【ヒロアカ】221話ネタバレ!ドクターの名前が氏子達磨と判明!




ヒロアカ221話のネタバレになります。

前回、死柄木がドクターを探しているのが判明しましたが、コンタクトが取れず。

そんな時、突然ギガントマキアが現れ、ヴィラン連合でギガントマキアと戦うことに。

ギガントマキアの強さに何もできない死柄木達ですが、ラジオからドクターの声が。

スポンサーリンク

ギガントマキアの忠誠心

ドクターはラジオを使って死柄木に話しかけます。

「お友達も揃っとるようじゃな元気かね?」

 

「ああ」と答える死柄木ですが、1秒後にはミンチにかもとドクターに伝える死柄木。

 

ギガントマキアの強烈な攻撃で、地面ごと吹き飛ばされるヴィラン連合。

受け入れたいのに、こいつを受け入れられないと涙を流すギガントマキア。

 

ドクターはギガントマキアのことを説明します。

 

かつてボディーガードとしてオールフォーワンを支えた男。

オールフォーワンが最も信頼する人間の一人。

尋常ならざる耐久力を持ち、複数”個性”所持に改造なしで適応している。

 

オールマイトに勢力を削がれ、敗北を予感したオールフォーワンはギガントマキアを隠した。

死柄木を拾って数年後の話しで、自身がどうなろうとも、夢を、意志を終わらせないためだとドクターは言います。

 

ドクターの話を聞いた荼毘は、そんな優しいプレゼントには見えないと言います。

ドクターは荼毘に「良い目だ」と答えます。

ギガントマキアは忠誠心が強すぎるあまり、オールフォーワンと死柄木の落差に絶望していると。

 

荼毘は、「気に入って貰えるよう頑張ろうってか?」とギガントマキアを攻撃しますが、ギガントマキアには全く効きません。

ドクターは荼毘に「今は無理だ」と言います。

 

ドクターがラジオからオールフォーワンの録音音声を流すと動きが止まるギガントマキア。

ヒロアカ221話

 

これで落ち着いただろう?と言うドクターに、「要らんぞこんなん」と死柄木。

 

そんな死柄木に、この期に及んでまだ望めば手に入ると思っているのかとドクターは言います。

黒霧と長く居すぎたな、目を覚ませと言うドクターに、「何だよ冷たいな」と死柄木。

 

ドクターは何やら準備をはじめます。

すると、喋っていたトゥワイスが急にゲップをします。

ゲップ汚いとトガちゃんがトゥワイスを注意しますが、そのトガちゃんもゲップを。

 

すると急にトガちゃん含め、ヴィラン連合達の口から黒いものが

ヒロアカ221話

 

神野でオールフォーワンが使った個性ですが、なぜ今この個性が発生したのか誰もわかりません。

 

そしてただただトガちゃんが可愛い!!

スポンサーリンク

ハイエンド脳無を量産

黒いものを使ってヴィラン連合のメンバーを自分の元へ転送させたドクター。

ヒロアカ221話

 

そこにはハイエンドの脳無が量産されています。

ここでも「くさい」と手を振るトガちゃんがかわいい。

ヒロアカ221話

 

ここにある脳無が、これまでのと少し違うという荼毘に、テンションが上がるドクター。

「ほほう、わかるのか差異が!!」

「ほほうほほう、やはり良い目を持っとるよ」

「そうじゃ違うんじゃ、この子らは中位下位とは違うんじゃよ〜〜〜」

「最上位(ハイエンド)じゃよ」

「よりマスターピースに近づいたスーパー脳無じゃ!」

「凄いじゃろう、これまでとは違うんじゃよ!!!」

 

こんなに喋るの!?ってくらい喋ります。

 

死柄木はドクターに頼みがあると言います。

ある”弾”を複製してほしいと言う死柄木ですが

「髪が伸びたな死柄木よ、お父さんたちは元気かね?」

と聞くドクター。

 

死柄木は「ああ」と答えてドクターに近づこうとしますが、「来るな!!」と叫ぶドクター。

 

近寄る時はいつ何時も自分の方からだとドクターは言います。

破ればすぐに元いた場所へ帰しギガントマキアにミンチにしてもらうと。

 

そして所在地が知られたくないため、転送で招いたとドクターは説明します。

スポンサーリンク

ドクターの名前は氏子達磨

ドクターは改めて死柄木以外は初めてかな?と挨拶します。

自分はギガントマキアと同じくオールフォーワンの側近で、氏子達磨(うじこだるま)と名乗りますが、今適当につけた名前だと言います。

 

ドクターは死柄木に、ここに招いたのはオールフォーワンに免じての譲歩だと言います。

自分の命も技術もこのハイエンド達も、全ては偉大なるオールフォーワンに捧げたもの。

死柄木は今まで、そのおこぼれにすがっていたに過ぎない。

 

死柄木を嫌っているわけではなく、自分のためだとドクターは言います。

全てを捧げるに値するかどうか見極めたいと。

 

何もしていない、二十歳そこらの社会のゴミが、自分に何を見せてくれるのだ?と死柄木に問うドクター。

 

死柄木の後ろにいるスピナーも、死柄木の返答に注目します。

 

ヒロアカ221話の感想

ヒロアカ221話で登場したドクター。

まさかこんなに喋るキャラだとは思いませんでした。

そしてドクターの名前が氏子達磨と判明しましたが、今つけた名前ということから本名ではないようです。

おそらくですが、氏子達磨という名前は浸透しないような気が・・・。

 

ドクター自身、この名前に愛着があるような気がしないのと、ドクターの方が呼びやすくてわかりやすいので、みんなドクターと呼ぶような気がします。

なので、もしかしたら氏子達磨という名前は、221話が最初で最後の登場のような気もしてます。

 

今までの中では一番しっかりと登場したドクターですが、思いっきり大人の意見で驚きです。

普通に常識ある大人の意見でしたね。

死柄木の返答が気になるところですが、ここでの死柄木の返答で死柄木が何を考えているのか、どこへ向かっているのかが判明するのでしょうか。

死柄木の回答に期待です!

 

ヒロアカ222話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】222話ネタバレ!死柄木がオールフォーワンから学んだこと

スポンサーリンク