【ヒロアカ】208話ネタバレ!爆豪が成長して更に強くなった




ヒロアカ208話のネタバレになります。

遂にA組は爆豪が登場しました。

相変わらずのワンマンプレーを見せる爆豪ですが、前回の最後では耳郎を庇うような描写が見られました。

そして208話では爆豪の成長が見られ更に強くなったといった感じです。

スポンサーリンク

爆豪はキャラが変わった!?

耳郎を守った爆豪。

足蹴にしながらも間違いなく耳郎を庇った爆豪。

これにはB組の物間も「僕の目が変なのかな?」と信じられない様子。

 

切島は爆豪は意外とそういう奴だと言い、物間は爆豪がキャラを変えたのかと驚きます。

ヒロアカ208話

 

爆豪は身を挺すようなわかりやすいのはしないが、確かに誰かを守るのは初めて見るかも切島。

 

爆豪の攻撃をかろうじて防いだ鎌切尖(かまきりとおる)ですが、爆豪とは正面でやりあわずすぐに引くとの取蔭切奈(とかげせつな)の言いつけを守ります。

爆豪に足蹴にされながらも守られた耳郎はお礼を言いますが、爆豪は「うるせェ」と一蹴し逃げた相手をすぐに探すよう言います。

 

授業だろうがなんだろうが関係ない、勝負は必ず完全勝利と決めていると爆豪。

4-0の無傷、これが本当に強い奴の勝利だろうと言います。

ヒロアカ208話

 

爆轟への信頼

爆豪とまともに戦っても勝てないB組は、捕えそこなったすぐに退くのが約束事でした。

何度も何度も待ち伏せし優位を保ち続ける。

A組は十中八九爆豪の行動、命令に他が合わせるワンマンチーム。

ストレス与えて爆豪のミスを誘発できれば向こうは後手後手のグダグダチームになり下がる。

これが取蔭切奈(とかげせつな)の作戦です。

 

逃げたB組を探す耳郎ですが、相手が遠ざかっていることからB組が仕切り直す気でいるのを理解します。

爆豪は体の大きい凡戸固次郎(ぼんどこじろう)を発見し追いますが、サポート役の泡瀬洋雪(あわせようせつ)が待ち伏せしており、個性「溶接」の能力で爆豪を固めます。

ヒロアカ208話

 

砂藤のシュガーラッシュに助けられた爆豪は泡瀬洋雪を追います。

ヒロアカ208話

 

次は顔面鉄骨に溶接してやると構える泡瀬洋雪ですが、「任せるぞ」と爆豪は言い、爆豪に任された瀬呂と

ヒロアカ208話

 

耳郎。

ヒロアカ208話

 

そして耳郎のハートビートサラウンドが炸裂します。

ヒロアカ208話

 

爆豪は耳郎達に話していました。

 

「てめェらが危ねェ時は俺が助ける。で、俺が危ねェ時はてめェらが俺を助けろ」

 

まさに今、仲間に助けられた爆豪は凡戸固次郎へ向かって突進します。

ヒロアカ208話

 

取蔭切奈(とかげせつな)は自身のパーツを飛ばして凡戸固次郎を守ろうとしますが、”あったまってきた”爆豪の前には無力です。

ヒロアカ208話

 

迅速な連携で一瞬で泡瀬洋雪と凡戸固次郎の2人を確保した爆豪達A組。

 

これには物間も、協調性皆無の暴君だったのに丸くなったどころではないと驚きます。

スポンサーリンク

爆豪が成長して強くなった

爆豪が独断先行、他がそのフォロー。

そこに生じる僅かな時間差、小さな隙をネチネチ拡げて崩壊させるハズだった取蔭切奈でしたが、爆豪達の完璧なチームに焦ります。

ヒロアカ208話

 

バンドが効いたのか耳郎達も爆豪のことを信用してるから任せられるとお茶子は言います。

 

耳郎は爆豪に鎌切尖の場所を伝え、爆破式カタパルトで鎌切尖を倒す爆豪。

ヒロアカ208話

 

残るは取蔭切奈ですが、体を50に分裂し意のままに動かす離れたパーツは”一定時間”で動かなくなり、欠けた部分が再生されることから、瀬呂は1つの推測を立てます。

八百万もそうだが、再生は無尽蔵というわけではないと思われ、疲れたら集中力も落ちるのではないか。

音を出すため目一杯分裂していると思われるが、実はそれは仕切り直しと相性が悪いのでは。

 

つまり、パーツのいくつかは本体に戻して時間リセットしているんじゃないか?

音の数が減っているのはそういうことなのではないか?

 

ここで瀬呂達は、事前に爆豪から渡されていた手榴弾のようなものを使います。

ヒロアカ208話

 

本体に戻っていくパーツに瀬呂のテープで手榴弾をくっつける。

これにより取蔭切奈の本体がいる場所で爆発を繰り返し、居場所が特定されます。

そして爆豪が急接近して

ヒロアカ208話

 

ゼロ距離閃光弾で取蔭切奈を確保。

まさかこの至近距離で攻撃かと思いましたが閃光弾でした。

 

爆豪が変わりすぎると取蔭切奈は言いますが、自分は変わっていないと爆豪。

今も昔も目標はオールマイトをも超えるN0.1ヒーローだと言います。

 

ヒロアカ208話の感想

爆豪が更に強くなってましたね。

変わったというより成長したといった感じです。

そして信頼される爆豪っていうのもいいですし、爆豪も耳郎達を信頼して「任せる」辺りも鳥肌モノでした。

ほんと成長したって感じです。

 

元々、個としての実力は相当のものだったので、これにチームワークが加わればそりゃ強いですよね。

切島なんかは八斎會編で成長したので、今回の授業では見せ場がありませんでしたが、これまで出番がなかった爆豪が成長して強くなっていたのは嬉しい限りです。

特に精神面の成長ってのが嬉しいですね。

 

体育祭ではA組の2強となっていた爆豪と轟。

爆豪が頭1つ抜けた感じです。

轟は幼少期のことをまだ引きずっている感じで、今ひとつ精神面での成長が乏しい感じでした。

轟も「ふっきれれば」さらなる成長が見られそうなんですけどね。

 

なんにせよ爆豪が成長してかなり強くなっていたのはホント嬉しかったし、耳郎とのコンビがマジでいい感じです。

 

ヒロアカ209話のネタバレはこちらになります。

>【ヒロアカ】209話ネタバレ!デクがかっちゃんの強さに刺激を受ける

スポンサーリンク