【キングダム】634話ネタバレ!鄴(ぎょう)に到着した李牧だが・・・

キングダム634話のネタバレになります。

朱海平原の戦いが終わり、鄴(ぎょう)へ急ぐ李牧。

その李牧を少数精鋭で追う王翦(おうせん)軍。

鄴(ぎょう)城内では兵糧が尽き、民衆達による暴動が起こる中、李牧は鄴(ぎょう)に到着します。

 

前回のキングダム633話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】633話ネタバレ!李牧を追撃する王翦率いる精鋭隊が結成

李牧を追う王翦(おうせん)軍

信、蒙恬(もうてん)、王賁(おうほん)達、少数精鋭の王翦軍は、李牧追いつきます。

現在、十七日目、鄴(ぎょう)の限界がきてもおかしくないと、李牧は焦ります。

我々が着くまで、何とか持ちこたえてくださいと、祈るような気持ちの李牧。

 

鄴(ぎょう)城内では、難民含む民衆による暴動が起きています。

門を開け、外へ出ようとする民衆を必死で止める兵達。

槍で突いてくる兵に、民衆も武器を奪い武力で応戦します。

遂には、城内の屋敷から火が出る始末。

 

鄴(ぎょう)城主の趙季伯(ちょうきはく)は、邯鄲(かんたん)軍でも李牧軍でも誰でもいい、早く来てくれ、このままでは鄴(ぎょう)は・・・と焦ります。

 

李牧軍は十六日目の時点で、走り続ければ鄴(ぎょう)まで半日のところまで来ていましたが、王翦軍の追撃により速度が鈍ります。

 

捨て駒である殿(しんがり)隊で王翦軍の刃を受け止めつつ、先を急ぎたい李牧でしたが、王翦軍の主攻である倉央(そうおう)と糸凌(しりょう)が、度々、殿の隙間を抜いて李牧軍の心臓部を脅かします。

大軍の李牧軍とは言え、鄴(ぎょう)に着いても桓騎(かんき)軍を破る必要があるあり、心臓部を脅かす倉央達に対応するため、李牧は足を止め対処することになります。

 

李牧軍は、中に入りすぎた王翦軍を包囲するため、陣を動かし左右から挟み込もうとしますが、倉央と糸凌はすぐに後退します。

蒙恬もすぐさま反転して後退するよう指示を出し、王賁にも声をかけますが、既に反転している王賁に「さすが!」と驚きます。

 

そんな中、まだ反転できていない飛信隊に、蒙恬は河了貂(かりょうてん)に声をかけます。

分かってる!と河了貂は言い、急いで脱出するよう指示を出します。

自分の反応が遅いと感じる河了貂ですが、同時に、蒙恬と王賁が早すぎると焦ります。

鄴(ぎょう)に到着した李牧

李牧の反転包囲戦にはまった一部の王翦軍は、ひとまりもなく討ち取られますが、それでも王翦軍に大打撃を与えるまではいきません。

李牧軍が足を止め迎撃、倉央達はかわしているとの報告に、王翦は、それでいいと言います。

 

王翦軍と李牧軍のやり合いはくり返され、結局、李牧は鄴(ぎょう)に着かず、十七日目の夜を迎えてしまいます。

 

夜、信は休んでていいのかよと心配しますが、李牧軍もヘトヘトだし、馬も休めないといけないから、今晩は動かないよと河了貂は言います。

そのかわり、きっと日の出と共にと河了貂が言った時、李牧軍による夜襲が。

 

バカヤロウ、何が休むだ!逆に攻めてきてんじゃねーかと信は言います。

 

予想外の李牧の大規模な夜襲に、王翦軍は一目散に逃走、これで王翦軍は大きく後退します。

一方で、李牧の主力部隊はこの夜襲に加わらず、夜のうちにひそかに動き、鄴(ぎょう)を目指していました。

 

そして十八日目の日の出とともに、李牧達は遂に鄴(ぎょう)に到着します。

 

まだ鄴(ぎょう)が落ちていないことに、李牧の近衛兵達は喜びます。

桓騎(かんき)軍はまだ気づいていない、奇襲をかけて一気にと兵達は言いますが、既に待ち構えていた桓騎軍。

 

桓騎に読まれていたことに、歯を食いしばり、悔しそうな様子の李牧ですが、それでも桓騎軍と戦うため号令を出します。

本軍を待つ猶予はありません、力技で突破し、桓騎を討つ!

