【ブラクロ】305話ネタバレ!ランギルスがユノを副団長として認める

【ブラクロ】305話ネタバレ

ブラクロ305話のネタバレになります。

ゼノンと戦うユノとランギルス。

ユノは、「ランギルスさん・・・3分くれ・・・!次の一撃で決める」と、言いますが・・・。

 

前回のブラクロ304話のネタバレはコチラになります。

>【ブラクロ】304話ネタバレ!ミモザの回復魔法が皆を助ける

クローバー王国最強の魔道士

ユノは考えます。

(ヤツを屠(ほふ)る魔法はある、ただ魔力を貯める時間がいる・・・攻撃を捌きながらではまず撃てない・・・)

 

ランギルスも考えます。

(ゼノンを倒すには、自分が囮になってユノを守るしかない・・・!)

 

しかし、ユノの助けを受け、ようやくゼノンの攻撃をかわせるランギルス。

3分もの時間を稼ぐことなど不可能な状況ですが、それでもやるしかないとユノとランギルスは腹を決めます。

 

ユノ

「クローバー王国最強の空間魔道士なんですから、そろそろ見えてきたんじゃないですか・・・?」

「まさかこのままやられっぱなしじゃないでしょう?」

 

ゼノンは骨のムチのようなもので二人を攻撃します。

ランギルスがユノを副団長として認める

ゼノンの「絶対空間」”空魔掌握”の中では、大抵の者が魔法を使うことすら許されない。

魔法を使うことが可能なのは、同格の魔力を持つ者、ユノのようにマナに愛され支配を抜け出した者、そして、マナゾーンに到った空間魔道士。

 

ゼノンの「絶対空間」の中に小さな自分の空間を作り出すランギルス。

ユノは言います。

「やれば出来るじゃないですか・・・流石です・・・!」

 

ランギルス

「まったく・・・憎ったらしい後輩だね、本当に・・・!」

 

ランギルスはユノが入団した頃を思い出します。

(入団した時から生意気で不遜で、それに見合うだけの実力は持つ後輩・・・今思えば同族嫌悪をいうやつかな)

(ただ到底負ける気はなかった、君なんかじゃ僕を超えることなんてできやしないと)

 

骨のムチを増やし、追撃するゼノン。

ゼノンの魔力が桁違いのため、長くは持たないことを理解しているランギルス。

 

ランギルスは考えます。

(そう、僕の空間魔法は無敵だった、僕が頑張ればそれで済む、僕がいれば僕の団は最強だ)

(だけど君(ユノ)の強さは違った)

(まるでその風で背中を押すように、共に飛ぶように、君の強さは独りよがりじゃなかった)

(君の負けず嫌いは皆を鼓舞し、強くした)

 

ランギルスは言います。

「癪だけど、認めてあげるよ・・・君が”金色の夜明け”副団長だ・・・!」

ユノの一撃でゼノンを倒す!?

ゼノンは言います。

「圧倒的な力の前では、想いも執念も何もかも無意味だ」

「あるのはただ、オマエ達よりオレの方が強いという現実だけだ」

 

骨のムチでランギルスを攻撃するゼノン。

ランギルスはゼノンの攻撃を受けながらも、ゼノンに飛び込み、言います。

「ハイそうですかと、引き下がるわけにはいかないんだよ・・・!」

「僕らは・・・最強の魔法騎士団、金色の夜明けだ!」

 

ランギルスの背後から魔力で作った弓矢を構えるユノ。

ユノ

「アンタ(ランギルス)も、死ぬほど負けず嫌いだもんな・・・!」

ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでブラッククローバーの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにブラッククローバーのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ブラクロ305話のまとめ

限界を超えたランギルス。

ユノのために3分、時間を作りました。

魔力の弓矢を構えるユノ、この一撃でゼノンを倒すのか!?

 

ブラクロ306話のネタバレはコチラになります。

>【ブラクロ】306話ネタバレ!

(9/18更新)