【ヒロアカ】240話ネタバレ!ヴィラン連合が超常解放戦線に改名

ヒロアカ240話のネタバレになります。

前回、死柄木が勝利したことで、ヴィラン連合と異能解放軍の戦いが終わりました。

240話では異能解放軍と融合することで、超常解放戦線と改名したヴィラン連合。

組織としての力も得た死柄木、この状況にスパイのホークスは焦ります。

眼帯のトガヒミコ

ヴィラン連合と異能解放軍の戦いから一週間が経過。

 

平穏な街で起きた悲劇、犯人はヒーローに恨みを持った20名の男女グループ(目撃者談)

計画的犯行と見られ、偽の情報でヒーローを街の外へ誘導し、街を襲撃。

突然の災禍に見舞われた泥花市民が結託し抗戦。

ヒーロー達も合流し戦闘、泥花市民に多くの犠牲者を出しながら最終的に犯人グループ20名全員死亡。

 

尚、泥花市にはデトラネット社代表取締役社長、四ツ橋力也氏も居合わせており、両脚切断の重症を負うも一命をとりとめる。

 

「訓練を受けていない一般市民の”個性”行使が被害拡大を招いた」とされる一方、世間では住民たちの行動を英雄視する声が止まない。

不明な点が多く、捜査は続いている。

 

美味しそうに寿司を食べるヴィラン連合の面々。

荼毘は魚が嫌いとのことで食べていません。

 

トゥワイスはトガちゃんの遺影を前に涙を流しますが、後には眼帯をしたトガちゃんの姿が。

ヒロアカ240話

 

トガ

「それ、やめてください、私が生きてるので嫌です」

 

遺影を蹴り飛ばすトゥワイス。

「人の嫌がる事はやめましょう」

「ああ〜!足が勝手に!何してんだ足!」

「ボクわるい子・・・ぶたないで」

「ええ!?何言ってんだ俺は!?」

 

一人騒いでいるトゥワイスを見て荼毘は言います。

「克服したんじゃねぇのか、増えてねぇか?」

 

スピナー

「無理矢理な療法は却って悪化するらしい」

 

その時、異能解放軍の近属(スケプティック)が現れて言います。

「時間だ、来い」

 

トゥワイス

「うるせー まだ寿司食ってるでしょーが!!」

 

近属はネチネチ言います。

「だいたい、その寿司はウチの金で買ったモノだが?治療も映像編集もトガのコートも全てウチからの提供であってだな」

 

トゥワイス

「ああ〜?病院にいるハズのハゲがこのアジトにいるのは誰のおかげだっけ!?」

 

近属をとめる花畑

「やめましょうスケプティック」

「最高指ど・・・リ・デストロがお決めになられた方たちです」

「リ・デストロの御言葉は依然、デストロの御言葉に変わりありません」

超常解放戦線に改名

皆の前で熱弁を振るうリ・デストロ

「解放戦士諸君!リ・デストロである!」

「これより、異能解放軍は生まれ変わる!!」

ヒロアカ240話

 

隣には顔に手を付けた死柄木が座っています。

死柄木が付けていた家族の手ですが、全て崩壊したと思われましたが1つだけ残っていました。

あの中で原型留めていたのは奇跡だとスピナーは言い、トガちゃんは「トレードマークにする気ですね」と。

 

リ・デストロ

「デストロの遺志を世に啓蒙するにあたって、連合の存在は障壁であると!私はあの日まで!そう信じて疑わなかった」

「私の眼はあまりに狭窄であった」

「血に捉われ!教えに縛られた私はあそこで真の解放を見た、これは降伏ではない!」

「この死柄木弔こそが真の解放者であると!畏敬の念に打たれたものであり、必然の譲位である」

 

リ・デストロの熱弁は続きます。

「今より解放軍は死柄木弔を最高指導者とし再臨を果たす!」

「より深化した解放の道を辿るにあたり、異能解放軍及びヴィラン連合は融合し新たな名を冠する!」

「考案は私リ・デストロと連合スピナー!さぁ!その名を!死柄木弔!」

 

