【ヒロアカ】210話ネタバレ!デクと黒いモヤとの関係は!?




ヒロアカ210話のネタバレになります。

A組とB組の試合ですが、遂に最後の試合となりデクが登場します。

爆豪の試合を見て気合が入るデク。

オールマイトはデクの活躍を期待しますが、その時、グラントリノからオールマイトに電話が入ります。

スポンサーリンク

デクに爆豪以上の働きが求められる

デクから歴代ワンフォーオールの夢の話を聞いたオールマイトは、七代目ワンフォーオールの志村菜奈が夢のことに関して何か話していなかったかグラントリノに聞いてました。

そしてグラントリノからその件で電話が入るところから210話は始まります。

ヒロアカ210話

 

どんな内容なのか気になるところですが、場面は変わりA組とB組の試合となります。

 

相手には心操がいることから、会敵したら下手に会話を交わせないため、先にB組全員の位置を把握して有利に立ち回ろうと考えるデク。

ワンフォーオールの不安が全て消えたわけではないが、心操の洗脳には絶対かからないようにと警戒します。

 

デク達のフォーメーションは先程の爆豪達と似ています。

が、索敵係の耳郎がいない分、爆豪達のチーム以上に慎重に動く必要があり、さらに敵を誘い出して位置特定するなら爆豪以上の働きが求められるデク。

 

自分が目立つことで標的になると考えるデク。

1番スピードのある自分をB組は無視できないはず。

B組に攻撃させて全員の居場所を割り出し、お茶子達と連携して敵を捕らえる作戦です。

 

その時、ドラム缶が飛んできます。

さらには女性の叫び声も聞こえます。

声の方を見たデク、その先には物間がいます。

ヒロアカ210話

 

クレバーな人間はデクのような動けて強い人間を警戒しないわけがないと物間は言います。

その一方でクレバーな人間は「さっきの爆豪の強さは他の3人によって引き出された」「先に潰すべきは3人だ」とも考える。

わざわざ目立って居場所を教えてくれたが、自分の仲間が早速3人を見つけたようだと煽る物間。

物間が既に洗脳をコピーしているかもしれないため警戒するデク。

 

物間は続けます。

3対4になっている可能性があり、心操もいるため密なコミュニケーションは取れない。

デクはすぐにでも彼らの元へ駆けつけるべきだと言いますが、すぐさま仮に今の叫び声が心操の声ならまだバレていない3人の居場所を教えてしまうことにもなると。

 

デクは物間の方へ向かっていきます。

そんなデクに物間は「仲間の方を見向きもしないなんて、薄情だな」と言います。

さらに心操とこんな話をしたと言います。

 

「恵まれた人間が世の中をブチ壊す」

「平和の象徴を終わらせた張本人の爆豪はなぜ笑ってられるんだ?」

 

柳の個性”ポルターガイスト”をコピーしている物間は、ボルトなどの小物を浮かせてデクへ攻撃しようとします。

ヒロアカ210話

 

一方のデクも物間へ遠距離攻撃を試みます。

スポンサーリンク

柳・小大・庄田の個性

場面は変わり数秒前のお茶子達3人。

お茶子達3人にはB組の柳、小大、庄田の3人が攻撃します。

 

柳レイ子の個性は”ポルターガイスト”で、身近にあるものを操ることができます。

ヒロアカ210話

 

ただし、動かせるのはヒト一人分程の重量になります。

 

小大唯の個性は”サイズ”で、触れたものの大きさを変えることができます。

ヒロアカ210話

 

生物には適用されません。

 

庄田二連撃の個性は”ツインインパクト”で、打撃を与えた箇所に任意のタイミングでもう一度打撃を発生させられます。

ヒロアカ210話

 

二度目の打撃は数倍の威力になります。

 

柳のポルターガイストで様々な小物が飛んできます。

これを芦戸の個性で防ぎますが

ヒロアカ210話

 

小大の個性”サイズ”で大きさが変えられます。

ヒロアカ210話

 

お茶子が個性”無重力(ゼログラビティ)”で物に触れ無重力にしますが、すぐさま庄田の個性”ツインインパクト”で再び攻撃します。

ヒロアカ210話

 

この攻撃でお茶子たちがどの方向にいるのかおおよそわかったB組は、第二弾を装填します。

 

黒いモヤモヤした男とは?

物間と戦い始めたデクですが、ここで冒頭のオールマイトとグラントリノの電話のシーンに戻ります。

グラントリノはオールマイトに、「残念だがお前がほしいような情報ではない」と言います。

 

これは七代目志村菜奈がワンフォーオールを受け継いですぐの頃だったと話し始めるグラントリノ。

いつものように二人でパトロールをしていた時の軽い会話だと。

その時、志村菜奈は「昨日変な夢を見た」と話します。

黒いモヤモヤした男が目の前に立っており、その男が自分を見て「まだその時ではない」と言ったと。

 

物間に遠距離攻撃を試みたデクですが、再び個性に異変が生じます。

ヒロアカ210話

 

ヒロアカ210話の感想

久しぶりに物間の煽りっぷりを見ましたが、どっからどう見てもヴィランにしか見えないw

デク、物間、心操がメインになるかと思いますが、お茶子や柳もなかなか激しい戦いを見せてくれます。

そして210話ではデクの個性に再び異変が生じます。

黒いモヤの量を見ると異変どころかもう緊急事態といった感じですが、果たしてデクは大丈夫なのでしょうか。

そして七代目志村菜奈が話す黒いモヤモヤの男の「まだその時ではない」とはどのような意味なのか。

さらにまだ登場してない心操も気になるところです。

 

ヒロアカ211話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】211話ネタバレ!デクの個性が暴走してコントロールできない!?

スポンサーリンク