【ヒロアカ】201話ネタバレ!B組が強いとの噂は本当だった!




ヒロアカ201話のネタバレになります。

前回、小森希乃子のキノコの個性と、吹出漫我の個性が明らかになり、さらにはB組の拳藤一佳 vs 八百万の展開となりました。

ここまではB組が有利といった状況でしたが、201話ではA組の反撃となります。

スポンサーリンク

八百万の大砲

個性「創造」で大砲を作る八百万。

ヒロアカ201話

 

こんなので拳藤を砲撃したら普通に死ぬと思いますが・・・と思ったら大砲を壁の方へ向ける八百万。

八百万が壁を壊そうとしていることに気付いた拳藤は、着撃の瞬間に拳を巨大化させ大砲へ双大拳!!

ヒロアカ201話

 

しかし、八百万の目的は壁の破壊ではなく大砲を使って何かを打ち上げることが目的でした。

 

戦場は一面キノコまみれ。

黒色に青山が連れさられ、追いかけたい常闇ですがキノコに制動を挟まれ、さらには吹出漫我の個性「コミック」の能力で具現化された擬音が邪魔をします。

 

透明な葉隠もキノコでこの通り

ヒロアカ201話

 

八百万も分断され、姿を隠し真綿でしめるような攻撃をしかける包囲網に手を焼く常闇。

スポンサーリンク

常闇がかっこいい

小森、吹出、黒色、この三人の居場所を補足できなければこのまま終わると感じる常闇でしたが、八百万が大砲で打ち上げた何かに気づきます。

ダークシャドウで空中を飛び「何か」を受け取る常闇。

ヒロアカ201話

 

この袋の中には八百万が創り出したサーモグラフゴーグルと滅菌スプレーが入っていました。

 

サーモグラフを装着したことで小森と黒色の居場所を把握する常闇。

なによりサーモグラスを装着した常闇がかっこいいw

ヒロアカ201話

 

居場所さえわかればこちらの間合い。

逃れ潜むことすら許される疾風怒濤、師(ホーク)曰く疾さは力に勝る。

ヒロアカ201話

 

常闇の厨二感が半端ないけど、ここまでくるとむしろかっこよく見えてきたw

 

深淵暗躯(ブラックアンク)”夜宴(サバト)”

ヒロアカ201話

 

小森希乃子を攻撃しダークシャドウが小森を捕まえます。

そして黒色は自身の外套に閉じ込め完全勝利と思われましたが、急に咳き込む常闇。

 

どうやら小森希乃子が常闇の気管にキノコを生やしたようで、肺攻めスエヒロタケちゃんと可愛く言う小森希乃子ですが

ヒロアカ201話

 

なにげにエグいw

 

B組が強い!

滅菌スプレーで体のキノコを落とした葉隠は本来の透明状態に戻り吹出と戦います。

ヒロアカ201話

 

早く吹出を倒し皆のサポートへ行かなくては急ぐ葉隠。

透明中の自分は無敵と自負しますが、拳藤の大拳につかまります。

 

1対1の得意の展開で八百万を気絶させた拳藤でしたが、大砲付きで絡みついてこられサポートが遅くなったと拳藤は言います。

ヒロアカ201話

 

このままB組の勝利となりますが、創造するもの全て先を見据えており、勝った気がしないと拳藤。

 

以前、オールマイトが成績を見ると実はB組の方が伸びていると話してました。

トラブルがない分、着実に地力を上げてきたB組ですが、今回の戦いを見ると納得です。

 

ヒロアカ201話の感想

B組が強かったです!

どこまで善戦するかに期待してましたが、まさか勝利するとは思いませんでした。

A組は八百万、常闇と既に実力を発揮している二人がおり、一方のB組は拳藤以外の三人はほとんど無名でしたので、今回の結果は驚きました。

これは他の試合もどうなるか見ものですね。

 

ヒロアカ202話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】202話ネタバレ!燈矢は母親である冷の体質であることが判明

スポンサーリンク