【ヒロアカ】211話ネタバレ!デクの個性が暴走してコントロールできない!?




ヒロアカ211話のネタバレになります。

前回、突如デクの右腕から溢れ出した黒いモヤ。

個性をコントロールできていない様子のデクでしたが、211話ではその個性が完全に暴走します。

もう試合どころでは無い感じですが・・・。

スポンサーリンク

スーパーヒーローはになれない個性

ヒロアカ211話は試合前の回想シーンからはじまります。

 

「その個性じゃスーパーヒーローにはなれないね」

 

物間が昔から言われてきた言葉です。

 

一人では何もできない。

そんなヒーローがいてたまるかと。

 

物間の話を聞いた心操は、「何の話?」と聞きます。

「出来ないことを知ってるって話さ」と答える物間。

 

物間は心操のことを気に入っていると伝えます。

併せ呑まないと生き残れない同じタイプだと物間は言いますが、「やだな」と心操は答えます。

 

物間は「でも事実さ!」と言い、体育祭でデクを洗脳した時、どうやって口を開かせたのかを聞く物間。

当時、デクのことを知らなかった心操は、クラスメイトを貶すことでデクの口を開かせたと言います。

 

心操の話を聞いた物間は、自分達はヒーローになるためにヒーローらしからぬ立ち回りをしなくてはならない。

そうしないと”何でも出来る”力には敵わない。

憧れとは似ても似つかないと言います。

 

そして心操に「こんな感覚ない?」と聞きます。

「幼い頃に描いた夢や希望が段々と重荷になっていく、まるで呪いのように」

 

ここで回想シーンは終了します。

スポンサーリンク

デクの個性が暴走してコントロール不能

デクと対峙する物間。

完全に個性が暴走しているデクですが

ヒロアカ211話

 

物間は「まーた知らない力か、嫌になる」と言い、どうやらデクが成長しようとしていると思っているようです。

 

自分でも何がどうなっているのかわからないデク。

個性を全くコントロールできていない状況です。

 

デクは「逃げて!!」と言いますが、暴走した個性は攻撃をはじめます。

ヒロアカ211話

 

他の生徒達も「新技」と思っているようです。

 

個性が暴走しコントロールできないデクは、心操にも逃げるよう言います。

ヒロアカ211話

 

力が抑えられない、溢れると苦しそうなデク。

 

心操の洗脳を人のために使う!?

デクの個性はどんどん暴走し、仲間のお茶子達にも攻撃をします。

さらには黒いモヤに引っ張られるような形で完全にコントロール不能になります。

ヒロアカ211話

 

オールマイトはデクの様子がおかしいため、相澤先生とブラド先生に止めたほうがいいと伝えます。

 

個性が暴走し続けるデク。

必死に止めようとしますが止まりません。

ヒロアカ211話

 

憧れのオールマイトから譲渡してもらえ、大怪我しながら、わからないことだらけでもようやくモノになってきた個性。

これからだというのに、もう誰にも心配させたくないのに、必死に個性を止めようとするデク。

 

その時、お茶子がデクに抱きつきます。

ヒロアカ211話

 

そして心操の名前を叫ぶお茶子。

 

これは、心操の洗脳でデクを操り個性の暴走をコントロールするということでしょうか。

 

ヒロアカ211話の感想

A組とB組の最後の試合ですが、もう試合どころでは無くなってますね。

デクの個性であるワンフォーオールが完全に暴走しています。

そしてこの暴走を止めるのが心操の個性”洗脳”となりそうな感じです。

今まで人を操るというイメージがあまり良くなかった心操の個性ですが、人を救うための洗脳となるのでしょうか。

心操のヒーローらしい個性の使い方に期待です。

 

ヒロアカ212話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】212話ネタバレ!先代継承者のハゲはオネエキャラ!?

スポンサーリンク