【七つの大罪】292話ネタバレ!覚醒したバンが原初の魔神を倒す!?




七つの大罪292話のネタバレになります。

前回、マーリンの反則級の強さで魔神族を完全に封じました。

このまま勝負が決まるかに思われましたが、ここでマエルの記憶が戻りリュドシエルは戦線離脱状態。

292話では魔神族側が反則級の強さを見せようとするのですが、そこで登場したのは覚醒して反則級の闘級になったと思われるバン。

覚醒したバンが原初の魔神を倒す展開になるのでしょうか。

スポンサーリンク

マエルの記憶が戻る

七つの大罪292話は精神世界でのマーリンによるキューザックへの拷問シーンからはじまります。

七つの大罪292話

 

見た目は幼い人間の子供マーリンと、魔神のキューザックですが、やってることはマーリンの方が魔神のようです。

 

キューザックは早急に身体に戻らないと、自分だけではなくゼルドリスもマーリンに倒されてしまうと焦ります。

しかもマーリンのことを「化け物」と化物のキューザックが言います。

七つの大罪292話

 

ここでマーリンとキューザックに頭痛が起こり、その隙にキューザックは身体に戻ります。

 

マーリンも身体に戻り、エスカノールはマーリンを心配します。

そんなエスカノールにマーリンは今のうちに神器を取りに行くよう言います。

 

ゴウセルの記憶改変が解け、リュドシエルもマエルのことを思い出すのですが

 

 

七つの大罪292話

 

 

どんな苦しみ方?w

 

いや、わかるよ、苦しむ気持わかるけど・・・・

 

この格好?w

 

神器を取りに走っているエスカノールが「一体何が起こっているんだろう?」と言いますが、その気持わかります。

もうマーガレットで遊んでるとしか思えんw

 

弟の仇だと恨み、憎しみ、復讐を誓い、殺そうとしていた十戒”慈愛”のエスタロッサがマエルだった事実に苦しむリュドシエル。

 

神器を取り戻したエスカノールは、神器に蓄積(チャージ)していた太陽のおかげで元の体に戻ります。

しかし元の体に戻ったのはエスカノールだけではなく、魔神族のゼルドリス、キューザック、チャンドラーも復活します。

七つの大罪292話

スポンサーリンク

原初の魔神

ゼルドリス、キューザック、チャンドラーの回復の早さに驚くマーリン。

キューザックは上位魔神族の回復力をみくびるなと叫びますが、記憶改変による頭痛がまだあり、大声は頭に響くようです。

 

ヘンドリクセンの献身的な治療で目を覚ましたギルサンダー。

ギルサンダーは苦しむマーガレットを心配し、ヘンドリクセンはリュドシエルに何をしたんだと聞きますが、原因はゴウセルだとマーリンは言います。

そしてマエルの記憶改変のことを説明するマーリン。

 

大きなショックを受けるリュドシエルですが、魔神族側には動揺している様子が微塵もありません。

キューザックはエスタロッサにずっと感じていた違和感の正体がわかり、喉の異物が取れたようだと言います。

エスタロッサの弟であったゼルドリスですが、ゼルドリスはエスタロッサを兄と慕ったことは一度もなく、むしろエスタロッサが実の兄でなかったことがわかって清々しい気分だと言います。

 

二回戦を始めようとするゼルドリスですが、「ここは自分達にお任せを」とキューザックが言います。

リュドシエルが戦線離脱したことで状況が好転したかに見えるが、エスカノールが復活し、なによりマーリンの実力が底知れないと。

であるならば、尚更キューザックとチャンドラーだけで戦う必要がどこにあるとゼルドリスは聞きます。

 

七つの大罪には仲間がおり、ゼルドリスはその仲間達が攻めてきた時のために力を温存しておくようキューザックは言います。

そしてチャンドラーは「やむを得まい!!」と言い、キューザックも「これが使命だ・・・」と答え、互いの杖を交差させます。

七つの大罪292話

 

激しい光とともに、キューザックとチャンドラーの身体が引き寄せられ1つの身体になっていきます。

 

ここでキューザックは自分達が生まれた経緯を説明します。

かつて魔神王は魔界を統治するために一人の魔神を生み出した。

その者は「原初の魔神」と名付けられ、魔神王の腹心として力を与えられた。

 

罪深い「原初の魔神」は己の力に自惚れ、魔神王の座を狙い謀反を起こした。

「原初の魔神」は魔神王に返り討ちにあい、重い罰を受けた。

 

肉体と精神を二つに分断され、重大な役目を与えられた「原初の魔神」

与えられた役目とは、二人の王子を次代の魔神王候補に育てるべく、それぞれの指南役として仕えるというもの。

 

キューザックはゼルドリスに「ゼルドリス様・・・私は願っておりますよ」と伝え、チャンドラーも「メリオダス坊っちゃん、必ず魔神王へとおなりください」と最後の言葉を残します。

そしてメリオダスと戒禁が作った暗黒領域をはねとばし

七つの大罪292話

 

本来の姿、「原初の魔神」に戻ったキューザックとチャンドラー。

七つの大罪292話

 

この姿にマーリンは、勝機は完全に失われたと言います。

 

覚醒したバンが戻る

場面は変わってエリザベス、キング、ディアンヌ、そしてホーク。

キャメロットの方で大変なことが起こっていることに気づいた七つの大罪達は急いで向かおうとします。

 

その時、急にホークの目が光りはじめます。

目から強烈な光を放出するホーク。

七つの大罪292話

 

そして光の先から現れたのは

 

七つの大罪292話

 

キングは、「キミを選んだ妹の目に狂いはなかったようだ・・・バン!!」と言うのですが

七つの大罪292話

 

キングの姿が変わりすぎてて今だに違和感がありますw

 

煉獄から戻ってきたバン。

間違いなく覚醒していると思われますが、マーリンとエスカノールの二人でも勝てない原初の魔神を倒すことはできるのでしょうか。

 

七つの大罪292話の感想

マエルの記憶が戻ったことで戦線離脱となったリュドシエル。

その間に完全復活したゼルドリス、キューザック、チャンドラー。

しかもキューザックとチャンドラーは本来の姿である、原初の魔神に戻りました。

マーリンとエスカノールの二人をもってしても勝てない状況ですが、覚醒したバンが戻ってきて、さらに覚醒したキングもいます。

この二人が合流することで戦況がどう変わるのか楽しみなところです。

スポンサーリンク