【炎炎ノ消防隊】247話ネタバレ!ジョヴァンニの身体は全て虫だった

【炎炎ノ消防隊】247話ネタバレ

炎炎ノ消防隊247話のネタバレになります。

天照(アマテラス)中央部、キーの鍵穴と思われる場所でジョヴァンニと遭遇したヴァルカン。

ジョヴァンニが語る太陽の真実とは!?

 

前回の炎炎ノ消防隊246話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】246話ネタバレ!円周率は伝導者が古代に仕込んだ滅びの呪文!?

天照は大災害を起こすための破壊装置!?

突然、姿を消したシンラ。

シンラはアドラの中で考えます。

(ここは・・・アドラか・・・)

(柱・・・ショウは・・・?みんなは・・・?)

(大災害はどうなった・・・?)

(俺が大災害を止めないと・・・)

 

ジョヴァンニはヴァルカンに言います。

「人柱は皆、アドラに向かい、こちらの世界とアドラを結ぶ柱となるところだ」

「イメージの本質・・・滅びと同調し、この星は大災害で第二の太陽となる」

 

ジョヴァンニの話が信じられないユウですが、「月があんな顔になってる、今、何が起こるかわかったもんじゃねぇ」とヴァルカンは言います。

リヒトと無線で通信するヴァルカン。

 

リヒトはマッチボックスの中から応答します。

「全部聞いてました、なかば信じがたい話だけど、今まで第8が調べてきたことを思うと、あながち嘘とは・・・」

 

第8のメンバー、そしてアローの戦いを見ながらリヒトはヴァルカンに伝えます。

「こちらも手一杯の状況ですが、そちらにどうにか向かいます、それまでなんとか!」

 

ジョヴァンニと対峙するリサ。

リサは叫びながらジョヴァンニを攻撃します。

「ヴァルカンの先祖が造ったこの天照(アマテラス)を!破壊兵器にさせる訳にはいかない!」

 

ジョヴァンニは言います。

「この天照は最初から大災害を起こすための破壊装置として造ったのだ」

 

ヴァルカンは叫びます。

「じゃあなんで俺の先祖はキーを隠した!?」

 

ジョヴァンニは答えます。

「250年前、お前たちジョゼフ家と我々は、天照の建築に参加していた」

 

驚くヴァルカン。

「我々も?お前は一体・・・」

天照を封印したヴァルカンの先祖

ジョヴァンニは過去を語ります。

「天照の建築・・・後の灰島創設メンバーが率いる部隊で、私の先祖はエンジニアとしてお前たちジョゼフ家と共に参加したのだ」

「私の先祖はお前たちの先祖と同じ動力源の担当だった」

「だが、お前らジョゼフ家は」

 

天照の動力源から”声”を聞き驚くヴァルカンの先祖。

「ダ・・・ダレ・・・タス・・・タ・・・タスケテ・・・」

 

ジョヴァンニは言います。

「愚かにも奴は、天照の真の力に鍵をかけ封印した」

「だから我が一族は時が来るその日まで、ジョゼフ家を監視し続けたのだ」

 

怒るヴァルカン。

「監視だと!?ジジィと親父・・・二人を焔(ほむら)ビトにして殺しやがっただろ!」

 

ジョヴァンニは言います。

「アドラの意志に背く愚か者どもに、炎の解放を与えてやったのだ」

ジョヴァンニの身体は全て虫だった

ジョヴァンニの話を聞いたリサは、「人でなし!」と叫び、ジョヴァンニを攻撃ます。

ジョヴァンニはリサの攻撃を受けながらも、「我が研究の力を与えてやったのに!愚かにも私に向けるのか!」と叫び、「ビク」っとするリサ。

 

リサへ近づくジョヴァンニ。

黒いフードのようなジョヴァンニの身体から、無数の目のようなものが現れ、一斉にリサを見ます。

リサは無数の目を燃やしジョヴァンニと距離を置きます。

 

リサを心配するヴァルカン。

ヴァルカンはリサに聞きます。

「あいつの身体、どうなってる!?」

 

リサは、「全て虫だよ」と答えます。

 

ジョヴァンニの周りには無数の小さな虫がおり、虫が集まることでジョヴァンニの身体が形成されていたようです。

 

ガクガクと震えるリサ。

ヴァルカンはリサの肩に手を添え、「大丈夫だ、俺がついてる!」と言い、リサを安心させます。

 

さらにヴァルカンは言います。

「あいつは何かの力で虫を統制しているんだろう」

「俺に策がある、二人で乗り越えよう!」

 

ヴァルカンが、「ユウ!例の物を!」と叫ぶと、ユウは虫の頭のような機械を出します。

そして、「これに触手を刺せ」とリサに言います。

 

ジョヴァンニは、「くだらん」と言い、余裕を見せますが、ヴァルカンは言います。

「虫対策は研究済みだ、虫たちは人には無い器官を使って磁場の流れを見て行動している」

「磁場の流れを見出して統率を崩してやる」

 

虫の頭のような機械に触手を刺すリサ。

次の瞬間、ジョヴァンニの身体が吹き飛び、頭部だけが地面に落下します。

 

ジョヴァンニの頭部を見下しながらヴァルカンは言います。

「リサの能力で磁場を乱れさせ、虫を散らした・・・それが本体か、惨めだな」

 

今回のマガジンは合併号のため、次回は12/23(水)の発売になります。

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで炎炎ノ消防隊の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに炎炎ノ消防隊のアニメも全て「見放題」です!!

第一期

 

第二期

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

炎炎ノ消防隊247話の感想

身体が全て虫で出来ていることが発覚したジョヴァンニ。

ただでさえ不気味な存在なのが、虫が集まっている姿は気持ち悪くもありました。

そんな気持ち悪いジョヴァンニですが、ヴァルカンとリサが二人で見事に撃退。

本体はアリのような小さな虫だったので、さすがにもうジョヴァンニの反撃はないかと思われますが・・・。

 

炎炎ノ消防隊248話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】248話ネタバレ!

(12/23更新)