【約束のネバーランド】130話ネタバレ!エマは頭がおかしい?




約束のネバーランド130話のネタバレになります。

前回、ノーマンのウラの顔というか、本当の顔というか、現在の顔というか、エマ達には見せていない一面を見ることができました。

130話では、エマは皆に自分の本心を語りますが、そこにはノーマンを救いたいとの想いがありました。

スポンサーリンク

七つの壁へ行くことを報告

七つの壁に行くことを報告するエマ。

当たり前ですが、皆が驚きます。

 

ノーマンが鬼を全滅させると言っていたがと聞きますが、自分は鬼を全滅させるのは嫌だなと本音を語るエマ。

テヘペロみたいな軽い感じで言います。

 

“絶滅”、”根絶やし”、たしかに確実で正しくはあるが、実際に想像するととエマは言います。

悪い鬼ばかりならまだしも、普通に暮らす町の鬼、子供とか赤ちゃんとかもいる。

食料を絶ち、退化させて野良鬼にして絶滅させるのは、どれだけの恐怖と憎しみを生み出すのか。

 

エマの話を聞き、皆が共食いする鬼を想像し青ざめます。

 

自分はできるなら殺したくない、自分以外にも殺させたくないとエマは言い、レイもムジカやソンジュも殺すのかって話になると言います。

 

ただ、これは全て自分のワガママで、自分がそうしたいと思っただけのこと。

みんなを巻き込むつもりはなく、ノーマンも作戦をやめたり、待ったりするつもりはない。

絶滅以外の方法ができるかどうかもわからない。

だから自分とレイでちょっと行ってくるとエマは説明します。

 

後悔しない選択をしたい、未来を選びたい。

スポンサーリンク

エマは頭がおかしい?

エマの話を聞いた子供達は、自分達は想像が足りていなかったと言いますが、実際に外へ出て町の鬼達を見たわけではないからなとレイ。

 

サンディも、どんだけ憎くても想像もしてなかった敵の一面とういのはあると言います。

その言葉に、ノウマを倒した時にノウスが悲しんでいた姿を思い出すソーニャ。

 

それでも自分は鬼が嫌いだとジリアンは言います。

エマ達の言うことはわかるし、エマ達の友達、ソンジュとムジカは殺したくないが、自分は鬼達よりもみんなやエマが大事。

 

敵は容赦などしない、自分はまず仲間を守りたい。

そのためなら、子供だって赤ちゃんだってと言い、ジリアンは泣き出します。

そんなジリアンをぺぺが抱擁します。

 

ついこないだ、鬼に殺されそうになったのに、なぜそんなことが言えるのかとエマに聞くギルダですが

 

「頭おかしいんだよ」

 

誰もが一度はエマに対して思ったことがあることを、レイがズバッと言います。

さらにドンも「それがエマだよな」と同調します。

 

そしてドンは、エマとレイに「行って来いよ」と言います。

エマとレイのことだから、すごい考えて悩んだ結論だと思う。

自分も七つの壁のリスクは避けられたらと思うが、エマの理想も嫌いじゃない。

何より、リスク背負っても悔いのない人生を、それが自分達脱獄者がいつだって選んできた自由だろ?とドン。

 

ドンの話もわかるが、それでもエマが危ない目に遭う必要ははいのでは?とギルダ。

それしかないわけではないのに、どうしてエマばかりとギルダは言います。

スポンサーリンク

ノーマンに自分を殺させたくない

自分のことを心配するギルダを抱きしめ、「ごめんね」と謝るエマ。

自分がそっちの道ばかり選んでしまうから、でもこれが自分が自分に納得できる選択だとエマは話します。

さらに今回はそれだけではなく、もうノーマンに自分を殺させたくないとエマは言います。

 

命を捨てよう、断とうとはしていないが、また今も自分達のために心を殺して、全部背負って片をつけようとしている。

 

ノーマンは自分の出荷は、エマ達の脱獄のたの唯一の正解・成功だと思っているようだが、自分もエマも納得していないとレイは言います。

エマも全然成功ではないと言います。

 

みんな頑張ったし、まだ終わってもいないけど、自分達にとってはノーマンを行かせてしまった時点で、あの脱獄は本当の成功ではなかったとエマ。

約束のネバーランド130話

 

同じ思いを二度もしたくない、させたくない、今度こそ「やってみなきゃわからん!」ということをノーマンに証明したいとエマは言います。

ただ、これもやはり自分のワガママなので、その意味でもエマとレイで七つの壁へ行ってきたいと説明します。

 

できるだけ早く、ノーマンに鬼の王族や貴族を殺させる前に戻ってくると言うエマ。

レイも、もしもの時は皆も後悔しない道を選んでくれと伝えます。

 

二人の話を聞いたギルダは、「もしもの時」なんて聞きたくないと言います。

嘘でもいいから、絶対生きて帰ってくると約束してくれと。

 

エマは、嘘はつかないが約束はすると答えます。

何が何でも無事帰ってくると。

 

エマの約束に、ギルダも腹を決めます。

留守は任せて、思う存分行ってらっしゃい!とギルダ。

 

その夜、エマとレイは【読めない文字】の鬼に会いに、七つの壁へ向かいます。

約束のネバーランド130話

 

約束のネバーランド130話の感想

エマは頭がおかしい。

130話でレイが放った言葉ですが、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

ただ、そのあとドンが言っていた、エマの理想も嫌いじゃない。

これにも多くの人が共感できるのではないかなと。

 

【読めない文字】に会うため七つの壁へ向かったエマとレイ。

エマは前にも会いに行ってますが・・・どうやって行くんでしたっけ?

久しぶりなのでかなり忘れているのですが、次号を読めば思い出すと思うので、まぁいいかなと。

 

今度はレイも一緒に行くということで、どのような展開になるのか楽しみです。

 

約束のネバーランド131話のネタバレはコチラになります。

>【約束のネバーランド】131話ネタバレ!女王レグラヴァリマ登場!

スポンサーリンク