【約束のネバーランド】127話ネタバレ!エマとノーマンが対立!?




約束のネバーランド127話のネタバレになります。

前回、ムジカが邪血の少女だということが判明しましたが、ノーマンは邪血の少女を知っていおり、さらに「生きていたのか」と口にしました。

邪血の少女とは一体!?

スポンサーリンク

邪血の少女とは

ノーマンは邪血の少女の存在について、伝え聞く限りだと前置きしながらエマとレイに話し始めます。

 

その鬼は生まれて一度も人間を食べたことがない。

人を食べなくても人型の形質と知脳を保てる超特異個体。

 

生年不明、出身不明。

 

記録上、初めて存在が確認されたのは700年前、”約束”以後のまだ農園のシステムが確立する前の頃。

彼女は初め飢餓の村に現れた救世主だった。

 

彼女はわずかな血のみで、その力を他者に伝染させることができた。

ただひと口、彼女の血をたったひと口飲むだけで、その鬼は彼女と同じ体質を手にできた。

約束のネバーランド127話

 

つまり、ムジカの血を飲んだ鬼は、ムジカのように人を食べなくても人型を保て、さらにその血のみで同様の鬼を増やせる力を得たということです。

ムジカの血を貰った鬼もまた人を食べなくても退化しない鬼を作り出せました。

 

王家と五摂家も例外

ノーマンは話を続けます。

やがてその噂は王や貴族の耳にも入り、調査が行われた。

そして王家・五摂家は彼女ら全員を捕らえ、その血を持つ全員を食い殺した。

記録ではその時に彼女も食べられ死んだとあったが、逃げのびて生きていた。

 

このことからソンジュは元から人を食べない鬼ではなく、ムジカの血で退化を免れた生き残りであり、ムジカが旅をしているのは王家・五摂家から逃れるためである。

そして、王家・五摂家もムジカと同じ”例外”。

 

ギーランもそれを知っており、その意味でも王家と五摂家を殺し食べたがっている。

だからこそギーランと王家・五摂家をぶつけて一掃させるのがノーマンの狙い。

 

ここまでノーマンは話し、王家・五摂家の例外はあるが、作戦上一切支障はないと言います。

王達は数も限られており、食料を絶って退化させるのではなく、直接始末するとノーマンは言います。

スポンサーリンク

エマとノーマンが対立

ノーマンの話を聞いて、納得いかないエマ。

なぜ王家や五摂家は、飢えの解決になるかもしれないムジカの仲間を食べたのか。

その血を上手く使えば、退化に悩む鬼はいなくなり、人間を食べる必要もなくなるとエマは言いますが、「邪魔だったから」とレイは言います。

 

王達からすれば農園により人肉の供給を握れているほうが、意図的な格差を作れより鬼社会を好きに支配できる。

そんな王達にとって農園を必要としないムジカ達の力は邪魔でしか無い。

だから捕らえて殺して独占した。

さらには、”約束”も人間との不戦とかではなく、自分達の損得の都合で結んでいたのかもとレイは言います。

 

驚くエマに、これが世界だとノーマンは言います。

みんながみんなエマのように優しい気持ちで考えるわけではないと。

 

ノーマンは警戒すべきはソンジュとムジカで、二人を探し出して殺す必要があると言いますが、エマが止めます。

ムジカもソンジュも友達で恩人。

殺すのは嫌だと言いますが、彼らは鬼だとノーマン。

 

自分達が鬼を滅ぼすのを黙ってみていると思う?許せると思う?とノーマンは聞きますが、それなら絶滅させなければいいとエマは言います。

約束のネバーランド127話

 

そしてエマは、鬼を滅ぼしたくないとノーマンに打ち明けます。

 

ムジカの血があれば、ムジカを探さなくても王や貴族の血があれば、鬼達を人を食べなくてもいい体にできる。

それならもう争う必要はないとエマは言います。

 

ノーマンは、鬼は必要がなくても食べたければ襲ってくると言います。

この700年の王・貴族がまさにそうで、ギーラン達もそう。

そもそも人間も同じだとノーマン。

 

大好きなごはんに「私を食べるな」と言われ、「はいわかりました」と我慢できる?とノーマンはエマに聞きます。

エマは我慢できるかもしれないけど、弟妹達に同じ我慢を強いられる?

全ての鬼が食料に情けをかけて食欲を抑えられると思う?

 

エマは、人間の世界へ逃げようと叫びます。

七つの壁を超えて、約束を結び直し、鬼が追って来られないようにしてから人間の世界へ逃げればいい。

鬼から人間は奪うけど絶滅させるよりはずっといいと。

 

ノーマンはエマに聞きます。

人間の世界が安全で受け入れてもらえるかもわからないのに?

 

そして、何もかも選びとれるほど世界は甘くないと言ったあと、ノーマンは断言します。

 

鬼を絶滅させなければ、家族で笑える未来はない

 

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!?

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで約束のネバーランドの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに約束のネバーランドのアニメも配信あれていますが・・・残念ながら「見放題」ではなく、各話購入になってしまいます><

ただし、今後「見放題」になる可能性があるのと、ヒロアカやブラクロ、ワンピース(一部有料)など他のジャンプ作品は見放題となります。

 

アニメは現在、見放題ではありませんが、最新刊は無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

約束のネバーランド127話の感想

自分の考えをノーマンに伝えたエマですが、やはり対立しましたね。

エマらしいと言えばらしいのですが、冷静に考えたらノーマンの言うことの方が正しい気もします。

考え方が対立したエマとノーマン。

このあとどちらかが妥協するのでしょうか、それとも完全に対立となるのでしょうか。

 

約束のネバーランド128話のネタバレはコチラになります。

>【約束のネバーランド】128話ネタバレ!エマは七つの壁を目指す

スポンサーリンク