【ボルト】72話ネタバレ!十尾を小さくし大軍を生み出すコード

【ボルト】72話ネタバレ

ボルト72話のネタバレになります。

エイダとコードの同盟が決裂。

力を手に入れたコードはデイモンと戦いますが、その上をいく強さのデイモン。

エイダ達が木ノ葉の里へと向かう中、嫉妬と憎悪のコードがカワキを狙います。

 

前回のボルト71話のネタバレはコチラになります。

>【ボルト】71話ネタバレ!コード vs デイモン!?反射の条件が判明

シカマルに連絡するアマド

カワキのカーマが復元したことを聞くシカマル。

しかし、カワキはアマドが勝手にやったことのため、知らないと言います。

さらにカワキは言います。

「アマドがコードに捕まっちまった今となっちゃあ、もう奴の目的なんざどうでもいいだろ・・・どうせ助かりっこねぇんだからよ」

 

カワキの言い方を注意するナルト。

カワキはシカマルのことも煽り、ナルトは注意します。

 

その時、アマドからシカマルに緊急の電話が入ります。

 

アマドは電車を乗り継いで、3~4日ほどで木ノ葉へ戻ると言いますが、近くにコードがいるのでは?と警戒するシカマル。

アマドはそれを否定したうえで、「良いニュース」があると言います。

「エイダがコードと手を切った、彼女が奴に力を貸すことはもうない、奴は最大の味方を失ったんだ」

 

驚くシカマル。

アマドに何をしたのかを聞き、アマドは答えます。

「話をしただけさ、木ノ葉側につくようエイダを説得した、君の思い付きに乗ったんだ」

 

シカマルは聞きます。

「コードにはエイダの他に、強力な仲間がいたはずだ」

 

アマドはエイダの弟・デイモンのことを伝え、言います。

「この姉弟を敵に回さない方がいいい・・・これは間違いない」

 

さらにアマドは、コードのリミッターを解除したことも伝えます。

その上でアマドは言います。

「確かにコードは強くなったが・・・その一方でエイダを失ったんだ、敵勢力として致命的な戦力ダウンじゃないか」

「エイダとデイモンを加えた今の木ノ葉の手持ちなら、コードごとき取るに足らん存在のはずだ」

「駒を扱うのは得意だろ?あとは君がうまくやれ」

 

電話を切るアマド。

エイダはアマドに言います。

「いいこと?最終的にカワキとうまくいかなかったらあたし・・・腹いせにあなたを殺すわよ」

「当たり前でしょ?本当は今すぐに殺したいぐらいムカついてるのよ、全人類を虜にするなんてクソ能力をくれたあなたにね」

 

アマドとの通話を終えたシカマル。

シカマルは招集をかけます。

「招集だ、ナルトを火影室へ」

「それと第七班、カワキを含めた全員を呼べ」

ボルトは全てを失う!?

招集がかかったボルト。

家を出ようとしたとき、ヒナタはボルトに声をかけます。

 

カーマのことがあってから活動停止中だった第七班。

久々の任務に笑みを見せるボルトですが、ヒナタの目からは涙が。

 

慌てて涙を拭くヒナタ。

その様子を後で見ているヒマワリ。

 

涙がとまらないヒナタ。

ヒナタは言います。

「あなたがどこかへ出かけていくたびに・・・どうしても考えちゃうの・・・」

「もう二度と・・・戻って・・・来ないんじゃないかって・・・」

 

ボルトは心配させていることを謝り、言います。

「大丈夫だって・・・おれってばマジで一回死んだっつーのによ、それでもこうして元気に戻ってきてんだぜ?」

「何が何でも・・・ぜってーまた帰ってくっからよ」

「約束だってばさ」

 

家を出るボルト。

 

ボルトの前にモモシキが現れます。

転生ができないモモシキに、ボルトは言います。

「いつまで俺に付きまとうつもりだよ」

 

モモシキは言います。

「言ったはずだ・・・お前は全てを失うとな・・・それももう間もなくだ」

「お前は絶望する、生きる気力を失う、この世界から逃げ出したくなるほどにな」

「そしてその暁には・・・我がお前に代わり”うずまきボルト”の人生を引き継いでやる」

 

モモシキは、自分がボルトの体を独占し、ボルトには精神の片隅で永遠に引きこもっているよう言いますが、ボルトも言い返します。

「逆にてめーを二度と出てこれねーようにしてやんよ」

「未来に絶望するのはてめーの方だってばさ!」

 

モモシキは、「運命は既に決定している・・・」と言い、消えます。

 

ボルトの家に到着したサラダとミツキ。

ボルトは叫び声をあげます。

「冗談じゃねぇ、ふざけんな!」

「俺の未来を決めんのは俺だ!」

 

驚くサラダ。

ボルトは一人飛び出します。

 

玄関に立つヒナタ。

ヒマワリはヒナタの横に立ち、言います。

「お母さん・・・あたしが忍者になったら・・・少しはお兄ちゃんの助けになれるかな・・・それとも逆に心配?」

十尾を小さくするコード

十尾がいる場所に来たコードとバグ。

コードはジゲンに連れられて来たときに爪痕を残しており、爪痕を使って出入りしています。

 

コードは十尾を見ながら言います。

「あの厄介な”うちはサスケ”も今やここへは来れないが、ボルトやカワキはもはや完全に大筒木・・・そのうち時空間忍術を自在に操るようになるかもしれない」

「そうなりゃここも安全とは言えないな」

 

バグは、コードが一人で何をしようとしているのか聞きます。

コードは、デイモンの強さは予想外だったと言い、その上で言います。

「まずは大きすぎる十尾を扱いやすいサイズに調整する」

 

十尾の全身に爪痕を巻きつけます。

驚くバグにコードは言います。

「具現化させた僕のチャクラに血中の鉄分をほんの少し混ぜて作る半物質・半チャクラの暗器、それが爪痕だ」

「当然ながら一度に出せる量には限界があるが・・・今の僕ならこの巨体を丸々覆いつくすほどの量を出せる」

「以前なら到底不可能だった芸当だ」

 

十尾の全身に巻き付いた爪痕。

爪痕の棘(とげ)のようなものが伸びるにつれ、十尾が縮んでいきます。

コードは言います。

「尾獣の本質は巨大なチャクラの塊だ」

「そう・・・まるでこねた粘土でも千切るみたいにこいつを分裂させていく」

 

伸びた棘は千切れて地面に落ちます。

落ちた棘は人の形になっていき、どんどん人型の生き物が量産されます。

 

一人の人型の生き物が別の生き物の胸の爪痕に飛び込み、コードの近くの爪痕から出てきます。

人型の生き物が爪痕を通れることに驚くバグ。

コードはバグに言います。

「十尾より遥かに・・・小さくて便利だろ?」

ボルトのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ボルトのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでボルトの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにボルトのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ボルト72話まとめ

一人になったコードでしたが、十尾を小さくし、量産させることで大軍を作りだしました。

復讐に突き進むコードを相手に、ボルトたちは勝てるのか!?

そして木ノ葉へ向かうエイダ。

木ノ葉はどうなるのか!?

 

ボルト73話のネタバレはコチラになります。

>【ボルト】73話ネタバレ!