【炎炎ノ消防隊】240話ネタバレ!第8特殊消防隊にアローとオグンが参戦

【炎炎ノ消防隊】240話ネタバレ

炎炎ノ消防隊240話のネタバレになります。

突如消えた柱達。

第8特殊消防隊は”天照(アマテラス)”を目指しますが、”キー”や”スイッチ”とは一体何なのか!?

 

前回の炎炎ノ消防隊239話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】239話ネタバレ!シンラを悪魔に仕立てたのはヨナだった

オグンも参戦

ボードで空を飛ぶオグンは、第8のマッチボックスを発見し、近づきます。

ヒナワに、「そんなに急いでどちらに!?」と聞くオグン。

ヒナワは、「緊急事態だ!!」と答えます。

 

オグンに気づいたアーサーは、「今から“天照(アマテラス)“行くからお前も来いよ」と誘い、「・・・すげェフランクに誘うじゃん」とオグン。

オグンは第8のマッチボックスの上に乗り、上半身をマッチボックスの上から出しているアーサーと話します。

 

マッチボックスを運転するヴァルカンは、助手席のヒナワに言います。

「もう少しですが、ここも“焔ビト“だらけのようです」

 

ヒナワは、「“焔ビト“の対処は他の隊に任せるしかない」と答えます。

 

オグンはアーサーに聞きます。

「ここに来るまでの“焔ビト“の数みたか?“焔ビト“の鎮魂より大事なことって何事だよ」

 

アーサーは、「白装束が、我がキャメロット城に攻めてくるんだ」と答えますが、他の者が、「大災害の最後の仕上げのために、白装束が“天照“を攻めにくるんだ」とオグンに正しく説明します。

 

マッチボックスは”天照”に到着。

アーサーは嬉しそうに言います。

「着いたぞ、我が城だ」

リサとユウも参戦

皆はマッチボックスから降り、オウビは、「白装束はまだのようだな」と言いますが、アローは言います。

「奴らは必ずキーを差しに来る」

 

リヒトは、「中華半島で見た白羽の矢の謎、やっと答え合わせができる・・!」と言います。

 

天照を見上げるヴァルカン。

アーサーは、「この城はヴァルカンの先祖が造ったんだろ」と聞き、「ああ」と答えるヴァルカン。

 

ヴァルカンは言います。

「“天照“は破壊兵器なんかじゃねェ」

 

オウビはヴァルカンに言います。

「外で防衛線を敷く、ヴァルカンは内部を見て来てくれ」

「すまないが、護衛に割ける人員がいない・・・単独潜入になるが・・・」

 

ヴァルカンは、「大丈夫!応援を要請しておきましたから!」と答え、その時、自転車に二人乗りしたユウとリサが到着。

ヴァルカンは二人に言います。

「時間がねェ・・・早速行くぞ」

 

ユウは、「今回は何をするんですか?」と聞き、「ついに先祖の遺産に入るんだ!!」と答えるヴァルカン。

天照入口前で白装束を迎え撃つ

警備の二人が第8特殊消防隊に気づきます。

「ちょっと!ここは立ち入り禁止区域ですよ!」

「一体何をやっている!!」

 

オウビは、「“天照“の調査にきました」と答えますが、「そんな話聞いてないぞ」と警備の人間。

ヒナワは、「マキ・・・」と言い、「はい・・・」と答えるマキ。

 

「お前たち手配中の第8・・・」と、第8特殊消防隊に気づいた警備の二人ですが、ヒナワの蹴りとマキの掌底で吹き飛びます。

さらにヴァルカンが、「悪いね」と言い、スパイダーネットで二人を捕縛します。

 

オグンはタマキに、「おい・・第8っていつもこんなコトやってんのか!?」と聞き、「ここまであからさまなのはなかったケド・・・元々その気(け)はあったのかな」とタマキは答えます。

 

”天照”の入り口前でヴァルカンは言います。

「“天照“の入り口は一つ、防衛線を敷くなら入り口の前のこの辺だ」

 

ヴァルカンはリサとユウを引き連れ、入り口へ進みます。

 

入り口前で白装束を迎え撃とうとするオウビに、リヒトは言います。

「隠れて奇襲する方法もあるかと」

 

オウビは答えます。

「奇襲は失敗するリスクが大きい」

「今日は“天照“に敵を近づけないことが重要だ、内に入られてしまってはお終いだからな」

 

それを聞いたリヒトは、「正面衝突ですか」と聞き、「そうだ」とオウビ。

オウビは言います。

「逆賊とされ、今まで自粛続きでウズウズしてたがこの状況だ」

「思いっきり世界を救うぞ!」

ドラゴン登場

作戦を確認する第8特殊消防隊。

敵影を見つけ次第、ヒナワとアローが狙撃。

接近を許したらマキとタマキで迎撃。

タマキは機動力を活かして敵陣をかき乱す。

アーサーとオグンは大物を狩る。

 

タマキは言います。

「大災害を止めて、アイリスと日下部を取り戻す!」

 

アーサーは白装束に気づき、言います。

「おいでなすったぜ」

 

ハウメアの守リ人、カロンは言います。

「消防隊?なんでいるんだ!?話が違うじゃねェか!?」

 

インカの守リ人、リツは答えます。

「だが想定内のことでしょ、些細なことに一々反応するな、駒ならいくらでもいる」

 

カロンとリツの後ろには、無数の鬼化した”焔ビト”の姿が。

 

アーサーは、「奴もいる・・・」と言いフードを被ります。

アーサーが言う奴とは、ドラゴンです。

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで炎炎ノ消防隊の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに炎炎ノ消防隊のアニメも全て「見放題」です!!

第一期

 

第二期

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

炎炎ノ消防隊240話の感想

天照入り口前で白装束と正面衝突する第8特殊消防隊+アロー+オグン。

白装束には守リ人と無数の鬼化した”焔ビト”が。

さらには、アーサーに敗北を与えたドラゴンの姿も。

世界を救うための激闘が、今始まろうとしています。

 

炎炎ノ消防隊241話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】241話ネタバレ!

(10/28更新)