしれないため、アシリパに探して見張っててくれと頼みますが、本当に熊がいるのならなとアシリパは答えます。

 

また絵を描いているヴァシリ。

崇(たか)はヴァシリに声をかけます。

 

双眼鏡のジェスチャーをして、木に引っかかってるのはヴァシリの双眼鏡ではないのか?と、木を指差しながら言います。

ノリ子のイタズラじゃないのかと崇(たか)

 

双眼鏡がかかっている木に近づくヴァシリですが、突然、アシリパがヴァシリの背中をドロップキックし、転倒するヴァシリ。

その瞬間、鹿を狙った仕掛け矢が飛んできます。

 

アシリパのおかげで助かったヴァシリ。

アマッポ(自動発射式の弓矢)がある場所には、木の幹を削り上げたり色々と印があるから、頭巾ちゃん(ヴァシリ)も覚えておけとアシリパは言います。

ヴァシリは崇(たか)が居た方を見ますが、既に姿はありません。

 

アシリパはヒグマのことを考えます。

平太が見たとう場所よりさらに広く周囲を探したが、穴ごもりしそこなったマタカリプ(穴持たず)の痕跡はひとつもなかった。

この辺りのヒグマもまだみんな巣穴に籠もっている。

平太はなぜ「ヒグマがいる」という嘘をついたのか。

 

白石は杉元に、「あれ・・・」と指差します。

白石が指差した先にはヒグマの後ろ姿が。

 

杉元はアシリパにヒグマがいたことを伝えます。

平太の言う通り近くにいるため、ウェンカムイから平太を守らなくてはと杉元は言います。

 

ヒグマの足元には親父さんと三郎の死体が。

スポンサーリンク

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ゴールデンカムイのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでゴールデンカムイの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにゴールデンカムイのアニメも全て「見放題」です!!

第1期

 

第2期

 

おそらく第3期も見放題になると思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ゴールデンカムイ219話の感想

ヒグマの専門家アシリパは、この辺にはマタカリプ(穴持たず)はいないと言いました。

しかし、その直後にヒグマが現れましたが、これは一体どういうことなのでしょうか。

 

さらに219話では平太の奇怪な行動と表情が要所要所に見られました。

何度も気持ちの悪い表情を見せる平太。

何者なのでしょう?

平太のこの気持ちの悪い表情は、杉元やアシリパは気づいているのでしょうか?

 

そして前回から登場したノリ子、色っぽい女性と思ってましたが、今回は裸になりました。

残念ながら体全体の描写はありませんが、とにかくエロい。

ノリ子が見た「捨てたはずなのに・・・」も気になるところです。

 

ゴールデンカムイ220話のネタバレはコチラになります。

>【ゴールデンカムイ】220話ネタバレ!平太の正体は刺青人皮だった!?

(11/14更新)

スポンサーリンク