【七つの大罪】245話ネタバレ!ギルサンダーとマーガレットが再会!

七つの大罪245話




七つの大罪245話のネタバレになります。

245話でギルサンダーの行方が明らかになりマーガレットと再会します。

ギルサンダーの登場はなんと55話ぶりとのことですが

 

そんなに!?

 

って感じですが、190話でビビアンに攫われ幽閉されましたが、途中で登場はしているかもしれません。

なので、55話分幽閉されただけで、55話ぶりの登場というわけではないかもしれないですね。

なんにせよ久しぶりの登場であることは間違いないです。

 

そしてギルサンダーを攫ったビビアンも登場するのですが、不覚にもちょっと可愛いと思ってしまいましたw

さらに245話では懐かしいキャラ達が登場します。

スポンサーリンク

245話ギルサンダーの行方が判明

245話で判明したギルサンダーの行方は

 

空!!

 

七つの大罪245話

七つの大罪245話

 

空の上にあるこの場所はビビアンの師匠が発見したもので、女神族が昔に建造した天空宮の一つだろうとビビアンはギルサンダーに説明します。

ビビアンの師匠ということはマーリンですね。

 

ビビアンはギルサンダーにリオネスはもう滅んでいるはずと言います。

そして残念だけどマーガレットも・・・。

あのままリオネスにいれば自分達も十戒に殺されていたのでギルサンダーを幽閉したとのこと。

 

ギルサンダーはどうせならマーガレットと一緒に死にたかったと呟きますが、ビビアンは「そんな悲しいことを言ってはダメ」と叫びます。

ビビアンがいいこと言うのかと思いきや、その直後に「彼女の分まで自分達は生きるべき」とやっぱり自分中心の考えでした。

そもそもこうなったのはビビアンが原因ですからね。

 

さらにビビアンが暴走しはじめます。

ギルサンダー子供を作ろうと迫り、女の子だったら”マーガレット”と名付けてもいいと。

七つの大罪245話

七つの大罪245話

 

あれ?なんか・・・ビビアンが色っぽい。

顔を隠すとすごくセクシーなんだけど・・・隠すとこんな感じです。

七つの大罪245話

七つの大罪245話

 

あー普通に”あり”ですねw

それにしてもヨダレがひどいなw

スポンサーリンク

245話でマーガレットと再会

そんな色っぽくなったビビアンですが、245話で瞬殺されます。

七つの大罪245話

七つの大罪245話

 

個人的には首元ではなく、胸元を突き刺すような形で首から下の描写にして欲しかったですw

 

ビビアンを瞬殺したのはマーガレットです。

七つの大罪245話

七つの大罪245話

 

正確にはマーガレットの身体に魂を宿したリュドシエルですね。

245話でついにギルサンダーとマーガレットが再会します。

七つの大罪245話

七つの大罪245話

 

感動の再会と思いきや

リュドシエル

(・・・次はお前が約束を果たす番だ)

引用:七つの大罪245話より

 

ギルサンダーと抱き合うことなく素通りするマーガレット。

 

ドレファスは「やりすぎだ」とビビアンを助けようとします。

ギルサンダーはドレファスの姿に「十戒!!」と言います。

そうか、55話ぶりだからドレファスが元に戻ったことを知らないのですね。

 

ドレファスはギルサンダーに自分は本物のドレファスだと伝えますが、なかなか信じてもらえない様子。

それよりもビビアンを助けるためヘンドリクセンに力を貸してくれとドレファスは言いますが、ヘンドリクセンはドルイドの祭壇が天空に繋がっていることに驚いてます。

 

その時、リュドシエルは何かに反応します。

「どうされましたリュドシエル様」とヘンドリクセン。

さすが女神族を信仰するドルイドの里出身、リュドシエルに敬意を払ってますね。

 

リュドシエルは巨大な三つの邪星が一か所に集まりつつあると言います。

三つの邪星とは

  • メリオダス
  • ゼルドリス
  • エスタロッサ

 

三人の兄弟のことです。

 

245話で登場する懐かしいキャラ

245話では懐かしいキャラ達が登場します。

ギルサンダーとビビアンも懐かしいキャラになるんですけどねw

 

ハウザー・ジェリコ・ギーラ

七つの大罪245話

七つの大罪245話

現在、聖騎士長代理のハウザーとジェリコ、ギーラの聖騎士三人です。

三人とも魔神の前に敗れます。

 

ソラシド

七つの大罪245話

七つの大罪245話

大喧嘩祭りに参加していた吟遊詩人です。

ソラシドの持つ琵琶には女神族が宿っています。

ソラシドはハウザー、ジェリコ、ギーラの三人を助けます。

 

蒼天の六連星

七つの大罪245話

七つの大罪245話

聖騎士長補佐デンゼルの配下だった蒼天の六連星です。

懐かしいですね。

 

アーバス

七つの大罪245話

七つの大罪245話

大喧嘩祭りに参加していた破戒僧です。

女神族を信仰しています。

蒼天の六連星を助けたと見られます。

 

他にもスレイダーの姿も見えます。

 

 

魔神族を倒すべく女神族が動き出したといった感じです。

 

245話のまとめ

245話では遂にギルサンダーとマーガレットが再会しました。

しかし、今のマーガレットの中身はリュドシエルです。リュドシエルの復活により本格的に天使族が動き出しましたね。

 

そして魔神族もメリオダス、ゼルドリス、エスタロッサの魔神族首脳会談、G3が行われようとしています。

話はうまくまとまるのか、それとも分裂するのでしょうか。

気になりますね。

 

さらに気になることとしては、やはりバンですよね。

まさかと思いますが、次にバンが登場するのは55話後ってことはないですよねw

まさかとは思いますが・・・。

 

あ、そういえばアーサーもいましたね。

アーサーが最後に登場したのは234話だったと思うので、まだ11話しかたってないんですね。

結構時間が経った気がしてましたが、そうでもなかったです。

そう考えると55話分って長いですね。

 

漫画の中の世界と読者の世界では時間の流れが全く違うのを再認識した七つの大罪245話でした。

漫画の中ではエリザベスも記憶取り戻してからまだ1日目とかですもんね^^

スポンサーリンク