【炎炎ノ消防隊】243話ネタバレ!シンラ・アーサー・オグンの訓練校時代

【炎炎ノ消防隊】243話ネタバレ

炎炎ノ消防隊243話のネタバレになります。

カロンと戦うオグンですが、カロンの圧倒的強さに大苦戦のオグンですが・・・。

 

前回の炎炎ノ消防隊242話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】242話ネタバレ!オグンがカロンに敗北!?

圧倒的強さのカロン

オグンを踏みつけ爆発を起こしたカロン。

カロンは、「誰でもいいぞ、かかって来い」と、第8特殊消防隊の面々に言い、さらに、アーサーに向かって、「そこのフード、次はお前か」と言います。

 

マキは、「あの無敵の男を攻略できる人間なんて・・・」と言い、アローは、「カロンと正面からまともにやり合える奴なんていない、あいつへの一番の対策は相手にしないことだ!」と言います。

 

剣の鞘を握るアーサーですが、オグンが立ち上がり、「アーサー、お前はドラゴンに備えておけ!俺はまだやれる!」と言い、「なんだと・・・!?」と驚くカロン。

 

背後からカロンの脇腹にパンチを食らわすオグン。

オグンは考えます。

(だがどうやって攻略する!?)

(俺のパンチの衝撃が全部吸われる)

(カウンター!?)

(蓄えられたエネルギーの放出と吸収は同時にはできない!このカウンターにカウンターを!)

 

オグンはカロンのパンチに合わせ、カロンの顔面を殴ります。

(よし!)と手応えを感じるオグンですが、カロンの強烈なボディブローを喰らいます。

 

カロンは、「ただの打撃なら吸収状態を保ちながら攻撃もできるぞ」と言い、再び爆発を起こします。

 

爆発を受け地面に倒れるオグン。

(強すぎる・・・こんな怪物どうやって止める)と考えながら、訓練校時代を回想します。

シンラ・アーサー・オグンの過去

”ヒーロー”と”騎士”で言い争うシンラとアーサー。

オグンは二人に言います。

「喧嘩すんな、最初は仲良くやってたろ」

 

場面は入学式まで遡り、自己紹介するシンラ。

「シンラ・クサカベです、消防官になってヒーローになりたいです」

 

シンラが校内を歩いていると、アーサーがシンラを呼び止めます。

シンラは、「あ・・・騎士の・・・」と言い、「ふっ」と鼻で笑うアーサー。

 

その時、女子生徒達がアーサーに声をかけてきます。

アーサーが女子から人気があることに、「もう女子に人気なんだな」とシンラは言い、「ふっ、騎士だからな」と答えるアーサー。

 

シンラとアーサーに声をかけるオグン。

「なんだ、もう仲良くなったのか?」

 

シンラは言います。

「お前は、筆記・実技ともに首席のオグン・モンゴメリ」

 

オグンは、「まぁテストはな」と答え、「個人の成績は関係ない!消防官はチームだからな」と言います。

 

それを聞いたシンラは、(消防官の鏡!)と感じ、さらにオグンは言います。

「そのチームにはお前たちのようなヒーロー志向も必要だ」と言い、(かつ俺たちみたいな奴らへのフォローも忘れない)と感心するシンラ。

 

シンラはオグンに言います。

「オグン・・・さてはお前、いい奴だな!?」

 

オグンは答えます。

「まぁ悪人ではないから、仲良くしようぜ」

 

意気投合する三人。

悪魔の噂を広めるヨナ

シンラとアーサー、そしてオグン。

三人を見た同級生たちは、「実技試験最速のシンラと、最高火力のアーサー、首席のオグン、結局カーストトップ同士でつるむんだよなぁ」と言います。

 

同級生の話を聞き、悔しそうに舌打ちするカリン。

 

カリンの隣に生徒に化けたヨナが現れ言います。

「ねぇ知ってるぅ?このウ・ワ・サ」

「あのシンラ・クサカベって奴さ、親と弟を殺した悪魔だって」

「そんな奴がみんなのヒーローの消防官になろうなんてありえないよねぇ?」

 

カリンは、「クサカベがそれって、本当なのか・・・?」と聞き、ヨナは、「オグンとか良い奴そうだし、騙されなきゃいいけど・・・心配だわ」と言います。

 

同級生の間で広まるシンラの噂。

緊張から引きつった笑いをするシンラに、「オイ・・・笑ってるぞ、怖ぇ・・・」と影で話す同級生達。

 

その時、シンラの肩にポンと手を置き、「シンラ大丈夫か?」とオグンが声をかけます。

オグンは、「気にすんなよ」と言い、「オグンは噂を信じないのか・・・?」とシンラは聞きます。

 

「じゃあ本当にシンラが?」と聞くオグンに、「ち・・・ちが・・・!俺は!あの時・・・」とシンラは否定し、「違うんだよな」とオグン。

オグンは笑みを見せながら言います。

「よくわかんねぇ噂で、仲間を疑いはしねぇよ、それにこれから同じ隊に配属されるかもしれないんだし」

 

シンラも笑みを見せますが、「そのニヤニヤするのはやめろよ」とオグンは言い、「しょうがねぇだろ、癖なんだよ」とシンラ。

 

場面は戻り、ドッジボールのチーム分け。

同級生たちは言います。

「やる気なくすぜ・・・オグンが入ったチームが勝つにきまってんだし」

 

オグンは、「一人で無理なら二人で止めればいいだろ!だからチームスポーツは楽しいんだ」と言いますが、その時、シンラとアーサーの言い争いが聞こえてきます。

シンラ:「ぶざけんな、ヒーローだ!」

アーサー:「笑わせる!騎士に決まってる!」

 

二人の言い争いはエスカレートしていきます。

シンラ:「ヒーロー!」

アーサー:「騎士!」

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで炎炎ノ消防隊の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに炎炎ノ消防隊のアニメも全て「見放題」です!!

第一期

 

第二期

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

炎炎ノ消防隊243話の感想

強すぎるカロンを前に、為す術なしのオグン。

オグンは訓練校時代を回想しますが、ここから勝機を見いだせるのか!?

そして、”ヒーロー”と”騎士”で言い争う若き日のシンラとアーサー。

一体何があったのか!?

 

炎炎ノ消防隊244話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】244話ネタバレ!

(11/18更新)