【約ネバ】179話ネタバレ!エマがいなくなった!?代償はあったのか?

【約ネバ】179話ネタバレ

約束のネバーランド179話のネタバレになります。

人間の世界へ行く約束の代償として、「あの方」へのご褒美。

エマは代償は「なにもない」と言い、皆は安心して人間の世界へ行きましたが・・・。

 

前回の約ネバ178話のネタバレはコチラになります。

>【約ネバ】178話ネタバレ!「あの方」の”ごうほうび”の内容が判明!

エマがいない

海岸で目が覚めたフィルは、ビルや住宅を見て、ここが人間の世界だと理解します。

フィルは皆を起こし、無事に人間の世界に来れたことを喜びあいます。

 

皆はエマとも喜びを分かち合おうとしますが、エマがいません。

全員にドクンという嫌な予感が走ります。

 

膝から崩れ落ちるノーマン。

皆はエマの名前を叫び捜しますが、どこにもいません。

 

レイは考えます。

やはり代償はあったんだ、「なにもない」なんて嘘だった、くそったれ!

おかしいとは思った・・・思っていたのに・・・!

あいつの言葉をまんまと信じた、あれは本心だった、嘘じゃなかった、だから、こいつなら大丈夫って俺は油断して、大馬鹿野郎!

 

ノーマンも考えます。

僕は何をしている、何をのうのうと。

でもなんでエマ・・・どうして、僕には「背負うな」って言っておいて・・・なんで・・・ひどいよ!

こんな消え方するなんて・・・。

 

フィルは、さっきまで手を繋いで隣にいたはずと考えながら、エマの名前を叫びます。

 

その時、三角形のUFOのような薄型の飛行機が現れ、中から数人の人間が出てきます。

2047年の人間の世界

子供たちの前に現れた謎の飛行機と人間。

中心者と思われる中年の男性は、マイク・ラートリーと名乗り、ピーターの叔父で今は当主代理だと言います。

 

マイクは、”コードSolid(ソリッド)”の話は聞いている、自分は敵ではない、一族はもう君たち(食用児)に危害は加えない、身元を受け持つため飛行機に乗るよう言います。

周辺では突然子供たちが現れたことに騒ぎになっており、面倒な騒ぎになる前に乗れとマイクは促します。

 

ニュースでは、世界各地で首や腹に数字や図案のある出自不明の子供たちが見つかっていると放送されています。

マイクは、他の子供達も順次保護しているため安心したまえと言います。

 

フィル達が連れてこられた場所はラートリー家・北米支部。

“見つかった”のは旧アメリカ合衆国で、今はエリア01と呼ばれている”地域”の東側です。

 

2047年11月の人間の世界は、フィル達が想像していたものとは違っていました。

ハウスの本や地図で知った2015年までの人間の世界とは。

 

2020年〜2030年代、度重なる異常気象、天災、疫病、経済危機、食料難、そして始まった10年に及ぶ世界大戦。

多くを失い、とことん壊れ、世界は大きく形を変えました。

 

自分達さえよければ他の誰が滅びてもよい、そのような考えではだめだと、自分達が助かるためにも、人類皆で助かるために国境の撤廃。

世界は一つの大きな国になりました。

 

まだまだ課題は多いが、ようやく人類は歩みはじめ、復興の最中。

やはり代償があった?

ノーマンは、人間の世界が戦時中でもなければ、大きな汚染などもなく、それどころか国境の撤廃で”移民”という概念もなく、自分達が受け入れてもらいやすい状況で良かった、幸いだったと、力無く言います。

 

ノーマンの様子を心配する子供たち。

シスロは、「全然幸いじゃないだろ」と、悔しそうに言います。

頭を抱えて無言のレイ。

ドンは「くそっ!」と言い、壁を殴ります。

 

ラートリー家でも捜してくれてはいるが、どの地域でもまだ見つかっていないことに、やっぱり”ごほうび(代償)”があったのでは?と皆は言います。

 

フィルは、エマは死んじゃったのかな?それとも鬼の世界にエマだけ残されちゃったのかな?と聞き、ナットは、エマが文言通り”約束”を結んでいたら「あの方」はエマの命をとれない、鬼の世界に残すこともと答えます。

 

ギルダは、”文言通り結んでいたら”でしょ?と言い、文言通り結んでいなかったらとの声も出ますが、エマはそんなことはしない!そんな自分一人が死んで片をつけるようなこと!との声も。

 

エマが誰よりも頑張ってきたことを知っている子供たちは、エマに感謝します。

エマがいなかったら諦めて死んでいた、生き抜けたとしても何をしてただろう、鬼を憎み殺しながら身を隠すその日を生きる毎日かも、エマがいたからここまで来れた。

 

ジリアンは、エマは危なっかしくて”無茶”なことばっか言い出すいい子ちゃんだったが、その”無茶”のおかげで自分達は皆ここまで来られたと言い、皆も同じ気持ちです。

エマを探しに行く

オリバーはエマのことを思い出しながら、「エマはさ、”どうしたいか”で動くんだよな、それがどれだけ”無茶”であり得なくても」と皆に言います。

そして、「なぜいないか」は重要か?「どこにいるか」なんて関係あるか?と聞き、ノーマンは「関係ない」と言い切ります。

 

エマに会いたい

 

皆が同じ気持ちで、レイは、「エマを捜すぞ」と言います。

ノーマンも、エマが自分達なら諦めない!たとえ鬼の世界でも捜して見つけ出す!と言います。

 

シスター達は、もしもう死んでいたら?と心配しますが、子供たちは、エマはそう簡単に死なない、きっと生きてると答えます。

 

盛り上がる子供たち。

鬼ごっこの次はかくれんぼか、上等だ!俺達”家族”でエマを迎えに行くぞ!と拳を上げて気合を入れます。

 

エマを一人になんてしない、絶対見つけてやるからな!と、決意の表情をするノーマンとレイ。

 

その頃、エマは雪の上で気を失っています。

倒れているエマに近づく人間の姿が。

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!?

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで約束のネバーランドの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに約束のネバーランドのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

約ネバ179話の感想

無事に人間の世界に来られた子供たちですが、2015年の情報で止まっているため最初は混乱した様子。

かなり近代的な雰囲気になっていました。

最後の描写を見ると、エマも生きているようですが、エマに近づく人間が何者なのか気になるところです。

 

そして気になると言えば、やはり最終回がいつなのか?

担当編集者は連載前から「20巻以内に終わる漫画」を目指していたとインタビューで回答しており、113話(2018年11月)の煽り文には”いざ最後の旅”とありました。

>【約束のネバーランド】113話ネタバレ!最後の旅へ!最終回は近い!?

 

これは・・・来週が最終回なのでは!?

 

約ネバは1巻に収録されている話数は、1巻は7話でしたが、それ以外は9話(16巻のみ10話)で、現在の最新刊18巻は161話まで。

仮に次の19巻が162〜170話(9話)、20巻が171話〜180話(10話)だとすると20巻が最終巻になります。

そして次が180話であることから、次回が最終回ではと予想します。

 

さらにここ最近、「クライマックス」の煽り文が続いていたのと、鬼滅の刃が巻頭カラーの翌週が最終回だったことからも、今回巻頭カラーだった約ネバが次回最終回の可能性は高いかなと。

これで次号が大増センターカラーなら確実なんですけどね。

 

なんにせよ、次回の約ネバも目が離せません。

 

約ネバ180話のネタバレはコチラになります。

>【約ネバ】180話ネタバレ!

(6/8更新)