【進撃の巨人】123話ネタバレ!エレンの望みは世界を終わらせること?




進撃の巨人123話のネタバレになります。

前回、エレンにより”地ならし”が発動し、壁の中の巨人達が動き出しました。

123話ではエレンの望みが全てのユミルの民へ伝えられます。

エレンは世界を終わらせるのか?

U-NEXT

エレンは変わった?

進撃の巨人123話は、ミカサの回想からはじまり、エレン達が”壁外調査”ではじめてマーレを訪れたときの回想になります。

 

旅客船でマーレに向かうエレン、ミカサ、アルミン、ジャン、コニー、サシャ、そしてリヴァイとハンジ。

誰もがエレンは変わったと言い、自分もそう思っていたと回想するミカサですが、だがそれは違うのかもしれないと。

エレンは最初から何も変わっていない、あれがエレン本来の姿だとしたら、自分はエレンの何を見ていたのだろうと考えます。

 

壁の外にも町があり、本当に人が住んでいると驚くコニーに、「壁の外」と他人の前で言うなと注意するジャンですが、自分達が壁外の地を踏む初の壁内人類と、サシャも「壁の外」を使い、再度注意するジャン。

 

マーレの地に降りたエレン達。

オニャンコポンが出迎えてくれ、アズマビト様のお屋敷まで案内すると言いますが、ジャン達は人の多さに驚きます。

さらに初めて見る自動車にも驚き、周りからは奇異の目で見られます。

 

ミカサはエレンに、何があるかわからないから、自分のそばを離れないよう言いますが、ボーッとしているエレン。

アルミンもエレンに、自分達は外の世界にいると興奮気味に話しますが、これが海の向こう側なんだなと、あまり興味がなさそうなエレン。

 

ミカサは回想します。

自分達は気付かなかった、もしくは気付きたくなかったのだろ。

スポンサーリンク

ミカサに問うエレン

市場で初めてアイスクリームを食べるサシャ。

あまりの冷たさに驚きます。

ジャンも興奮して、アルミン達に食べるよう勧めます。

 

ミカサはエレンも食べるよう、アイスを差し出しますが、父親の記憶でアイスの存在だけは知っていたエレン。

収容区のエルディア人は滅多に食えないと言います。

壁の外は、こんなに広いのになと言い、ミカサからアイスを受け取るエレン。

 

その時、リヴァイがサシャの財布を盗む少年を捕まえます。

少年を取り囲む大勢の市場の店主たち。

店主たちは、海へ放り投げる、右手をへし折る、目立つ所に吊るすなど、少年への罰を次々に提案していきますが、やり過ぎだと止めるサシャ。

自分の財布は無事だったと言いますが、これはここで商売して生きている自分達の問題だと店主は言います。

 

さらに店主は、国を追われた移民なら「ユミルの民」かもしれないと言います。

ここ数年どの国も血液検査に躍起になっており、悪魔の血がその辺に紛れてたら夜も眠れないと。

 

リヴァイは震える少年を担ぎ、この場から去ろうとします。

店主達はリヴァイを止めようとしますが、自分は「お前の財布じゃない」と言っただけで、スリとは言っていないとリヴァイ。

姉のサシャの財布だと言い、サシャも姉を演じます。

 

納得がいかない店主達ですが、逃げるようにこの場から立ち去るリヴァイ達。

助けられた少年は、去り際、リヴァイの財布を盗みます。

遠くからリヴァイの財布を見せ、少年は泣いて感謝します。

アズマビトからもらった小遣いだからと、あまり気にしていない様子のリヴァイ。

 

エレンは無言で少年を見続けます。

 

アズマビトの屋敷に到着した一行。

アズマビト家のキヨミは、血液検査の技術向上に伴い、世界中で収容から逃れたユミルの民の存在が発覚し問題になっていると話します。

 

かつてのエルディア帝国全盛期では、世界の国々でユミルの民の血を取り込むことが高貴であるとされていたが、それが帝国の衰退と共にエルディアに追従した各国上流層が国を追われる立場になり果てた。

これが壁外でのエルディア人の現状のため、パラディ島から友好を図る本計画も極めて困難だとキヨミは言います。

 

和平の道を諦めるなら、ジークの謀略である、ヒストリアと産まれてくるであろう子供達を犠牲にするしかなくなってしまうとアルミン。

もちろん、そんな未来を迎えないために自分達はここにいるとハンジ。

ハンジは、明日行われる国際討論会で初めて登壇する「ユミルの民保護団体」との接触を狙いますが、依然としてその団体の理念は不明だとキヨミ。

 

さらにキヨミは、自分達は和平への協力を惜しまないが、それがどれほど実現可能と見込んでいるのか聞きます。

とても困難であることは理解しているハンジ。

しかし、だからといって最善を尽くさないことはできないと。

 

