【七つの大罪】335話ネタバレ!アーサー復活!混沌の王に目醒める!?

七つの大罪335話のネタバレになります。

魔神王が消え、新たな時代を迎えようとするその陰でマーリンが暗躍します。

果たしてマーリンの目的とは!?

 

前回の334話のおさらいはコチラから。

>【七つの大罪】334話ネタバレ!光と闇の時代が終わり混沌の時代へ

マーリンの目的とは?

酒場で酒を飲む七つの大罪。

客達はマーリンの口元の火傷の痕を噂します。

あれ見たか?

ああ、すげえ傷だよな。

魔法でどうにかできないもんかね。

せっかくの美人が台無しだぜ。

 

ディアンヌはムッとしますが堪えます。

 

エリザベスはマーリンに声をかけます。

お節介かもしれないけど、今ならまだその火傷をキレイに消すことができるわ。

 

マーリンはエリザベスに、醜いか?と聞き、「ううん」と即答するエリザベス。

私にはとても美しいものに見えるわ、あなたがいいのなら私はそれで構わない。

 

ディアンヌも、ボクもすごく格好いいと思うよと言い、オイラにも尊いものに感じるよとキング。

ゴウセルは、その傷がある限りエスカノールはマーリンの中で生き続けるんだよと言います。

 

大分酔っ払っているバンとメリオダスも集まり、価値観は人それぞれだからなとメリオダスは言い、笑みを浮かべるマーリン。

 

ディアンヌは、エスカノールのことは寂しいけど、今度こそみんなやっと幸せになれるんだよねと言います。

団長は魔神王の力を使い切ったことで魔界へ帰らずに済みそうだし、エリザベスの呪いも解けた。

バンはエレインを生き返らせてようやく一緒になれるんだもんね。

ゴウセルは自分の心とナージャの記憶を思い出せた。

キングは真の妖精王になって・・・ボ・・・ボクはぁ、キングにプロポーズされちゃったと、恥ずかしそうに話すディアンヌ。

 

そしてディアンヌは、それからマーリンはと言ったところで止まります。

そういえばマーリンの目的って何?

キミってあんまり自分のことを話さいないよね?と。

 

他の皆もマーリンの目的を知らず、ディアンヌはマーリンにも望みはあるんでしょ?と聞きます。

とんでもない魔法の実験?

超レアな実験素材の調達?

なんでも言ってよ、みんなでキミに協力してあげるとディアンヌは言います。

 

マーリンは、共に戦った同胞として、お前たちには知る権利があろう、見届ける義務もなと言い、指を鳴らしてエレイン以外を瞬間移動させます。

アーサーが復活

瞬間移動した場所は豚の帽子亭の前で、さらにこの場所は先程まで魔神王と戦っていた場所です。

メリオダスはホークママの先を見てみろと言い、そこには魔法の湖があります。

魔神王を倒す際、合技”不倶戴天(ふぐたいてん)”を受け止めて吸収し、湛えた魔力の量はさらに膨大なものとなった湖。

 

マーリンは、始めるとしようと言い、宙に浮きます。

メリオダスはマーリンに、何を始める気だ?と聞き、アーサーを目醒めさせると答えます。

 

マーリンが呪文を唱えると、豚の帽子亭の壁に丸い空間が現れ、そこから死んでいるアーサーが出てきます。

豚の帽子亭の中からはその様子をキャスが見ています。

 

アーサーを目醒めさせるというのは、生き返らせるということなのか、いまいち意味がわからない七つの大罪。

 

その時、ホークが泣きながら飛び出してきます。

あまりに心細くて岩陰で震えていたとメリオダスに抱きつくホーク。

 

ホークは、おっ母(おっかあ)と魔神王を倒すためにここまでやってきたけど、辿り着く前にお前らが倒してしまったと説明します。

仕方がないから帰ろうとしたら、おっ母があの妙な水の前でウンともスンとも動かなくなってしまったと言います。

 

宙に浮いているマーリンとアーサー。

マーリンは誰かに話しかけています。

汝の啓示に従い手筈は完了した、姫よ・・・そちらの準備もよいな?

 

姫?マーリンは誰に話しかてるんだろう?と七つの大罪も不思議そうに見ています。

 

湖が光りはじめ、謎の声が聞こえてきます。

いよいよ出迎える刻が来たみたいね、キミの、そして我らの主を・・・。

 

マーリンは言います。

アーサー・・・私は見誤っていた・・・これはお前を死に陥れる剣ではなく、お前を新たな段階(ステージ)に導く鍵であったことに。

 

そして、さあ鍵よ、湖に満ちた魔力を使い扉を開け!とマーリンが言うと、湖から光が飛び出しアーサーを貫きます。

周囲には衝撃が走り、その衝撃がおさまると空中で起き上がるアーサー。

アーサーが生き返ったことに驚きながら喜ぶディアンヌですが、メリオダスは厳しい表情をしています。

混沌の王に目醒めるアーサー

自分自身に何が起きたのかわからないアーサー。

マーリンはアーサーに言います。

人間はあらゆる種族中、最も両極端に善と悪、光と闇の性質を持つ矛盾極まりなき存在だ。

そして矛盾は混沌でもある。

即ち、混沌の巫女に選ばれし人間こそが、混沌を統べる者となりうるのだ。

 

アーサーの様子が変だとエリザベスは言い、メリオダスも、アーサーになにをしたとマーリンに聞きます。

 

マーリンは答えます。

言っただろう、私の目的はアーサーを目醒めさせること・・・混沌の王として。

 

右目が黒くなり苦しそうにするアーサー。

 

次回のマガジンは12/25発売になります。

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

七つの大罪のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで七つの大罪の最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに七つの大罪のアニメも全て「見放題」です!!

 

2019年の新シリーズ、「神々の逆鱗」も見放題です。

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

七つの大罪335話の感想

マーリンによってアーサーは復活しましたが、混沌の王に覚醒めさせられようとしています。

混沌の王というのが何者なのか、そして、マーリンがずっと七つの大罪として行動していたのは、このためだったのでしょうか。

謎の多いマーリンでしたが、まさかここから敵になるなんてことは・・・。

混沌の巫女というのも気になる存在ですし、なんにせよ混沌の王に目醒めたアーサーがどのような立ち位置なのか非常に気になります。

 

七つの大罪336話のネタバレはコチラになります。

>【七つの大罪】336話ネタバレ!アーサーが新世界の王になる!?

(12/25更新)