【ヒロアカ】192話ネタバレ!荼毘の正体は轟燈矢?




ヒロアカ192話のネタバレになります。

前回、ホークスが二重スパイ(逆スパイ?)であることが判明し、荼毘が轟家と関係があるような描写で終了しましたが、192話ではホークスの過去が判明し、荼毘が轟家の長男、轟燈矢と思われる内容になっています。

これまであまり描かれなかった轟家ですが、192話で母親の冷以外が全員揃います。

家族団らんとはいきませんが、少しづつ前進しはじめたといった感じです。

このまま轟家の過去も判明していくのかと思いきや、192話の最後はワンフォーオールの過去で終了となります。

轟家の過去も気になるところですが、ワンフォーオール過去も気になりますね。

スポンサーリンク

エンデヴァーは無事だった

ハイエンド(脳無)との戦いから2日が経過し、手術とリカバリーガールの”治癒”により一命をとりとめたエンデヴァー。

左目は残りましたが顔には大きな傷跡が。

ヒロアカ192話

 

ミルコはあの後再び”跳んで”行ったとのことですが、これはなにかの伏線でしょうか?

前回、ホークスの二重スパイ(逆スパイ)が判明してから、全ての描写が意味深に思えてしまいますw

実はこのあと姿を消したミルコもヴィラン連合と密会していた!?的な。

 

ただ、この時ミルコは

「連合ムカつくな!コスい手ばっかで!」

「ちょっと探してくる」

 

と言っているので、単にじっとしれられない性格なんでしょうね。

見た目もそんな感じだし。

そもそも”コスい”という言葉を使う人間がスパイなんてことをすると思えないw

 

ホークスはエンデヴァーに「自分のせいで」と謝罪しますが、自分の怪我は自分の責任だとエンデヴァーは言います。

それよりもエンデヴァーが気にしているのは、自分達が到着したその日に脳無が真っ直ぐエンデヴァーとホークスを狙いにきたことが偶然だったのだろうかと考えます。

 

新トップ2が駅前歩いてれば目立つし、ワンチャン狙ってた敵の目についたんじゃないかとホークスは言いますが、心の中では前日に存在をチラつかせたのは言い訳づくりのためで、ヴィランと通じていることは極秘事項であることに悲しい気持ちになります。

 

さらにホークスは”脳無の噂”自体がヒーロー狩りの撒き餌の可能性もあるため、連合捜索チームに連絡をつける必要があると言いますが、エンデヴァーは気をつけろと忠告します。

今後もその調査を続けるのなら、あれクラスが現れても対抗できるよう協力を仰いだほうが良いと。

 

おそらくもう1日程度で羽が生え揃うので、ちゃんと生え揃ったらまた活動再開するというホークスは、九州を後にするエンデヴァーを見送ります。

スポンサーリンク

ホークスの過去

エンデヴァーを見送るホークスは、自分がスパイになった日のことを回想します。

スパイ活動が本当に必要なのかと聞くホークスに、ヒーロー協会の人間と思われる女性は「だからこその提案」と答えます。

表と裏から追いつめることで確実に退路を断つと女性は言いますが、「断れない」とわかった上で「提案」という言い方をすることに人が悪いと苦笑いのホークス。

女性は否定はしないと答え、さらに神野でホークスが都合がつかなかったのは幸いだったと。

 

ここで女性とホークスが初めて出会った日の回想シーンとなります。

トラックと乗用車の130キロでの衝突事故。

大事故ですが1人の子供が乗客達を助けます。

この子供がホークスでした。

ヒロアカ192話

 

手にはエンデヴァーの人形を持っているのでファンだったんですね。

 

女性は子供のホークスに、天賦の才があるのを認めヒーローになるべき人間だと。

そして、今後ホークスの家族ごと全面支援すると言います。

 

子供の頃の回想は終了し、ホークスは自分が汚れて皆が安心できるようになるのなら喜んで引き受けるとスパイ活動の提案を受けます。

自分はホークス、速すぎる男。

ヒーローが暇を持て余す社会を必ず手に入れてやる。

自分の出せる最高速度でと決意するホークス。

 

どうやら家族を支援してもらっているのが、ホークスが断れなかった理由のようですね。

 

荼毘の正体は轟燈矢?

自宅に戻ったエンデヴァー。

冬美、夏雄、焦凍の3人がもり蕎麦を食べています。

焦凍に関してはわざわざ外出許可をもらい、相澤先生が同伴したようですが、遠慮して家には上がっていないようです。

外で待つ相澤先生ですが、猫好きなので野良猫を手招きしますが猫に威嚇されてますw

ヒロアカ192話

 

エンデヴァーに傷跡が凄いと話しかける焦凍ですが、蕎麦をすする手が止まらない焦凍。

夏雄は無言で蕎麦をすすります。

二人が「ずぞー」と蕎麦をすすってる姿がシュールw

 

冬美は二人に「おつかれ」くらい言いなさい、今日は労おうって約束でしょと言いますが、「ぞぞぞぞぞ」と無言で蕎麦をすする2人。

無言で蕎麦をすするのですが、視線はエンデヴァーに向いてる2人。

めちゃくちゃシュールw

 

せっかくお父さんが家族を顧みようとしはじめているのだから、嫌いだからって顔に出しすぎだと冬美は言いますが、自分にはやっぱり無理だと夏雄は言います。

そしてその場を後にしようとしますが、エンデヴァーは夏雄に「言いたいことがあるなら言え」と言います。

目を合わせたこともないのに急に「言え」とよく言えるなと夏雄は答えます。

 

