【ヒロアカ】175話ネタバレ!デクとジェントルが早くも遭遇!




ヒロアカ175話のネタバレになります。

175話でいよいよ文化祭当日となるわけですが、どこでジェントルが登場するのかと思っていたら、まさかの文化祭当日の朝でした。

あまりに早い登場に驚きです。

警報が鳴れば文化祭は即中止ですが、デクはジェントルを止めることができるのか!?

スポンサーリンク

文化祭前日

文化祭前日、生徒達は最後まで入念な準備を進めます。

あまり出番がない”ねじれ”

ヒロアカ175話

 

それと発目

ヒロアカ175話

 

発目に関しては出番が少ないわけではないのですが、個人的に好きなキャラなので紹介しましたw

 

便利道具ヤオモモ

1-Aのメンバーは寮に戻ってからも打ち合わせをします。

ただ、明日は朝9時から文化祭が始まることもあり、もう寝ているメンバーもいますが、多くのメンバーが夜11:35時点でまだ起きています。

 

青山を吊り上げるデクは、ロープがほつれていることに気づきます。

上鳴はヤオモモに作ってもらうことを提案しますが、既に寝ているメンバーの一人がヤオモモです。

こちらがヤオモモの寝顔になります。

ヒロアカ175話

 

芦戸はヤオモモを「便利道具扱いしない!」と注意しますが、自分のことは充電器扱いすると言い返す上鳴。

これは確かに上鳴の言う通りだと思いましたw

 

結局、当日朝一にデクがロープを買いに行くこととなりました。

 

発目黒!!

文化祭当日の朝、朝練をするデクの前に登場したのは発目です。

ヒロアカ175話

 

 

黒!!

 

 

本人はクマと垢と言いますが、黒くなるほどってどんだけよw

 

発目はデクにサポートアイテムを渡します。

ヒロアカ175話

 

自分の頃とは違いコンパクトに完成されたサポートアイテムに驚くオールマイト。

デクはこれで”やりたいこと”ができると喜びます。

スポンサーリンク

サポートアイテムを気にいるデク

サポートアイテムに慣れるのに手間取ってしまい、時間ギリギリになるデク。

よほどサポートアイテムが嬉しかったのか付けっ放しで歩く姿が子供のようですw

ヒロアカ175話

 

無事ロープを購入し戻ろうとしたその時、デクはジェントルと遭遇します。

ヒロアカ175話

 

いや、ジェントル不審者だからw

逆に目立つからwww

 

デクがジェントルと遭遇

突然のデクの登場に顔には出さないが驚くジェントル。

人との接触は極力避けなくてはと、足早にデクの前から立ち去ろうとするジェントルですが、驚いた拍子に直前まで一軒家の喫茶店で飲んでいた「ゴールドティップスインペリアル」の名前を出してしまいます。

 

この名前に一軒家が喫茶店か何かなのかなとデクは呟きます。

デクのこのつぶやきに反応してしまうジェントル。

ジェントル

「ゴールドティップスインペリアルが何かを知らなければその発想には至らぬワケだが・・・」

「君、わかる人間かね!?幼いのに素晴らしい!」

引用:ヒロアカ175話

 

デクが紅茶に詳しいわけではなく、たまたまヤオモモが文化祭の練習中に淹れてくれた紅茶がゴールドティップスインペリアルでした。

 

デクは自分ではなく友人が淹れてくれたことを伝えますが、ジェントルの声に聞き覚えがあると感じます。

ジェントルは「そんな高貴な友が・・・」と言いながら、”高貴な友”でエリート高=雄英の生徒と判断します。

 

この声と紅茶の話題、デクは目の前の男がジェントルであることを確信します。

足早にこの場を去ろうとするジェントルに、デクは「待ってください」と呼び止めます。

そしてジェントルに「ルーティーンってやつですか・・・?」と尋ね、ラブラバは心の中で「仕方がないことだから自分を責めないで」とジェントルへ言います。

 

警報が鳴れば文化祭は即中止。

空気が張り詰めます。

ヒロアカ175話

 

ジェントルはラブラバにカメラを回すよう言い、顔の変装を外します。

デクは「もうやめてくれよ」と戦闘体制になります。

ヒロアカ175話

 

まとめ

こんなに早くデクとジェントルが遭遇するとは思いませんでした。

1-Aの出し物まで残り1時間28分とのことなので、確かにこのタイミングで出会わないといけないですね。

175話ではデクとジェントルの探り合いがいいですね。

あの緊張感のある雰囲気、しびれます^^

そしてジェントルの実力も気になりますし、デクの新しいサポートアイテムと新技が早速お披露目となるのでしょうか。

 

ヒロアカ176話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】176話ネタバレ!デクが新技エアフォース(空気砲)を披露!

スポンサーリンク

関連記事