【ボルト】37話ネタバレ!ジゲンの能力は物質を小さくすることだった

ボルト37話のネタバレになります。

カワキのカーマから登場したジゲン。

ジゲンはカワキを連れ去ろうとしますが、止めに入るナルト。

ナルトを一蹴したジゲンは、強引にカワキを連れて帰ろうとします。

 

自分のことよりも、ナルトを侮辱されたことに怒るカワキは、カーマの模様が広がり頭には角が。

六道仙人モードになったナルトは、ジゲンを蹴り飛ばし、ナルトとジゲンとの本格的な戦いが始まろうとします。

 

前回のボルト36話のネタバレはコチラになります。

>【ボルト】36話ネタバレ!カワキのカーマからジゲン現る!

別空間に連れて行かれるナルト

六道仙人モードのナルトに対し、カーマの模様を広げ本気モードになるジゲン。

カワキは、ジゲンに従うからもうやめろと止めに入ります。

自分を連れて帰るかわりに、”七代目(ナルト)”には手を出さないよう約束しろと言います。

 

納得いかないナルトですが、ジゲンはデルタのようにはいかないとカワキは言います。

戦ったら今度こそただでは済まないと。

ナルトを失うぐらいなら捕まったほうがマシだとカワキは言います。

 

ジゲンは、カワキさえその気なら問題はないと言い、カワキもジゲンの方へ行こうとしますが、問題大アリだ馬鹿野郎!とナルト。

元々あんたには関係ない話だとカワキは言いますが、里の者全員を守るのが火影の務め、ただの一人も例外はなく、それはカワキも同じだとナルトは言います。

 

ジゲンは左手から黒いものを出しナルトを包みます。

そしてそのまま時空間移動でナルトを別の空間へと連れ出します。

 

最初からナルトと戦う気がなかったジゲンは、この空間にナルトを置いていくと言います。

再び黒いものを出し、自分一人、元の世界へ戻ろうとするジゲンですが、黒いものから足が出てジゲンを蹴り飛ばします。

 

ジゲンを蹴り飛ばした人物はサスケでした。

ナルト・サスケ vs ジゲン

サスケの登場に驚くナルト。

サスケはナルトのチャクラを辿ってここまで来ました。

 

ナルト・サスケ vs ジゲンの展開になります。

 

ナルトの家に到着したサラダは、黒い杭が地面に刺さっていること、そして、その杭に誰かの血が付いていることに気づきます。

部屋の中ではカワキが一人しゃがみ込み、放心状態です。

 

自宅へ急ぐボルトとミツキ。

ボルトのカーマの暴走が止まり、一体何が起きているんだと帰宅を急ぐボルト。

 

ナルト・サスケ vs ジゲンの戦いは、ナルトが螺旋丸でジゲンを攻撃しますが、左手のカーマで螺旋丸を吸収するジゲン。

全ての術を吸収するジゲンは、そのままナルトの右手を掴み、右足でナルトを蹴りますが、左腕で蹴りをガードするナルト。

六道仙人モードのナルトでも、ジゲンのパワーに驚きます。

 

ナルトがジゲンの蹴りをガードすることに集中していると、いつの間にか反対の右腕に黒い杭が2本刺さっていることに気づくナルト。

ジゲンはその隙にナルトを蹴ろうとしますが、サスケがジゲンを蹴り飛ばします。

 

サスケは吹き飛んだジゲンを追いかけ、刀で切りつけますが、ジゲンは黒い杭を出し刀を防御します。

ジゲンは黒い杭を握った手の指で、サスケへ向かって何かを飛ばします。

サスケがジゲンが何かを飛ばしたことに気づいたときには、サスケの右脇腹に黒い杭が刺さっています。

 

サスケへの追撃を阻止するため、ナルトはジゲンを蹴りますが、蹴りを避け距離を置くジゲン。

 

