【七つの大罪】328話ネタバレ!エスカノールの極み(アルティミット)とは?

U-NEXT

七つの大罪328話のネタバレになります。

前回の話は、エスカノールの過去を描いた外伝でした。

まだエスカノールが「太陽」の魔力を制御できず、人々からは化け物として恐れられ孤独でしたが、メリオダスに出会い七つの大罪に加入し変わっていくという内容です。

詳しくはコチラをどうぞ。

>【七つの大罪】外伝エスカノールの過去編!若い頃とローザが登場!

 

328話では、エスカノールのザ・ワンが、正午の一分間を過ぎてもザ・ワンの状態を維持し、アルティミット(極み)モードになります。

アルティミット(極み)とはどのような能力なのか?

スポンサーリンク

天上天下唯我独尊(ザ・ワン)”極み(アルティミット)”とは?

正午の一分間を過ぎても最強のザ・ワンの状態を維持しているエスカノール。

キングやディアンヌは、なぜザ・ワンを保っていられるのかと驚きます。

 

今のエスカノールの状態は、天上天下唯我独尊(ザ・ワン)”極み(アルティミット)”で、見た目はザ・ワンよりも燃えています。

ザ・ワンでは、夜のエスカノールの面影がありましたが、”極み(アルティミット)”では、だいぶ面影がなくなっています。

 

エスカノールの胸を殴った魔神王ですが、腕が抜けません。

右腕が抜けないため、左腕でエスカノールを殴りますが、エスカノールには効いていない様子。

対してエスカノールは、両手で魔神王を殴りまくりかなり効いています。

 

メリオダスは、エスカノールの”極み(アルティミット)”は「太陽」の魔力ではなく、エスカノール自身の全生命力を魔力に変換していることに気づきます。

そして、エスカノールは自分の命を燃やし尽くすつもりだと。

 

驚いた表情を見せるマーリン。

ディアンヌはこのままではエスカノールが死んでしまうため、止めなくてはと言いますが、エスカノールの攻撃の衝撃が凄すぎるため近づけません。

 

魔神王も一発反撃しますが、エスカノールの強烈なパンチで吹き飛ぶ魔神王。

 

魔神王は、戯れはここまでだと叫び、巨大な魔力の塊をエスカノールへ投げつけますが、メリオダスの”カウンターバニッシュ”で魔力の塊を消滅します。

さらに、バンの”バニシング・キル”、キングの”炸裂する刃雨(ファイトファイア・ウィズファイア)”で魔神王を攻撃し、再び吹き飛ばされる魔神王。

スポンサーリンク

エスカノールの本心

エスカノールは、邪魔立て無用と叫びますが、エスカノールの前にメリオダスが立ちはだかります。

「お前こそなんの真似だ・・・バカ野郎」とメリオダスは言います。

 

エスカノールはメリオダスに「どけ」と言いますが、どいてほしければ力ずくでどかしてみろとメリオダス。

メリオダスは、エスカノールにこんなことをさせるために七つの大罪に誘ったわけではないと言います。

 

エスカノールはメリオダスに、覚えているか?と聞きます。

自分がまだ「太陽」の力を使いこなせず暴走していた頃をと。

 

エスカノールはメリオダスに言います。

何度も何度もメリオダスに「ぐうの音」も出ぬほど叩きのめされ、おこがましくもその小さな体を張って「太陽」を使いこなす術を教え、生意気にも孤独だった自分に心地よい居場所を与えてくれた。

それがどれほど嬉しかったかわかるか?とエスカノール。

 

ゴウセルは、わかるよエスカノールと言い、マーリンは真剣な眼差しでエスカノールを見ています。

 

その時、魔神王が魔力で巨大な獣を作ったのか、召喚したのか、異形の者が現れます。

闇の獣よ、奴らの臓腑をえぐり出し、喰らい尽くせと命令する魔神王。

スポンサーリンク

七人での最後の戦い

いち早く異形の者へ飛びかかるエスカノール。

自分はもうずっと己の心に誓い続けていた、かつて手放そうとしていたこの生命、メリオダスのために、七つの大罪のために懸けることをとエスカノールは言います。

 

厳しい表情になるメリオダス。

目を閉じるマーリン。

ディアンヌは涙を流しながら目を閉じ、キング、バン、ゴウセルもうつむきます。

 

異形の者へ飛びかかったエスカノールのですが、その横をメリオダスが追い抜きます。

メリオダスの額には文様が出ています。

 

エスカノールが自分達のために命を張るなら、自分達もエスカノールのために命を張るのがスジだとメリオダスは言います。

そして、七つの大罪達もメリオダスに続きます。

 

七人の攻撃で異形の者は消滅し、信じられない様子の魔神王。

 

エスカノールは、七つの大罪一人一人の名前を呼んでいき、最後に団長、許せと。

我はもはや後には退けぬ、よって、今から貴様ら全員に命令を下すとエスカノール。

 

我も共に戦うことを、許して下さい

 

見た目にはエスカノールの面影がなくなっていますが、その言葉に、夜の姿のエスカノールの笑顔を重ねるメリオダス。

メリオダスは涙を拭い言います。

 

ああ、俺達は最後の最後まで仲間だ

 

このまま”七人”での最後の戦いとなってしまうのでしょうか。

 

次号の七つの大罪は休載になります。

スポンサーリンク

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の新シリーズ、「神々の逆鱗」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

電子書籍

 

※本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪328話の感想

エスカノールの天上天下唯我独尊(ザ・ワン)”極み(アルティミット)”ですが、一人で魔神王を圧倒する強さでした。

しかし、エスカノールの全生命力を魔力に変換しているため、このままでは命が燃え尽きてしまう。

最後にエスカノールは本心を語り、共に戦うこととなりましたが、これが最後というのが切ないですね。

最後のエスカノールの笑顔、涙なしには見れませんでした。

そして、途中、マーリンの表情が何度か登場するのですが、セリフはなくとも表情から伝わってくるものがあります。

逆にセリフがないだけに切なさが増します。

328話はとにかく読んでて辛かったです。

スポンサーリンク