【ボルト】53話ネタバレ!イッシキが寿命で死亡!

【ボルト】53話ネタバレ

ボルト53話のネタバレになります。

新形態・重粒子(バリオン)モードで命を削りながらイッシキと戦うナルト。

このままイッシキを倒せるかと思われましたが、イッシキはチャクラの繋がりでカワキを引っ張り出します。

 

前回のボルト52話のネタバレはコチラになります。

>【ボルト】52話ネタバレ!重粒子(バリオン)モードでイッシキの寿命を削る

イッシキの寿命はあと5分

突然消えたカワキ。

カタスケはアマドに聞きます。

「イ・・・イッシキの仕業でしょうか・・・?カーマもないのにどうやって・・・」

 

アマドは答えます。

「分からん・・・何も断定はできないが、カワキがイッシキの元へ連れ去られたのだとしたら・・・一つ・・・これだけは言える」

「もはや打つ手はない・・・終わりだ・・・完全に」

 

イッシキと対峙したカワキは、イッシキを睨みながら考えます。

(こいつか・・・大筒木イッシキ・・・!こいつがオレにまた刻もうとしてんのか・・・あの忌々しいカーマを・・・!)

 

イッシキは言います。

「危ないところだった・・・現時点で余命およそ5分ってところか・・・このオレがこんな奴らにここまで追いつめられるとはな・・・」

 

カワキはアマドの言葉を思い出します。

(・・・どんな怪物も寿命には逆らえない、奴の寿命が尽きるまで・・・お前が再びカーマを刻まれることなく逃げ切ればオレ達の勝ちだ)

 

カワキはイッシキに言います。

「へっ・・・あと5分の命か・・・てめえのクソみたいな命が尽きる瞬間に立ち会えるなんてなぁ・・・!」

 

イッシキは答えます。

「フン・・・そんな大袈裟な話じゃあない、ちょっと長めの仮眠をとるようなものさ・・・時が来ればすぐに復活する、これから再びカーマを得るお前の体を新たな器としてな」

 

ナルトは叫びます。

「逃げろカワキ!時間を稼ぐんだ!少しでも遠くへ・・・」

 

倒れているナルトの腹を踏み潰すイッシキ。

ナルトの新形態・重粒子(バリオン)モードが解除されます。

 

逃げるカワキ。

イッシキはすぐに回り込みカワキの首を捕まえますが、カワキとサスケが入れ替わります。

 

叫ぶサスケ。

「カワキ!そいつを拾え!足元に投げつけるんだ」

 

カワキの足元には玉が落ちており、地面に叩きつけるカワキ。

玉が割れ、粉塵が周囲を包みます。

ナルトを使うイッシキ

イッシキはサスケを殴り、さらに腹を踏み潰します。

白眼(びゃくがん)を使うイッシキですが、周囲を包んでいる粉塵は透視能力を阻害するもので、効果は数分でも十分事足りると考えるサスケ。

 

焦るイッシキは空中へ飛び、カワキの名前を叫びますが、粉塵に紛れ逃げるカワキ。

怒ったイッシキは、倒れているナルトを踏み潰します。

 

イッシキは叫びます。

「聞いてるかカワキ!20秒以内に出てこい!さもなくば・・・こいつの腹を蹴り破って殺す!」

「逃げたければ好きにしろ!大事な火影が死んでもいいならな!」

 

義手を抱え、岩陰に隠れるカワキ。

昔のころを思い出しなら、残り10秒を切ります。

 

さらにカワキはナルトと過ごした日々を思い出します。

ナルトの言葉を思い出すカワキ。

(お前はよ・・・昔のオレを見てるみてーでよ・・・ほっとけねぇんだ・・・なんかな・・・)

 

残り5秒。

(よし・・・!そんじゃ・・・今日からお前はオレの弟子だ!)

