【ヒロアカ】215話ネタバレ!デクが2つめの個性を使いこなす?




ヒロアカ215話のネタバレになります。

心操と対峙したデクは、新たな個性である黒鞭を見事に使いこなします。

このままデクは2つめの個性を使いこなすのでしょうか?

スポンサーリンク

デクが2つめの個性を使いこなす?

ここ最近、デクの個性であるワンフォーオールが暴走気味でしたが、先代継承者からこれから6つの個性が発現することを聞き、そして最後には激励をされたデク。

力に対する恐怖はもうなく、この力は味方。

 

オールマイトに言ってもらえた言葉を思い出すデク。

 

「君はヒーローになれる」

 

オールマイトと過ごした海浜公園での特訓。

 

心を制すること、自分の原点を思い出すだけで、いつだって何でも出来る気がしてくるとデク。

見事に2つめの個性である黒鞭を使いこなしています。

 

再びデクから黒いのが出たことに警戒するB組担任のブラド先生ですが、オールマイトは「待って!」と言います。

先程とは明らかに違うとオールマイト。

お茶子の個性に頼ったのは恐らく力に集中するためだと説明します。

そして、「この数分になにがあったのだ少年」と、デクの成長に驚きます。

 

個性を制御しているデクに、さっきの大暴れはブラフかよと心操。

自分の気持を返して欲しいねと言います。

 

しかし、2つめの個性を使いこなしていたかに見えたデクですが、突然黒いのが消えます。

ヒロアカ215話

 

一瞬で消えた2つめの個性。

そして内側から痺れるような痛み。

 

デクは先代継承者から言われた、「自分の頃より大幅に強化されている」との言葉を思い出します。

伸びた”個性”に身体が伴っていなことを理解するデク。

瞬間最大出力20%で扱える力ではないと体感で理解します。

この力はもっと先にある力で、完全にワンフォーオールを扱えるようになってはじめて使える力だと。

 

この隙に逃げる心操。

今の状況では洗脳にはかからないため距離を取ろうとする心操。

せっかく物間がつくってくれた隙、このまま終わらせはしないと奮起します。

 

デクは逃げる心操に、ブレが出やすい遠距離攻撃のエアフォースでは暴発が恐いと考えます。

そしてワンフォーオール8%で心操を追いかけます。

スポンサーリンク

物間のコピーは残る?

物間を拘束したお茶子は檻へと運びます。

物間はコピーした個性、ポルターガイストでお茶子を攻撃しますが当たりません。

 

戦いはじめてそろそろ5分が経過。

物間のコピーは5分間とお茶子は計算しますが、5分の振りをして実は10分に伸びてて、急襲しかけたらお茶子一人で自分に勝てるのかと物間は聞きますが、無言で「やれる」と拳を作るお茶子。

コピーした心操の洗脳も警戒しているお茶子に残念そうな物間。

 

物間は自分のコピー数が幾つか知っているかお茶子に聞きます。

お茶子は物間が3つの時計をつけていることから、指で3と答えます。

  • 柳の「ポルターガイスト」
  • 小大の「サイズ」
  • 心操の「洗脳」

 

この3つをコピーしていると予想するお茶子は、そのまま物間を檻へ入れようとします。

 

物間は3つの振りして実は4つに伸びていたらどうするのかとお茶子に聞きます。

コピーできる個性にも色々あり、同時発動はできないが効果が残るものもあると。

人体に直接影響するもの以外は割と残ると物間は言います。

 

例えば、小大の個性であるサイズ。

ナットを大きくしてから他の”個性”を発動してもナットは大きいままと説明する物間。

お茶子はよく理解できないまま物間を檻へ入れます。

 

檻へ入れられた物間は

 

「脇役なりの最後っ屁」

 

と言います。

 

A組が勝利か?

物間を檻へ入れたお茶子は、乱戦の場へと急いで向かいます。

心操はまともにデクとやりあっては勝てないため、自分の”得意”に持ち込もうとします。

 

心操の”得意”とは、乱戦の場です。

乱戦時での心操の圧は鎖のように場を縛る。

この乱戦の場にデクを巻き込もうと誘導しますが、デクが心操に追いつきます。

 

このままデクが心操を捕まえるかと思われましたが、ここで物間の残っていた個性が発動します。

ヒロアカ215話

 

物間の残っていた個性はツインインパクト。

衝撃を与えた箇所にもう一度更に強い衝撃を与える。

 

デクに攻撃した際、瞬時に庄田の個性を発動していた物間。

物間は檻の中から先に捕まったことを心操に謝ります。

そしてツインインパクトで「隙ができたかなぁ」と心配します。

ヒロアカ215話

 

乱戦の状況はB組が優勢で峰田が捕まります。

残るは芦戸のみとなり厳しい状況。

デクの方も心操に距離を取られたことでB組優位。

 

デクは壁を蹴り一気に心操との距離をつめます。

操縛布でデクを捕らえようとする心操ですが、逆に操縛布を掴み心操を引き寄せるデク。

 

デクはお茶子に、物間を檻へ入れたあとは、芦戸と峰田の元へ行くよう指示していました。

自分は心操の懐に潜るため大丈夫。

自分のことは気にしなくていいと。

 

乱戦の場に駆けつけたお茶子は、背後から柳の首元への手刀で気絶させます。

さらに小大を峰田の”もぎもぎ”にくっつけて動きを封じます。

 

小大と柳の心配をする庄田。

そんな庄田に強烈なアッパーを食らわす芦戸。

デクも心操を捕らえA組勝利か?といった展開です。

 

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ215話の感想

デクが早くも2つめの個性を使いこなせたように見えましたが、さすがにまだダメでしたね。

ただ、少し使っただけでも強力そうな感じがしました。

今後のデクの成長が楽しみです。

 

A組とB組の試合ですが、お茶子の成長が著しいですね。

事前にデクから指示があったとはいえ、難なく完璧にこなしている姿に驚きました。

デクの暴走を止めたのもお茶子でしたし、この試合のMVPは間違いなくお茶子でしょ。

 

B組では地味に物間がいい奴でした。

これまで嫌味な印象しかありませんでしたが、心操との友情のようなものも見えましたしね。

なにより、あの物間が心操の心配をする姿にちょっと感動しました。

 

そして物間の個性ですが、組み合わせ次第で相当強くなるなと感じました。

ヒロアカを読みはじめて結構な時間が経過しますが、今回はじめて物間の今後が楽しみになりましたw

 

ヒロアカ216話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】216話ネタバレ!心操のヒーロー科編入がほぼ確定

スポンサーリンク