【ブラッククローバー】181話ネタバレ!ゴーシュがエルフの姿で登場




ブラッククローバー181話のネタバレになります。

前回、ジャックの強さが天才変態レベルなのが判明し、いよいよランギルスとの戦いも最終盤といった感じで終わりました。

181話ではそんなランギルスとの戦いにも決着がつくのですが、黒の暴牛ゴーシュがエルフの姿で登場します。

以前からゴーシュの鏡魔法はエルフからも一目置かれている感じでした。

そのゴーシュが登場したことでエルフ側も役者は揃ったといった感じですね。

スポンサーリンク

フィンラルの勝利

フィンラルは空間魔法でヤミとジャックをランギルスの目の前に移動させます。

ヤミ、ジャック、ランギルス、それぞれが最期の一撃といった感じですが、僅かに自分の方が早いため勝利を確信するランギルスですが、裂けば裂くほど疾くなるジャック。

ブラッククローバー181話

 

そしてヤミの”闇纏・無明峰打ち”が炸裂します。

ブラッククローバー181話

 

さすが魔法騎士団長の2人、桁が違います。

 

勝負あったかに思われましたが、まだ倒れないランギルス。

逆に怒りで暴走します。

ブラッククローバー181話

 

ランギルスのとてつもない邪悪な感じの魔力に、さすがのヤミも「こんなモン、どーしろってんだクソッタレ・・・!」と漏らします。

 

しかし、あんな我を忘れた状態で自分の魔力に気づくワケがない、もう終わりだとフィンラル。

そしてフィンラルは子供の頃に弟ランギルスに伝えた言葉を思い出します。

 

(兄ちゃん・・・瞬発力と正確さは自信あるんだ)

 

ランギルスの背後に空間魔法を出し

ブラッククローバー181話

 

そのままランギルスを引き寄せ顔面に鉄拳制裁。

ブラッククローバー181話

 

魔法ではなく鉄拳ってところに兄の愛を感じます。

 

フィンラルの強烈な鉄拳を喰らったランギルス。

ここでランギルスの意識の中の描写となります。

真っ暗な空間で独りうずくまるランギルス。

 

「優秀なクセに・・・手が掛かる弟だよまったく・・・」

 

声の方を見上げるランギルス。

そこには兄フィンラルの姿が

 

「オレが弱いせいで遅くなってごめん」

 

ブラッククローバー181話

 

兄の方へ手を伸ばすランギルス。

 

最後の最後で兄としての意地を見せ、弟ランギルスを助けたフィンラル。

ブラッククローバー181話

 

これにはヤミも「ヘタレのクセにオイシーとこもってきやがって・・・よくやったフィンラル・・・」と声をかけます。

スポンサーリンク

ゴーシュがエルフの姿で登場

空中に浮いているエルフのアジトに到着したパトリ。

そこには既にエルフが転生したゴーシュと妹のマリーの姿があります。

ブラッククローバー181話

 

以前からゴーシュの鏡魔法はエルフから一目置かれていましたし、エルフが転生したゴーシュの姿も描かれていたので、ゴーシュがエルフの姿で登場しても特段驚きはありませんでしたが、マリーにもエルフが転生していました。

エルフとなったゴーシュはあんなに好きだったマリーのことも忘れてしまうのかと思ってましたが、マリーもエルフなら問題ないですね。

マリーにエルフが転生するって発想があまりなかったので、これなら一安心です。

エルフになってるので一安心ってことはないと思いますが・・・。

 

さらに完全体になったライアも登場し、ライアがゴーシュとマリーのエルフの名前を呼びます。

ゴーシュはドロウ、マリーはエクラになります。

 

パトリはリヒトがいないことをライアに聞きます。

ライアは、造り物の身体だからか禁術魔法発動本人だからなのか、リヒトはまだ完全に記憶が戻らなく今は眠っていると答えます。

これでエルフ側は全員が揃ったことになり、奥で皆が待っているとライアは伝えます。

 

ヤミとジャックが先陣!?

ライアから皆が揃っていると聞いたパトリですが、揃ったところで人間は「金色の夜明け」が片付けてしまってるでしょうけどねと言います。

城が盛大にえぐられていたことからラトリが派手に暴れたのだろうと。

 

あとは最後の魔石を城の中にある台座にはめ込み、王国全土を使った魔法を発動させれるだけ。

しかも最後の魔石は既にエルフの手中にあり、これで自分達にかかっている禁術の副作用”邪心”を洗い流し完全な転生となるとパトリ。

そして人間を根絶やしにして、穏やかなエルフだけの世界を取り戻すと話しています。

 

エルフのアジトでそんな物騒な話がされている中、そのアジトの目の前にいるのはヤミとジャック。

アジトの中には、しこたま強いのが揃ってるようだとヤミ。

黒の暴牛のバカヤロー共や他の騎士団員は何をしているのかとタバコを吹かします。

 

「チンタラしてっとオレが全員のしちまうぜ」とヤミは言いますが、「いやオレが裂く」とジャック。

その上から「いやオレ」とヤミが被せます。

 

もう好きにしてくれw

 

ブラッククローバー181話の感想

181話でエルフとなったゴーシュ登場し、パトリもアジトに到着しました。

エルフ側は役者が揃ったといった感じです。

 

一方の人間側もいよいよアジトに突入といった感じですが、先陣になりそうなのはまさかのヤミとジャック。

まさかこの二人が先陣になるとは思ってませんでした。

確かに勢いはつきそうですけどねw

 

アスタの出番がどのタイミングになるのか楽しみなところですが、他にもフエゴレオン、ノエル、ゾラ、あとは怪我の状態が心配されるノゼル兄様、ユノのいますね。

いよいよクライマックスといった感じです。

 

ブラッククローバー182話のネタバレはこちらになります。

>【ブラッククローバー】182話ネタバレ!ファナとヴェットが復活

スポンサーリンク