【ブラッククローバー】162話ネタバレ!アスタとルフル(ラック)の戦い




ブラッククローバー162話のネタバレになります。

圧倒的な強さでマグナとバネッサを追い詰めたルフル(ラック)ですが、その目からは涙が。

ルフル(ラック)がマグナにトドメを刺そうとしたその時、バネッサの糸に導かれアスタが登場します。

162話ではアスタvsルフル(ラック)の戦いとなります。

スポンサーリンク

気で動きを読むアスタ

ルフル(ラック)と対峙するブラックモードのアスタ。

アスタから全く魔力が感じられないことから、ここまでマナに愛されていないヤツがいるなんてとルフル(ラック)は言いますが、そんな自分を仲間にして認めてくれたのが黒の暴牛のみんなだとアスタ。

 

ルフル(ラック)は、今の自分の動きを捕らえることはできないと言い、猛スピードでアスタに襲いかかります。

ブラッククローバー162話

 

が、ルフル(ラック)の動きを捕らえ剣を振り下ろすアスタ。

間一髪でアスタの攻撃をかわしたルフル(ラック)は、人間であるアスタがこの速さについてこれたことを驚きます。

さらにアスタはルフル(ラック)を追いかけます。

 

どうやら怒りがむき出しのルフル(ラック)は気が読みやすいようです。

そしてアスタの剣はデカイ魔力に敏感に反応しどこまでも追いかけると。

 

ルフル(ラック)の怒り

ルフル(ラック)を追いかけるアスタ。

ルフル(ラック)はアスタにマナを飛ばして攻撃しますが、アスタは剣でルフル(ラック)の攻撃を無効化します。

 

マナがないアスタなのでルフル(ラック)には感知できないと思われましたが、アスタに蹴りを入れます。

ルフル(ラック)のとんでもない戦闘センスに驚くアスタ。

アスタはマグナとバネッサに援護を依頼し承諾する二人。

 

マグナの魔球は全く効かず、さらにアスタのスピードにも慣れたルフル(ラック)は、再びアスタに蹴りをいれます。

吹き飛ばされたアスタは、そろそろ体の限界を感じ次の攻撃で勝負を決めようとします。

 

マグナは魔球をルフル(ラック)の前で爆発させアスタを隠します。

ルフル(ラック)は魔力がないアスタを感知できないので、視界を悪くすることでアスタを完全に隠す作戦です。

 

アスタ達の想い

完全に姿を消したアスタ。

ルフル(ラック)はマナを広げ、アスタの剣が自分のマナを消しているところを感知し、アスタの居場所を確認します。

アスタを完全に捕らえたルフル(ラック)は、自分の怒りのほうが強いと、ピンポイントでアスタを攻撃しますが

ブラッククローバー162話

 

バネッサが糸でアスタのタイミングをずらし空振りするルフル(ラック)

ブラッククローバー162話

 

空振りで体勢を崩したルフル(ラック)に、自分達の想いの方が”しぶとい”とアスタは叫び、ルフル(ラック)を剣で攻撃します。

 

まとめ

アスタの剣で攻撃されたルフル(ラック)ですが、これでラックに戻るのでしょうか。

それにしてもルフル(ラック)ですが、戦闘センス凄かったです。

アスタに対して殴る蹴るの肉弾戦がメインでした。

そういえばラックも肉弾戦がメインでしたかね。

久しくラックの戦闘を見ていないので忘れている部分があるのですが、飛び蹴りみたいのをよくしていた記憶が・・・。

 

ブラッククローバー163話のネタバレはこちらになります。

>【ブラッククローバー】163話ネタバレ!ラックがもとに戻った

スポンサーリンク