【ヒロアカ】209話ネタバレ!デクがかっちゃんの強さに刺激を受ける




ヒロアカ209話のネタバレになります。

前回、かっちゃん(爆豪)の成長により無傷でB組を倒したA組。

かっちゃんの成長には耳郎達チームメイトだけではなく他の生徒も驚きます。

そしてそんなかっちゃんの強さにデクも刺激を受けます。

いよいよ最後の試合となりますが、勝負の行方は!?

スポンサーリンク

かっちゃんの強さに刺激を受けるデク

わずか5分足らずで勝利したA組。

しかも4-0の無傷です。

ヒロアカ209話

 

これには他の生徒だけではなく、オールマイトも「震えたよ!」と言いますが、「風邪でもひいてんじゃねーの」と相変わらずのかっちゃん。

 

デクもかっちゃんに近寄り声を掛けますが、「どけカス!」と叫ぶかっちゃん。

「進行方向にいないけど・・・」と正論で返すデクw

 

自分はデクには追いつけない速度で「進んでいる」とかっちゃんは言い、「超えるよ!」とデクも負けてません。

そんなデクに、「てめーには絶対超えられねぇよボケゴミカスが!」とかっちゃんは罵声を浴びせますが、「見ててよ」と堂々と答えるデク。

 

そんな二人のやりとりに「いい幼馴染をもった」とオールマイトは言います。

ただし、その後小声で「あの悪口さえなければ」とw

 

「確かに」と思いながらも、あの悪口も含めて”かっちゃん”ですけどね。

 

心操がデクを止める!?

自分たちが負けたことでA組2勝1敗1分、B組1勝2敗1分となり、最後の試合で勝利してもB組が勝てなくなったことを謝る取蔭切奈(とかげせつな)ですが、気にしていない様子の物間。

未熟だった同胞が省みて成長している「いいこと」だと言います。

 

B組の勝利は消えたが、まだ負けてはいないし、なにより自分は「わかって欲しい」だけだと物間。

何のトラブルも起こさない真面目な者と、悪目立ちして不相応な注目を浴びる者、どちらが正しいのかを。

誰もが他人の人生の脇役であり、自分の人生の主役だと物間は言います。

 

ここでB組は作戦を確認します。

前の試合の取蔭切奈(とかげせつな)と同様の形がよいと考えられ、バランス的には取蔭切奈(とかげせつな)達と自分達は類似したチーム。

テクニカルな”個性”の持ち主が揃っていて、身を隠したままの攻撃手段が豊富。

そして何よりこちらは心操がいるので5人。

白兵戦を仕掛けるメリットがないと。

 

ただし、かっちゃん達の戦いを見るとデクの存在がこわいとの声も出ます。

機動力と戦闘力でいえばかっちゃんと同等かそれ以上、最近になって遠距離も習得。

こっちがちょっとでもほころんだらデクに突破される可能性があると。

 

このことからデクを最優先で捕獲する方向で決定しますが、デクには洗脳を自力を解かれていると心操。

物間の力と合わせれば抑えることは可能だと心操は言いますが、アテにされすぎるとこわいと冷静な物間。

自分の方は「スカ」の可能性があると物間は言います。

なんにせよ動きを止めなくてははじまらないため、「頼むぜ」と心操の洗脳に期待します。

スポンサーリンク

気合が入るデク

A組最後のチームはデク、お茶子、芦戸、峰田の4人です。

このチームの特徴は、浮かす、溶かす、くっつける。

ヒロアカ209話

 

完全に不利w

 

この不利な状況を嘆く3人。

B組を先に見つけて罠にはめる必要があり、その囮役にデクがなる作戦です。

 

個性が変かもと言っていたデクを心配する芦戸ですが、問題ないとデクは答えます。

かっちゃん達の試合を見せられたら、B組は自分を警戒すると思うのでいつも以上に動く必要があるとデク。

デクが頼りとなるため「大丈夫かよ」と心配そうな峰田ですが

 

ヒロアカ209話

 

堂々と「大丈夫、絶対勝てる」と言い切るデクに、「前はもっとキョドってたのに」と寂しそうな峰田。

 

そしていよいよA組とB組の最後の試合が始まります。

 

 

ヒロアカ209話はここで終わりかと思われましたが、最後にオール・フォー・ワンが登場します。

登場と言っても現在も完全拘束の状態ですが、オール・フォー・ワンのシンパはヴィラン連合だけではなくどれだけ潜伏しているのかわからず、今は下手に刺激をしなほうが良いとの判断で刑が確定されず、執行も出来ない状態です。

 

そんなオール・フォー・ワンですが、拘束された状態にもかかわらず、おまりにの懐かしさに体が疼き「動いて」しまったと言います。

オール・フォー・ワンが言う懐かしさとは、「弟の声」がするとのことです。

 

拘束された状態なので立ち上がったり歩いたりするのは不可能ですが、それでも収容所内にはオール・フォー・ワンが「動いた」ことによるビープ音が鳴り響いています。

しかも看守によると昨日から「何回目だ」とのこと。

 

オール・フォー・ワンが言う「弟の声」とは!?

 

ヒロアカ209話の感想

前回はかっちゃんの成長に驚きましたが、209話ではデクの堂々とした姿に驚きました。

ただ、デクに関してはこれまで何度も死闘を経験してきたわけなので、成長していて当たり前といえば当たり前ですが、峰田が言うようにちょっと寂しいものもあります。

心操と戦うことで、歴代のワンフォーオールの面影を再び見ることになるのでしょうか。

そして久々に登場したオール・フォー・ワン。

オール・フォー・ワンの「弟の声」という意味深な発言は、デクにどのような影響を及ぼすのかも見ものです。

 

ヒロアカ210話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】210話ネタバレ!デクと黒いモヤとの関係は!?

スポンサーリンク