【七つの大罪】302話ネタバレ!バンは不死じゃなくなったけど強い!




七つの大罪302話のネタバレになります。

前回、バンと魔神王の戦いがはじまりました。

不死身じゃなくなったけど、全く問題ない強さを見せるバン。

そして神器が相変わらず無いけど、全く問題ない強さを見せるバン。

もうバンの神器は登場しないものと考えていいでしょう。

スポンサーリンク

バン vs 魔神王

バンが魔神王を押す展開に七つの大罪達も驚きます。

バンが煉獄で強くなったのもあるが、内側でメリオダスが戦っているからだとマーリンは言います。

 

現実世界ではバンが魔神王と戦い、精神世界ではメリオダスが魔神王と戦っていますが、魔神王はメリオダスとバンを煉獄で始末しておくべきだったと悔います。

 

精神世界の魔神王はメリオダスに攻撃しますが、魔神王の攻撃を弾き返すメリオダス。

七つの大罪302話

 

バンも魔神王の激しい攻撃を全てかわし、強烈なケリを食らわします。

七つの大罪302話

 

メリオダスは魔神王に、諦めてここから出ていくよう言います。

煉獄にいる本体が寂しがっていると。

 

自分をここから追い出したところで、メリオダスが魔神王の力に覚醒した今、現世には一日も留まれないと魔神王は言いますが、それで十分だとメリオダスは答えます。

エリザベスの呪いを解き、七つの大罪に別れを告げる時間さえあればと。

 

再びメリオダスと魔神王の戦いがはじまります。

スポンサーリンク

不死じゃないからヤバイ?

魔神王との戦いに決着をつけて、エリザベスを探しに行くというメリオダス。

そんなメリオダスに、エリザベスを探しに行く必要はないと魔神王は言います。

 

エリザベスは呪いを解いた上で、既に始末したと魔神王は言います。

外の世界の状況を知らないメリオダスは、魔神王の言葉に動揺します。

 

完全に魔神王の陽動作戦にハマってしまったメリオダス。

精神世界で絶望を抱いてしまい、魔神王が優勢な状況になります。

 

内側のメリオダスが魔神王にやられはじめたことで、現世のバンと魔神王の戦いにも影響が出ます。

ここまで優位な状況だったバンですが、魔神王の尾のようなものに捕まり、何度も地面に叩きつけられます。

 

さらに魔神王の手刀がバンの腹に刺さります。

七つの大罪302話

 

「調子に乗るな」と魔神王はバンに言います。

 

不死じゃなくなった今のバンは普通に死ぬわけで、非常にヤバイ状況です。

スポンサーリンク

エリザベスがメリオダスと再会

エリザベスはメリオダスに「あなたの手でバン様を傷つけさせないで」と叫びますが、どんな大声で叫ぼうとメリオダスには届かないと魔神王は言います。

その時、ゴウセルは「考えがある」と皆に伝えます。

 

精神世界では魔神王の攻撃により地面に倒れているメリオダス。

立ち上がることができません。

 

魔神王はメリオダスに眠るよう言います。

あとのことは万事、父に任せろと。

もうメリオダスを待つものは誰もいないと魔神王は言いますが、「いいえ」とエリザベスがメリオダスの腕をつかみます。

 

ゴウセルの魔力を媒体にして、エリザベスと七つの大罪が精神世界に来ました。

 

エリザベスと再会したメリオダス。

エリザベスが死んでいないと知り、再び形勢逆転となるのでしょうか。

 

七つの大罪302話の感想

不死ではなくなったけど、間違いなく不死の頃よりも強くなったバン。

とはいえ、相手はあの魔神王です。

さすがに簡単にはいきません。

腹に魔神王の手刀が刺さり、不死じゃないだけにかなりヤバイ状況のバンですが、内側のメリオダスがエリザベスと再会したことで、再び魔神王を弱らせることに期待です。

 

七つの大罪303話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】303話ネタバレ!ゼルドリスが裏切り仲間になる!?

スポンサーリンク