【ブラクロ】217話ネタバレ!アスタ vs ダムナティオ

ブラッククローバー217話のネタバレになります。

前回、初登場となったキーラ家のダムナティオですが、217話では議長として登場します。

議題はもちろんアスタと悪魔の件です。

気になるダムナティオのポジションですが、非常にわかりやすいものでした。

そしてはやくもアスタvsダムナティオの展開となります。

アスタが捕まる

クローバー王国、魔法議会裁判所に来たアスタとセクレ。

大戦の証人として事実の供述をするとのことで、緊張してきたとアスタは言います。

 

魔法帝からは断罪されるかもと言われていたが、話せばわかるはずとアスタ。

エルフの奴らや悪魔のこと・・・あの転生をどうやって解いたのか、一番説明できるのは自分達だからとアスタは言いますが、セクレは「油断は禁物」とアスタに伝えます。

 

中に入ったアスタとセクレですが、二人は手錠をかけられ捕まってしまいます。

 

アスタ

「おおおおおおい!!なんだこりゃああああ!?」

 

魔法議会が始まり、議長のダムナティオ・キーラが現れます。

ブラクロ217話

 

ダムナティオ

「黒の暴牛・アスタの断罪を執り行う」

 

アスタ

「は・・・話がちげぇええええ!!いきなり犯罪者!?」

 

セクレ

「・・・完全に陥れられたみたいね・・・」

 

国王

「やはりあの小僧はろくな者ではなかったな・・・!せっかくロイヤルナイツに入れてやったというのに不届き者め・・・!」

 

アスタの裁判が始まります。

はめられたアスタ

アスタの経歴がダムナティオから紹介されます。

「黒の暴牛アスタ、恵外界の最果てハージ村の教会出身、親は居らず魔力も一切感じられない下民」

 

周りからは、恵外界の孤児ということで、「汚らわしい下民」との声が上がります。

 

次にセクレを紹介するダムナティオ

「王国に出生記録はなく、その角は明らかに禁術魔法を行使した証・・・!」

「彼らは今回の騒乱は魔法騎士団を操り陥れた「悪魔」が元凶であると主張している」

 

アスタ

「そうだ!騎士団のみんなは悪魔のせいで体を乗っ取られて・・・!」

 

周りからは否定的な言葉が

「悪魔だと・・・?」

「下民の証言が信用できるのか・・・!?」

「見るからに粗野な・・・騎士団といっても黒の暴牛だろう・・・?」

「あの角こそ悪魔の証では・・・!?」

 

セクレ

(魔法帝ユリウスが努力して来たのに未だにここまでの差別と偏見が・・・!)

(わかり合えるというアスタの言葉が霞んでしまう程に・・・!)

(そもそもここにはそういう人間しか集められていない・・・!)

 

話を聞いてくれと叫ぶアスタですが、ダムナティオはアスタに近づき、耳元でささやきます。

「この裁判は始めから・・・貴様が悪魔として裁かれるか、魔法騎士団の人間が罪業を背負うか二つに一つ」

 

ダムナティオは天秤を持ちながら言います。

「そして貴様は他人を切り捨てられまい」

「そういう心性が秤に出ている・・・単純で直情的で扱いやすい・・・」

「下民一人と国防の要・・・天秤がどちらに傾くかは自明だ、貴様の言う「悪魔」は何処にいるのだろうな・・・?」

 

アスタ

「だから・・・悪魔はオレ達が倒したんだ!そのためにネロもすげー長い間、必死に頑張って・・・」

 

ダムナティオ

「この場の人間、誰しもが貴様らこそがその悪魔と通じているのではと疑っているのだ」

 

アスタ

「違う!オレのグリモワールにいるのは他の・・・」

 

セクレがアスタの口を塞ぎます。

 

ダムナティオ

「悪魔がいないならば・・・順番に全員、裁いていくしかなくなるな」

「連れて来い」

 

ダムナティオがそう言うと、この場に連れてこられたのはマリーです。

アスタ vs ダムナティオ

ダムナティオはマリーのことを紹介します。

「彼女はマリー・アドレイ、アドレイ家の令嬢だったが現在は孤児達と教会で暮らす没落貴族・・・実の兄は前科者・・・!」

「今回の大戦にて、その瞳魔法により騎士団員及び王国民に間接的に危害を加えたことが判明している・・・!」

「動機は恐らく王貴界への恨みか・・・」

 

怒るアスタ

「勝手なこと言うな!」

「それはマリーちゃんの意志じゃなかったんだ!」

 

ダムナティオ

「そうだな、本当に悪魔が存在するのなら、彼女は操られていたのだろう」

「だがそれが証明されないのならば・・・あるのはその者の明確な罪だけ・・・よって」

 

右手を上げて合図をするダムナティオ

「裁かれるべきだ、正義の下に・・・!」

 

フードを被った魔道士達がマリーを囲みます。

 

ダムナティオ

「君は悪だ」

「断罪」

 

魔道士達は一斉にマリーを攻撃しますが、アスタがマリーを守ります。

 

アスタ

「オマエのやり方はよくわかった・・・!」

「オレはオマエの正義を認めねぇ・・・!」

 

マリーを抱きかかえるブラック状態のアスタ。

ブラクロ217話

 

周りからは「あの姿は・・・」との驚きの声が出ます。

 

ダムナティオ

「わかり合えはしない・・・悪魔などとはな・・・!」

ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ブラッククローバーのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでブラッククローバーの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにブラッククローバーのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

電子書籍

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ブラクロ217話の感想

はやくもアスタvsダムナティオの展開になりました。

アスタは、ダムナティオの正義を認めないと言いましたが、たしかにアスタの言うことはわかります。

そしてアスタの性格を考えると、絶対に無理だろうなと。

ただ、ダムナティオが言うように、証明できないと罪は本人にあるというも頷けます。

そうなると魔法騎士団が罪を背負うことになり、それだったらアスタを犠牲にして・・・という考え方は納得できませんけどね。

この場でアスタとダムナティオのガチ対決となるのでしょうか。

 

ブラクロ218話のネタバレはコチラになります。

>【ブラクロ】218話ネタバレ!セクレも黒の暴牛の仲間になる?