【キングダム】636話ネタバレ!鄴(ぎょう)へ兵糧を送る昌平君

【キングダム】636話ネタバレ

キングダム636話のネタバレになります。

鄴(ぎょう)を奪った秦軍ですが、鄴には食料が無く、そもそも、食料が無くなったため鄴を奪うことができたわけですが、李牧(りぼく)は、秦軍を鄴に閉じ込めて、遠巻きに包囲し餓死を狙います。

しかし、王翦(おうせん)はこの食糧問題を驚くべき方法で解決するとのことですが・・・。

 

キングダム635話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】635話ネタバレ!長い鄴(ぎょう)の戦いに決着!?

後続軍が鄴(ぎょう)に到着

ボロボロになりながらも後続軍が鄴(ぎょう)に到着します。

鄴(ぎょう)からは三人の兵が馬に乗り走ってきます。

信、楚水(そすい)、田永(でんえい)の三人で、三人は飛信隊メンバーの近くまで来ると馬を降り、走って駆け寄ります。

 

抱き合う飛信隊の面々。

残った軍馬を全て肉にしてここまで辿り着いた後続軍。

それは飛信隊だけではなく、全軍でそうしたと渕(えん)は信に報告します。

 

途中、一度、田里弥(でんりみ)将軍から配給があったが、そもわずかで、我々の飢えを止めるまでにはと渕は言います。

尾兵(びへい)も、それからずっともう、飲まず食わずで何とかここまできたが、道中、怪我を負った人たちが死んでしまったと言います。

 

羌瘣(きょうかい)を心配する信に、そこの建物の中で寝かせたと崇原(すうげん)

道中も竜川(りゅうせん)の背中で眠っていたと言います。

 

尾兵は信に、水ばかりではなく、もう少し食い物を配ってくれないかと頼みます。

みんな本当に腹を空かしてやっと辿り着いた、これだけでかい城なら食料が一杯あるだろ?と聞きますが、食料が全く無い事実を信は伝え、皆は驚きます。

 

王翦(おうせん)、桓騎(かんき)、田里弥(でんりみ)、倉央(そうおう)、摩論(まろん)、黒桜(こくおう)は、作戦会議を行います。

 

摩論(まろん)は、鼻の利く我々が貴士族達の蓄えを探しだしたが、残念ながら予想以上に残っていなかったと皆に伝えます。

中枢の隠し蔵まで難民たちに解放したようで、趙季伯(ちょうきはく)という城主は本当の名君だったのですと摩論が言えば、クソがと黒桜は愚痴ります。

 

桓騎は、今日、朱海平原の後軍が大量に入ってきたせいで、いよいよ食料はなくなるなと言い、倉央も、イナゴ作戦を今度はこっちがくらった形か、どうりで道中、李牧が手出しをしてこなかったわけだと言います。

なぜか黒桜を見ながら、キリッとした顔で話す倉央に、何だお前と黒桜は言います。

 

軍が飢えに耐えられるのも二日くらい、そこからは立つ力も無くなり、李牧軍が攻めてくれば鄴の城壁があっても防げないでしょうと摩論。

つまりそれまでに、我々はどうにかして外部から補給を得なければならないが、それをあの李牧が黙って許すはずがないと摩論は言います。

鄴(ぎょう)へ兵糧を送っていた昌平君

王翦軍が全て鄴に入ったとの報告を受ける李牧。

さらに李牧の元へは、楊端和(ようたんわ)達がいる遼陽(りょうよう)の包囲に、唐利(とうり)軍が増援として加わりさらに強固になり、中にいる楊端和軍は外に出ることができないはずとの報告が。

 

その報告を受けた李牧は、この絶体絶命の鄴を救うことができるのは、本国、秦からの補給のみ。

つまり再び、列尾(れつび)越えと言います。

 

場面は変わり秦国、咸陽(かんよう)

鄴が陥落したとの報告を受け、大王・嬴政(えいせい)はじめ、昌文君(しょうぶんくん)、昌平君(しょうへいくん)、蒙毅(もうき)は、驚きながらも喜びます。

 

しかし、政は、喜ぶのはまだ早いと言います。

鄴は落とせても、王都圏の出入口である列尾は趙の手に落ち固く閉ざされており、鄴と遼陽(りょうよう)は完全に孤立状態。

敵地で孤立している以上、必ず食糧問題に陥ると言います。

 

昌平君も、仰る通りですと言います。

最悪の場合、今既に王翦軍と桓騎軍は飢餓の中にあるやもしれませぬと。

 

今すぐ兵糧を送らねばとの声が出ますが、蒙毅は、昌平君は既に手を打ってありますと言い、政は昌平君に、”あの軍”は今どこまで?と聞き、すでに補給軍は列尾に迫っている頃かとと昌平君は答えます。

 

既に鄴へ兵糧を送っていた昌平君。

その補給軍を率いるのは、久々の登場、大将・介億(かいおく)です。

襲われる補給軍だが俵は空!?

前方に列尾が見えてきたことに、介億は、補給部隊はここに留め、前線部隊は攻陣配置、列尾攻めを始めるぞと命令します。

 

籠城せずに出てきた趙軍。

介億軍は兵一万で、趙軍も兵一万、しかし、城内にも兵の気配があることに、まずは相手の出方を見ると介億。

報告では、あの敵は邯鄲(かんたん)の守護者、将軍・扈輒(こちょう)だと言います。

 

扈輒は自ら攻めようとはせず、まずは奴が攻めると言い、真横と後方から兵糧を狙う趙軍の兵士達。

扈輒が言う”奴”とは、将軍、舜水樹(しゅんすいじゅ)です。

 

介億は、いつの間に!?と驚きますが、全て燃やし尽くせと舜水樹は言い、次々と火矢で兵糧が燃やされていきます。

 

兵糧を燃やしながら、俵を斬る趙兵ですが、俵の中は空っぽ。。

趙兵達は、俵の中が空なことに驚きますが、ニヤリと不敵な笑みをみせる介億。

キングダムのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

キングダムのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでキングダムの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにキングダムのアニメも全て「見放題」です!!

第1シーズン

 

第2シーズン

 

映画のキングダムも有料ですが視聴可能です。

 

さらに!キングダム第3シーズンが2020年4月からの放送が決定しましたが、こちらもおそらく見放題と思われます。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダム636話の感想

ボロボロになりながらも鄴に到着した後続軍。

しかし、城の中には兵糧はなく、二日が限界の状況。

鄴に兵糧を送るには、本国、秦からの補給のみ。

もちろん李牧はそこを攻めますが、補給部隊の俵の中は空でした。

一体なぜ!?

王翦の驚くべき方法とは一体!?

 

キングダム637話のネタバレはコチラになります。

>【キングダム】637話ネタバレ!

(4/2更新)