今度はジゲンの方から飛び込んでき、影分身の術で迎え撃つナルト。

ジゲンが右手を前に出すと、影分身の一人に杭が3本刺さり、影分身は消えます。

 

別の影分身がジゲンを攻撃すると、姿を消すジゲン。

次の瞬間には上空から現れ、また右手を前に出すと、3体の影分身それぞれに杭が3本刺さり、影分身は消滅します。

 

今の戦いを見ていたサスケは、ジゲンの能力がわかったと言います。

ジゲンの能力、それは物質を小さくすることだとサスケ。

ジゲンの能力は物質を小さくすること

サスケからジゲンの能力が、物質を小さくすることと聞いたナルトは、それだけか?と聞きますが、それだけだとサスケは答えます。

しかし、それだけでも強力だとサスケ。

 

さっきの「杭」も刺された事にすら気付かないほどの小ささで、それを瞬時に元の大きさに戻すことで致命傷を与える。

ジゲンが突然姿を消したように見えたのも、実際は自分自身を小さくしていたのだとサスケは説明します。

それを聞いたナルトは、確かに単純だが厄介な能力だと納得します。

 

しかも、ジゲンの「秘密」はそれだけではないとサスケは言います。

 

自分の能力を瞬時に理解したサスケを評価するジゲン。

写輪眼の動体視力もさる事ながら、何よりその冷静さと洞察力、そして輪廻眼による時空間忍術、今ここで先に葬るべきなのは、サスケの方だなとジゲンは言い、指をさします。

 

指をさした左手をパッと広げたジゲン。

ナルトとサスケは瞬時に上空へ飛び、二人がいた地面には4本の杭が刺さります。

 

ナルトはジゲンの「秘密」を聞きますが、今は話している暇はないとサスケ。

サスケが言うように、ジゲンは姿を消し、空中にジャンプしたナルトとサスケの背後に現れます。

 

手を前に出し杭を飛ばすジゲンに、ナルトは大玉螺旋丸を出し杭を防ぎます。

複数の杭の”点”による攻撃を、大玉螺旋丸の”面”の広さで強引に相殺したナルト。

 

地面に着地した三人。

ナルトとジゲンの肉弾戦がはじまり、サスケも刀でジゲンを攻撃します。

ジゲンは杭で刀の攻撃を防ぎます。

 

再びジゲンを攻撃するナルトとサスケですが、自分を小さくして姿を見えなくするジゲン。

ナルトはサスケに、ジゲンがどこに行ったのか聞き、ナルトの右後方、足元だと伝えるサスケ。

ナルトは言われた場所に大玉螺旋丸を出し、大玉螺旋丸を吸収するジゲン。

 

小さい状態でも術の吸収は可能だとジゲンは言いますが、そのおかげ小さくなったお前の居場所がよくわかるとナルトは言います。

渦を巻きながら術を吸収しているため、小さくて姿が見えなくても、術が吸収されている場所にジゲンがいるということです。

 

術の吸収中は素早い動きができないジゲン。

サスケは刀をジゲンに突き刺しますが、時空間移動で瞬間移動し、サスケの攻撃から逃れるジゲン。

 

ジゲンは、どんな能力にも弱点はあるもので、勉強になったと言います。

そして、代りに教えてやろうと言います。

さっきのような幸運は、二度と起こらないということをな。

 

ジゲンの頭からはカワキのように角が生え始めます。

ボルトのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ボルトのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでボルトの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにボルトのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ボルト37話の感想

ジゲンの能力が物質を小さくすることと判明しました。

あの見えない杭や、姿を消すのもそういうことだったのですね。

それを見抜いたサスケも流石ですが、ナルトとサスケの二人を相手に全く負けてないジゲン、相当強いですね。

しかも別の姿へと変わろうとしていますが、どこまで強いんだって感じです。

個人的には、久しぶりにナルトとサスケの共闘が見れて、今回の37話はかなり熱かったですね!

 

ボルト38話のネタバレはコチラになります。

>【ボルト】38話ネタバレ!