リ・デストロがそう言うと、死柄木は新たな名を言います。

「超常解放戦線」

 

そしてヴィラン連合の面々が壇上に登場。

ヒロアカ240話

 

死柄木

「”敵”の名を排し”異能”の枠組みを更に広く解釈できるものとした」

「又、壇上の9名を行動隊長に任命し、傾向別に部隊編成を行う」

 

死柄木は顔の手を外しながら言います。

「まぁ・・・名前なんて”これ”と同じ飾りだ」

「好きにやろう」

 

歓声に包まれる会場。

 

会場の熱気に「遅かった・・・!」と焦るホークス。

 

ホークスは荼毘との話がすんなりとまとまったことを思い出します。

大きなバックを荼毘に渡すホークス。

ホークスは荼毘に聞きます。

「泥花市で何があった?おまえたちだろ」

 

荼毘

「・・・とっとと連合を捕まえてりゃ、市民が死ぬことなかったかもなぁ」

 

ホークスから渡されたバッグを開ける荼毘。

中にはベストジーニストっぽい人物の死体が。

 

荼毘

「ハッ、これが本物かどうかはともかく、おまえは人を一人殺したってわけだ」

 

回想が終わり、ホークスは考えます。

(一つの意志のもとに統率された兵隊、ネットワークを掌握するFGI社、業界に深く関わりのあるデトラネット社、そして恐らく、まだあと数体はいるであろうハイエンド脳無)

(やろうと思えばいくらでも・・・死柄木・・・)

(このヒーロー溢れる超人社会で、死柄木はヒーローたちと同等かそれ以上の力を持ってしまった)

ホークスに死亡フラグ!?

壇上から降りた死柄木達。

手から煙が出る勢いでゴマをするリ・デストロ。

 

そんなリ・デストロに死柄木は一言

「失せろ」

 

リ・デストロは「喜んで!」と答え、嬉しそうに花畑に「失せるぞ」と言います。

そんなリ・デストロの姿を「見たくなかった」と考える花畑。

 

スピナーはリ・デストロに「ああやってのし上がってきたんかな」と感じます。

 

バランスを崩し両膝を地面につく死柄木。

スピナーは死柄木の体を心配します。

コンプレスも、生きてるのが奇跡レベルのダメージだと言います。

 

その時、ドクターから死柄木に連絡が入ります。

「仰々しい名前じゃのう、まぁ敵連合なんちうチープな名よりはいいか」

 

死柄木はドクターに言います。

「マキアは従った、あんたの言ってた”最低限の格”はついたと思うぜ」

 

ドクター

「記憶も戻り、”個性”も含め本来のおまえに戻った」

「約束通り、力を授けよう」

「おまえがそれを望むなら」

 

そう言いながらも、その前にやってほしいことがあるとドクター。

死柄木に「あるものを運んでほしい」と頼みます。

 

スパイとして潜入しているホークスは気さくに解放戦士達と談笑しています。

解放戦士達はホークスがこの場にいることに驚きます。

荼毘はホークスを呼び、ホークスも「皆に紹介頼むよ」と言います。

 

ホークス

(まだだ、まだ奥に後ろ盾がいる・・・!全貌をつき止め、一刻も速くエンデヴァーさん達に!)

(さぁホークス!ここからは遅れを取れば日本が終わるぞ)

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ヒロアカのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでヒロアカの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにヒロアカのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

電子書籍

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ヒロアカ240話の感想

ヴィラン連合が超常解放戦線に改名しましたが、ドクターの言う通り仰々しい名前になりましたね。

スピナーと四ツ橋が考えたとのことで、なんとなく納得してしまいました。

ここに常闇が絡むともっと仰々しくなってたでしょうね。

 

巨大な力を手に入れた死柄木。

スパイとして潜入しているホークスは、全貌を突き止めるため暗躍していますが、ちょっと焦っている感があります。

これは、ホークスに死亡フラグが立っているということでしょうか?

 

ヒロアカ241話のネタバレはコチラになります。

>【ヒロアカ】241話ネタバレ!インターンが再開!?