ここでミカサがエレンがいないことに気付きます。

皆はエレンを探しに出ます。

 

エレンはサシャの財布を盗んだ少年が暮らしている、難民キャンプにいました。

エレンを見つけたミカサ。

ミカサはエレンに、自分が敵の最重要目標だとわかっているの?と注意しますが、涙を流しているエレン。

 

エレンが見ている難民キャンプ。

市場にいた少年もおり、ミカサはエレンに、何があったのか聞きますが、まだ何もとエレンは答えます。

戦争で居場所をなくした人達が集まって暮らしているこの場所。

 

自分達もそうだったとエレンは言います。

ある日突然、日常が終わり何もかもが奪われた、すべての自由を奪われた。

 

エレンはミカサに聞きます。

お前はどうして、オレのことを気にかけてくれるんだ?

子供の頃に助けられたからか?それとも、オレは家族だからか?

 

困惑するミカサ。

頬を赤くし、あなたは・・・家族・・・と答えるミカサ。

 

その時、少年の父親がエレンとミカサに温かい飲み物を持ってきたため、二人の会話はここで終わってしまいます。

 

さらにエレンを探していたアルミン、ジャン、コニー、サシャも合流し、皆は少年の家族のテントに招かれ、そのまま酒を飲み始めます。

他のテントの家族も集まり、全員、酔いつぶれ寝てしまいます。

 

その後、リヴァイ、ハンジ、オニャンコポンがエレン達が寝ているところを発見します。

 

翌日、国際討論会に初めて登壇した「ユミルの民保護団体」

憎むべきは「島の悪魔共」と熱弁します。

100年前よりあの島へ逃げた悪魔、自分達の敵はあの島の悪魔だと叫びます。

 

頭を抱えるキヨミ。

アルミンとミカサも青ざめています。

 

そしてミカサは、あの日からエレンは自分達の元を去ったと回想します。

スポンサーリンク

エレンは世界を終わらせる?

エレンがミカサ達の元を去った後、エレンから届いた手紙には、ジークに全てを委ねると記されてありました。

次に顔を合わせた時には、もう手遅れだったと回想するミカサ。

 

ミカサは、難民キャンプでの自分の回答を振り返ります。

果たして、他に選ぶべき選択肢があっただろうか、全ては最初から決まっていたのかもしれない、それでも、考えてしまう、あの時、もし自分が別の答えを選んでいたら、結果は違っていたのではないか?

 

回想が終了し、目の前には無数の巨人と巨大な巨人の脊髄が。

巨大な巨人の脊髄が、あまりにも大きすぎることに驚くミカサ。

エレンがいた場所から出現したように見えたと考えます。

 

隣りにいるアルミンはミカサに叫びます。

エレンが始祖を掌握した、真っ先に地鳴らしを発動したなら、それはエレンの意志だ。

このままマーレに集まってる連合軍を潰すつもりだ、エレンは味方だ、そうに決まっている。

 

エレンが自分達のところに戻ってきたのか考えるミカサですが、その直後、これはおかしいと言い出すアルミン。

 

ウォール・マリアの壁まで崩壊していることに、マーレの連合軍を潰すだけなら、こんなに巨人は必要ない。

シガンシナ区外壁だけの数百体の巨人で十分。

マーレに集結した連合軍を潰すだけのために、壁を失ってまで攻撃するなんてと、アルミンは困惑します。

 

突然、「全てのユミルの民に告ぐ」と、エレンの声が聞こえてきます。

 

オレの名はエレン・イェーガー

始祖の巨人の力を介し、全てのユミルの民へ話しかけている

パラディ島にあるすべての壁の硬質化が解かれ、その中に埋められていたすべての巨人は歩み始めた

オレの目的は、オレが生まれ育ったパラディ島の人々を守ることにある

しかし世界はパラディ島の人々が死滅することを望み

長い時間をかけ膨れ上がった憎悪はこの島のみならず

すべてのユミルの民が殺され尽くすまでとまらないだろう

オレはその望みを拒む

壁の巨人はこの島の外にあるすべての地表を踏み鳴らす

そこにある命を

この世から駆逐するまで

 

エレンの声は、ミカサ、アルミン、ジャン、コニー、ライナー、ガビ、ピーク、皆に聞こえています。

スポンサーリンク

進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

進撃の巨人のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで進撃の巨人の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに進撃の巨人のアニメと映画も全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

進撃の巨人123話の感想

進撃の巨人、すごい展開になってます。

最後はエレンの鬼のような形相で123話は終わりとなりましたが、このままエレンは世界を終わらせるのでしょうか。

ミカサが言うように、こうなることは最初から決まっていたのか。

逆にミカサがあの時、どのような回答をすれば結果が変わっていたのか。

ますます目が離せない進撃の巨人、今後の展開に期待です。

スポンサーリンク