 

残り1秒で姿を現すカワキ。

イッシキが寿命で死亡

イッシキはカワキのもとへ飛んでいきますが、火遁の術を使うカワキ。

カワキの火遁をかき消し、カワキを抱きかかえるイッシキ。

 

イッシキは聞きます。

「何の真似だ・・・忍者にでもなったつもりか?」

 

カワキは答えます。

「・・・七代目に弟子入りしたんだ・・・あの人言ってたぜ・・・オレは筋がいいんだってよ・・・」

 

イッシキは言います。

「お前は忍者になどなれん、決して・・・何者にもなることはない、このイッシキの器として消えてなくなるだけの存在だ」

 

カワキは言います。

「他にも色々教えてくれた・・・からっぽだったこのオレに・・・生きる意味をくれた・・・!」

 

イッシキは言います。

「その結果どうなった?奴が与えた右手のせいでお前はオレに見つかり、奴が与えた情のせいでお前はこうして捕まった・・・これが現実だ」

 

カワキは言います。

「へっ・・・何も分かってねーな・・・七代目のいない世界なんてオレには何の意味もない・・・!死んだ方がマシだってそう言ってんだよ・・・!」

 

イッシキはカワキの首を掴んで言います。

「どうでもいい、どの道ただの器だお前は」

 

カワキの体にカーマが刻まれ、嬉しそうに笑うイッシキ。

 

その時、イッシキの指がボロボロと崩れ、イッシキは言います。

「そろそろ寿命が尽きるようだ、惜しかったな貴様ら・・・下等種の分際でよくぞこのオレをここまで追いつめた・・・」

 

同時にカワキのカーマも消えていき、焦るイッシキにカワキは言います。

「教えてくんねーか・・・あと何秒だ・・・?お前がこの世にしがみついていられるのは・・・なぁ・・・大筒木さんよ・・・」

 

イッシキは怒りながらカワキの両腕を掴みますが、腕が崩れその場に倒れます。

混乱するイッシキの前にもう一人のカワキが現れ言います。

「影分身の術・・・」

 

顔も崩れ始めたイッシキに、カワキは言います。

「単なる器ごときにまんまと出し抜かれて死んでいく・・・何と言おうが・・・これがお前の現実なんだからよ・・・」

 

カワキはイッシキを踏み潰し、粉々にします。

サスケを襲うボルト

イッシキが寿命で死に、ナルトのもとに集まるカワキとサスケ。

ナルトはカワキに言います。

「驚いたってばよ・・・まさか影分身とはな・・・」

 

カワキは答えます。

「まだ練習中だ・・・一体出すので精一杯さ・・・うまくいってよかったぜ」

 

サスケはナルトに、「大丈夫か・・・」と聞き、「お前の方こそボロボロじゃねーか」と答えるナルト。

サスケは、「お前が見せた「あの力」のことを聞いてるんだ」と言います。

 

「何か重大なリスクでもあるんじゃあないのか?」と聞くサスケに、「いや・・・何つーかよ・・・」と答えづらそうなナルト。

 

その時、突然、サスケの背後から飛びかかるボルト。

ボルトは持っているクナイをサスケの左目に突き刺します。

 

ボルトの右顔にはカーマと角があり、ボルト(モモシキ)は言います。

「まさか本当にあのイッシキを倒すとはな・・・これでもう邪魔者はお前たちだけだ・・・」

ボルトのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ボルトのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでボルトの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにボルトのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ボルト53話の感想

カワキの影分身の術で見事にイッシキを倒しました。

カワキが本当にかっこよかったです。

最大の脅威が去り、これで一安心と思われましたが、ボルトの中のモモシキがサスケを襲いました。

イッシキの次はモモシキと戦うのでしょうか?

ナルトとサスケは負傷し、カワキもカーマがなく、モモシキはボルトの体を操っているという、まさに最悪の状況。

どのようにこの状況を打破するのか、次号が楽しみです!

 

ボルト54話のネタバレはコチラになります。

>【ボルト】54話ネタバレ!