【炎炎ノ消防隊】255話ネタバレ!大災害はあと二回!?

【炎炎ノ消防隊】255話ネタバレ

炎炎ノ消防隊255話のネタバレになります。

炎に包まれる地球。

誰もが絶望をイメージする中、「希望を捨てるな」と伝えようとするオウビ。

 

前回の炎炎ノ消防隊254話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】254話ネタバレ!大災害の炎は絶望のイメージがエネルギー

”希望を捨てるな”

新たな火災旋風が発生し、ドッペルゲンガーも出現。

第4特殊消防隊のパーン大隊長は、「市民の避難を最優先だ!」と指示を出しながらも、(しかしこんな絶望的な事態・・・第4はどうすれば・・・)と考えます。

 

本田弾回収で陸に上がった本田大隊長。

状況を聞く本田に、隊員は現状を伝えます。

「計測不可能な規模の災害で国中が混乱しています・・・状況は見ての通りとしか・・・」

 

上空の巨大な目玉に気づいた本田は、目を見開き、驚きます。

周りでは、「もうお終いだ!」との声が上がり、本田も考えます。

(この国の復興は絶望的だ・・・)

 

第6特殊消防隊のホァン大隊長のもとには次々と負傷者が運ばれますが、既にパンク状態。

 

うつむきながらパーンは考えます。

(アーグ大隊長は言っていた、我々消防官は・・・我々は無力だと)

(今、我々にできることとは・・・)

 

パーンに報告する隊員。

「パーン大隊長!全隊に通信が!」

 

パーンは答えます。

「即、繋いでくれ!」

 

通信の準備が完了し、マイクを握るオウビ。

オウビは通信を始めます。

「こちら第8特殊消防隊大隊長 アキタル オウビ」

「これからお伝えする内容は荒唐無稽(こうとうむけい)な話ですが、どうか信じてください!災害を止める方法です」

「星を燃やしているこの炎は人々の絶望を燃料としている」

「消火するには絶望を打ち消し、国民に希望を抱かせるしかない」

「今こそ我々消防隊が人々に示す時だ!希望はまだあるのだと!」

「希望を捨てるな」

「各隊、健闘を祈る」

シスタースミレの250年前の名前は杉田スミレ

オウビの通信を聞きながらシスタースミレは言います。

「なんて嘆かわしい、未だ諦めない人がいるのね」

 

スミレは前回の大災害のことを思い出しながら考えます。

(今や炎の世界になったというのに、思い出すわ、前大災害のこと)

(250年前・・・今とは描写の違う世界・・・)

 

ここで漫画の描写から実写に変わり、250年前のシスタースミレと思われる女性(実写)が現れ、言います。

(私の大災害前の名前は杉田スミレと言った、20XX年、250年前も私は大災害を起こすべく、伝導者に仕えていたわ)

(やっと始まる、準備は出来た、大災害は目前だ、再び世界の法則は塗り替わる)

(この星では幾度となく大災害が繰り返されてきた、知的生命体が誕生したのも遥か古の大災害の結果)

(そして知的生命たる人間が生まれ、人間たちの集合的無意識は一つの願望を抱くに至る、それが生命と星の進化の終着点)

(すなわち”死”を望むこと、生命の進化の果ては絶望なのよ)

(星を太陽に変え、全てを滅ぼす最後の大災害の原動力は・・・絶望)

大災害はあと二回!?

杉田スミレは話を続けます。

(主体的な意思を持った人間なんていない、時には国家に流され、あるいは宗教に流され、時代を超え、今は自由に選択していると思っているけど、結局それは流される対象が遷り変わっただけ)

(今の人間たちはTVやネットなどの情報を宗教のように信じている、そこに存在する流行(はや)り物に意思も無く流されている)

(SNSに存在する多数の実態なき意見(集合的無意識)を崇拝し、何も考えず噂や流行りに流される自我無き者共・・・)

(無宗教を謳う人間の多い日本という国は、精神的に芯がない・・・集合的無意識が発生しやすく流されやすい)

(だから日本が選ばれた・・・伝導者の導きを刷り込み、星を滅ぼす最後の大災害の発信源にちょうどいい国だった)

(SNSを少し覗けば流行りにデマに、実体のないブームに流されるモブ人間のばかり、流行り物に群がるその様は”蟲(むし)”のようだわ)

(スマートフォンの画面を覗くたびに、ここにもいる、ここにも”蟲”が、こいつもバカ、これもバカ、これも、これも・・・)

(過去の大災害で進化した”知的生命体”様とはとても思えないわね、これだけ脳なし蟲のバカ共が増えきったなら準備は完璧ね)

(自我無き燃料はふんだんにある、人類絶滅のため残る大災害はあと二回・・・)

(さぁ始めましょう、絶望への大いなる通過点)

(この大災害で炎と人体発火の世界になるでしょう)

 

不気味に笑う杉田スミレ。

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

炎炎ノ消防隊のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで炎炎ノ消防隊の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに炎炎ノ消防隊のアニメも全て「見放題」です!!

第一期

 

第二期

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

炎炎ノ消防隊255話の感想

各隊へ”希望を捨てるな”と呼びかけたオウビ。

それを見て、呆れ気味のシスタースミレ。

今回の255話では250年前の今とは描写の違う世界、実写の世界が描かれ?ました。

そこに登場した杉田スミレ。

白黒というのもあり、正直、不気味で怖かったです。

人類絶滅のための残る大災害はあと二回とのことですが、逆に言うと、まだチャンスがあるということでしょうか。

ここからどのようにして、そして誰が人類を救うのか、今後の展開が楽しみです。

 

炎炎ノ消防隊256話のネタバレはコチラになります。

>【炎炎ノ消防隊】256話ネタバレ!

(2/24更新)