左右カイネと傅抵(ふてい)にも号令を、後ろの紀彗(きすい)軍にもすぐ来るよう号令を!

 

李牧軍が戦いを始めたとの報告に、「バカが」と鼻で笑う桓騎。

朱海平原の勝因は手駒の差

既にヘトヘトで、本軍がまだ到着していない李牧軍。

桓騎は万全の準備をしており、戦力差は一目瞭然。

鄴(ぎょう)を目の前にして、李牧達は大苦戦します。

 

紀彗軍が前方へ走り出し、李牧が鄴(ぎょう)に到着し、桓騎軍と交戦中との報告が王翦(おうせん)のもとに入ります。

王翦の近衛兵は、すぐに我らも鄴(ぎょう)へと言いますが、もう慌てずともよいと王翦。

あれほど疲弊した軍では、いかに李牧とて桓騎は倒せぬと王翦は言います。

 

王翦は、朱海平原で我らを”減らしてから”、南下して鄴(ぎょう)を解放する、その戦略は前半で失敗した時点で、そもそも破綻しているのだと言います。

さらに王翦は、ではなぜ李牧は朱海平原で勝てなかったのかと、近衛兵達に聞きます。

 

王翦様の方が、李牧よりも才覚が勝っていたからですと近衛兵は答えますが、いや違うと王翦。

李牧と自分の軍略はほぼ互角であった、何がどう大きく勝ったというものはないと王翦は言います。

むしろ、先に両腕の亜光(あこう)と麻鉱(まこう)を失った戦局を見ると、鋭さは李牧の方が一枚上手であった。

 

でに何が?と聞く近衛兵に、”手駒”の差だと王翦は答えます。

 

王翦は言います。

向こうは要であった暁雲(ぎょううん)と趙峩龍(ちょうがりゅう)の二将を失い、大きく失墜した。

こちらは先に麻鉱、次いで亜光が退場したが、そこから若き三人の駒が台頭し、軍の力は失墜するどころか、結果、神がかった粘りと強さを見せた。

あの三人の戦いぶりが、李牧の描いた戦いの絵を大きく狂わせたことは間違いない。

 

李牧が言う、若き三人の駒とは、信、蒙恬(もうてん)、王賁(おうほん)の三人のことです。

 

さらに王翦は言います。

王都・邯鄲(かんたん)軍が動かず、自国内の戦いの有利を全く活かせなかったことも大きいが、とにかく持っていた駒の違いが朱海平原の勝敗を分けた大きな要因だ。

ひいては、この鄴(ぎょう)攻略そのものの、成否を分ける要因となった。

 

そして遂に、鄴(ぎょう)の城門が開き、嬉しそうに城の外へ出る民衆たち。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

さらに!キングダム第3シーズンが2020年4月からの放送が決定しましたが、こちらもおそらく見放題と思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム634話の感想

精鋭隊で李牧を追うという王翦の作戦は功を奏し、見事に李牧軍の鄴(ぎょう)到着を遅らせることができました。

しかも、鄴(ぎょう)に到着した李牧軍は疲弊しきっており、待ち構えていた桓騎軍に大苦戦します。

そんな中、王翦が「攻め落とせぬ」と言った、鄴(ぎょう)の城門が開きます。

遂に鄴(ぎょう)攻め完結か!?

 

それにしても、王翦も言ってましたが、信、蒙恬、王賁、この三人の活躍が大きかったですよね。

あの王翦が三人を認めるというのが、最高に気持ちいいです。

 

ちょっと気になったのが、河了貂がイマイチの動きでした。

確かに蒙恬や王賁が凄いというのはありますが、河了貂は軍師ですからね。

そう考えると、今回の河了貂はちょっと物足りないというか、力不足感がありました。

特に何もなければいいのですが・・・。

 

キングダム635話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】635話ネタバレ!

(3/19更新)