【約ネバ】147話ネタバレ!ギーランめちゃ強い!




約束のネバーランド147話のネタバレになります。

前回、儀祭(ティファリ)がはじまり、それと同時にノーマンの計画も実行されました。

五摂家達のところへすんなりと辿り着いたギーラン。

五摂家の親族を食べることで以前の姿に戻りつつあります。

そして147話ではギーランがめちゃ強いことが判明。

スポンサーリンク

700年前の回想

ギーランに母親を殺されたバイヨン卿。

怒り狂います。

「ギーラン、貴様ァ・・・ッ!!」

 

ー 700年前 ー

 

五摂家達貴族が集まるなか、女王レグラヴァリマは言います。

「申せ」

 

五摂家(当時)ギーランは、近年、下級農園の生産が追いつかず、各地で飢えが絶えないことを報告します。

このままでは民が滅ぶため、国庫を開き自分達貴族の備蓄を一部解放しましょうと提案。

 

これに対して五摂家(当時)ノウム卿(先代)

「我らの人肉(とりぶん)を下々に与えるだと?危険だ、貴族(われら)の食う人肉は下々の食うそれとは違うのだぞ!?」

 

五摂家(当時)バイヨン卿(先代)

「しかし程度に応じ一部のみならば・・・」

 

五摂家(当時)プポ卿

「だめだ!だめだ!うむ・・・だっ・・・第一それでは我らの分が減るではありませぬか」

 

机を叩くギーラン

「そのようなことを言っておる場合か!」

 

ギーランは説明します。

「民が飢え野良と化し、親子・同村で共食いしあっているこの地獄絵図が、今各地でどれだけ拡がり、朽ち滅びている村がどれだけあるか」

「治める民あっての統治であり、民を守らずして鬼の繁栄はない、手を打たねば鬼全体が滅びる」

「我らのため、統治(くに)のためにも、貴族(われら)が身を削り救うべきなのだ!」

 

場内は静まり返りますが、五摂家イヴェルク公が口を開きます。

「まぁ落ち着こうぞギーラン卿」

「君の話は解った、だが皆の懸念ももっともである」

「思うに問題は農園の整備だ、泰平で増えた民の数に農園の生産が追いついていないこと」

「しかし今、人間(ラートリー)とも手を合わせ、下級肉の量産も幾度と試みている、農園の在り方を見直している最中なのだ」

 

全ては結果を見てからのため、「まずは待とう」とイヴェルク公は言い、皆に解散と伝えます。

スポンサーリンク

ドッザの裏切り

この危機がわからない貴族達、否、わかろうとしない。

そのことをギーランは悔しがります。

 

そんなギーランを「立派だ」と、当時ギーラン家の将軍だったドッザは言います。

「五摂家諸侯の中でも随一の高貴なお家柄で、これほどの知と富をお持ちながら、それらを惜しむことなく領民に分け与えている」

「これほど民・家臣に慕われている領主はおりません、飢饉の災禍を最も抑えられておるのもこのギーラン領です」

 

それでも全てを救えていないことをギーランは悔しがりますが、「諦めてはなりませぬ」とドッザ。

蒔いた種はいずれ実り、救えると言います。

さらにギーランを励ますドッザ。

「ギーラン様の義は必ず届きます、私もどこまでもお支え申し上げます」

 

ドッザの言葉に、自分は幸せ者だとギーラン。

 

ギーランはドッザに一つ頼みがあると言います。

ギーランの頼みとは、領下の行商から聞いた邪血の鬼の噂のことでした。

彼らの力が本当なら民の飢えを何とかできる、農園の今後にも役立てるかもしれないため、調べに向かってほしいというものです。

 

言われた通り調べに向かうドッザですが、不敵な笑みを浮かべています。

 

そして、謀反の廉で一族もろとも”野良落ち”の刑に処されたギーラン。

約ネバ147話

 

理由は、怪しげな血の者を使い王政の転覆を企てた大罪で、ドッザが裏切ったことによるものです。

 

ドッザ

「ええ、私が進言しました、どこよりも豊かで結束の強いギーラン領が裏切っちゃ大変だ」

 

怒るギーランにドッザは言います。

「感謝してますよ、拾ってもらってチャンスをもらえて、身分じゃなく働きで真っ当に評価してもらえて」

「本当に、領主(あんた)が善人(バカ)で良かったよ」

 

牢に入れられたギーランは、イヴェルク公を呼ぶよう言います。

ギーランはイヴェルク公に自分が潔白であること、無実であることを伝えますが

 

イヴェルク公

「知っているよ」

 

ギーラン

(は?)

 

ギーランが謀反など企てていない、ギーランほどの忠臣は他にいない。

全てはドッザの讒言、でまかせとわかっているが、ギーランを捕らえた。

 

イヴェルク公

「邪魔なのだ、君のその”義”が”正しさ”が、君の忠義には感謝する、だが邪魔なのだ」

 

女王レグラヴァリマの考えを伝えるイヴェルク公

「増えすぎた民が死ねば与える人肉も足りよう」

 

イヴェルク公

「腐っているのだよ、陛下だけではない、皆腐っている」

「君の清らかさは目障りで、ドッザの濁りが丁度良かった、渡りに舟だったのだ」

 

悔しがるギーラン。

スポンサーリンク

ギーランめちゃ強い

回想が終わりバイヨン卿はギーランに飛びかかります。

ギーランはこの700年を振り返ります。

(家族?死んだよ、失った家臣も皆かけがえがなかった、こんなものではない、我の、我らの700年)

 

一瞬でバイヨン卿とノウム卿を殺すギーラン。

約ネバ147話

 

二人の頭を持ちながらギーランは言います。

「バイヨンの倅とノウムの末娘か、恨むなら己が父母らを恨むがよい」

 

そう言うとバイヨン卿とノウム卿の頭を食べ始めるギーラン。

 

ドッザもギーランに襲いかかります。

「あのヒョロ甘”ギーラン様”がやるじゃねえの」

 

この700年、武人として一層に力を高めてきた自負があるドッザ。

全力でギーランを葬ろうとしますが、ギーランの部下に首をはねられます。

 

ギーランの部下

「頭が高ぇよ」

「てめぇ、まず「ごめんなさい」だろ、ドッザ」

 

屋根裏から様子を覗いていたシスロとバーバラは、ノーマンに「あと2匹」と報告します。

報告を受けたのノーマンは言います。

「よし動け」

スポンサーリンク

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!?

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで約束のネバーランドの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに約束のネバーランドのアニメも配信あれていますが・・・残念ながら「見放題」ではなく、各話購入になってしまいます><

ただし、今後「見放題」になる可能性があるのと、ヒロアカやブラクロ、ワンピース(一部有料)など他のジャンプ作品は見放題となります。

 

アニメは現在、見放題ではありませんが、最新刊は無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

約ネバ147話の感想

700年前、ギーランがなぜ野良落ちの刑になったのか、原因はドッザの裏切りでした。

以前、バイヨンが言っていたように、700年前のギーランは非常に良い領主でしたね。

ただ、700年の恨みから復讐の鬼と化してしまったわけですが、なんにせよギーランがめちゃ強いです。

バイヨンとノウムを一瞬で殺してしまいました。

このままギーランが貴族を一気に滅ぼすのか?

そしてノーマンが言う「動け」とは?

 

約ネバ148話のネタバレはコチラになります。

>【約ネバ】148話ネタバレ!エマとムジカ・ソンジュと再会!

スポンサーリンク