エンデヴァーが自分達”失敗作”と焦凍を関わらせなかったから、焦凍が蕎麦好きだと初めて知ったと夏雄は言います。

母親も姉もなぜかエンデヴァーを許す流れだが、変わったようで全然変わっていないエンデヴァーは、自分の中ではイカレ野郎絶賛継続中だと夏雄。

 

失敗作の自分達は放ったらかし、聞こえてくる母親の悲鳴、焦凍の鳴き声、燈矢兄さんのことも・・・。

強敵倒したところで心から消えるはずがない。

勝手に心変わりして、一方的により戻そうとする姿が気持ち悪いと叫ぶ夏雄。

エンデヴァーは、これから向き合い償うつもりだといいますが、「あっそ!!」と叫んで立ち去る夏雄。

 

夏雄から「燈矢」の名前が登場しました。

燈矢に関しては全く情報がない状況ですが、この燈矢が荼毘ではないかと思っているのですが、ちょっと情報が少なすぎてなんとも言えないところではあります。

スポンサーリンク

“見ろや君”の元ネタは・・・

焦凍が雄英に入り、母親に会うようになり、父親も歩み寄り、母親も笑うようになり、自分も家族になれるんだと嬉しかったが、やっぱりダメだったと悲しむ冬美。

そんな冬美に焦凍は、夏兄があんなに感情をむき出しにするところを初めて見たと言います。

相変わらず蕎麦をすすっている焦凍。

どんだけ蕎麦好きやねんw

 

テレビではエンデヴァーと脳無の戦いを振り返り、NO.1があんなに辛勝で大丈夫なのかとの街の声が紹介されています。

他にも、連合をまた取り逃がした、脳無はいっぱい捕まえているのにそのレベルの敵に苦しめられてと、不安の声が続きます。

 

そんななか、今自分達のために体を張っている男は誰だと叫んでいた少年の姿が放送されます。

ヒロアカ192話

 

この少年、”見ろや君”の愛称で話題となっているようで、見ろや君グッズも作成されているようです。

ヒロアカ192話

 

これは完全に・・・大迫半端ないって・・・・。

 

舞台も九州だったし・・・間違いなく半端ないって・・・堀越先生半端ないって・・・。

 

償いを返そうとするエンデヴァー

“見ろや君”の叫びは多くの心をエンデヴァーへと引き寄せたとテレビでは放送されます。

焦凍はテレビを見ながら、ヒーローとしてのエンデヴァーは凄かった、凄い奴だが、夏雄が言ったとおりだとも思うと。

 

エンデヴァーが母親をイジメたことはまだ許せないが、父親としてこれからどうなっていくのか見たいと焦凍は言います。

さらに、ちょっとしたキッカケが人を変えることもあることを自分は知っていると、凄くいいセリフを言う焦凍ですが、蕎麦をすする手が止まりません。

 

この場を後にしようとするエンデヴァーに、冬美はどこに行くのか聞きます。

エンデヴァーは冬美に、今まですまなかったと謝罪します。

そして、夏雄にかける言葉を間違えたと夏雄の元へ向かうエンデヴァー。

今更でも償いを返す他に道はないと決意しています。

 

轟家が少しづつ前へ向き始め、家族が一つになろうとしていますが、燈矢の存在が気になるところですね。

おそらく荼毘だと思うのですが、過去に何があったのか早く知りたいところです。

 

それにしても、ヒロアカ192話の前半は、焦凍が蕎麦をすする音がずっと鳴っていた印象です。

実際にはそこまで描写はないかと思いますが、あまりにも印象が強くてずっと登場していたような気になってしまいます。

まさか焦凍がここまで蕎麦好きとは思いませんでしたw

 

デクの夢にワンフォーオールの面影

この日の夜、デクは基礎体力訓練のあとにワン・フォー・オールの修行をして風呂にも入らず倒れるように眠りました。

そしてデクは夢を見るのですが、その夢では黒いモヤに包まれるデク。

ヒロアカ192話

 

デクの隣には七代目の志村菜奈がおり、その奥には歴代のワンフォーオールの姿も。

もちろんデクは志村菜奈含め歴代のワンフォーオールの顔を見ても誰だかわかりません。

さらには初代ワンフォーオールの面影も。

 

初代ワンフォーオールは兄であるオールフォーワンと対峙しています。

オールフォーワンは、何故坑がうのだと弟ワンフォーオールに聞きます。

ワンフォーオールは、兄であるオールフォーワンが間違っているから、許してはいけないからだと答えます。

 

まとめ

ヒロアカ192話は轟家が前に進み始めた感じが非常に印象に残りました。

と同時に、燈矢の正体が荼毘ではないかとの思いも強まりました。

 

前回の終わりが荼毘と轟家に何か関係があるような感じだったので余計に思ってしまいました。

今後、轟家の過去を語る上では燈矢の存在は避けては通れないでしょうし、おそらく燈矢を語るとなると荼毘の存在も無視できないのではと勝手に思ってますが、なんにせよ轟家の闇の部分はこれから明らかになるのかなと。

 

まだまだ気になることがいっぱいの轟家ですが、デクの夢に出てきた初代ワンフォーオールも気になるところですね。

次回は初代ワンフォーオールと兄であるオールフォーワンの兄弟喧嘩がメインの話となるのでしょうか。

 

ヒロアカ193話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】193話ネタバレ!デク覚醒!?腕には謎のアザが

スポンサーリンク