【ドクターストーン】144話ネタバレ!アメリカ大陸までのルートが確定!

ドクターストーン144話のネタバレになります。

アメリカ大陸へのルートで対立する千空と龍水。

対立と言っても、どちらも皆のことを思い、現実的で安全なルートの龍水、未来を思い合理的なルートの千空。

正解がない二人の言い分に、最終的にはポーカー対決となり、ゲンは龍水につき、コハクは千空につきます。

果たして勝負の行方は!?

 

前回のドクターストーン143話のネタバレはコチラになります。

>【ドクターストーン】143話ネタバレ!千空と龍水が対立!?

ゲンのイカサマ vs コハクの動体視力

龍水&ゲン vs 千空&コハクのポーカー対決がはじまり、皆はどちらが勝つかで賭けをはじめます。

龍水に賭けるのは、フランソワ、陽、スイカたち。

千空は賭けるのは、大樹、銀狼、杠(ゆずりは)たち。

 

龍水派の陽は、ゲンがいるならイカサマで無敵と言い、スイカも、よくわからないけど、ゲームなら龍水が強そうと言います。

千空派の大樹は、頭脳ゲームなら千空が負けるはずがないと言い、銀狼は、みんなはコハクちゃんの視力を知らなすぎると言います。

 

早速、イカサマをしようとするゲンの手首を握るコハク。

コハクは、ディーラーをつとめる羽京に、ゲンに一切カードを触れさせるな!と言います。

 

賭け金をどんどん上乗せ(レイズ)していく龍水。

龍水の度胸が良すぎて、ハッタリかどうか1mmも読めないと焦り気味の千空。

 

一進一退の攻防ですが、少しだけ龍水のチップのほうが多いです。

 

その時、再びコハクがゲンのイカサマを見抜きます。

カードの山札に砂糖をふりかけ、その上からカードを置けば変な滑りになり、一発でわかるというものです。

 

千空は砂糖をふりかけた意図を理解し、コハクにゲンの袖を調べるよう言います。

ゲンの腕まくりした袖には昆虫のカナブンがおり、砂糖で目印つけたカードに触覚を反応させるために仕込んだものでした。

 

イカサマが見破られたゲンは、もう何もしていないので、山札の全カードをチェックしていいと言い、皆はカードを調べはじめます。

この時、千空は気づきます。

昆虫のインパクト、コハクも客も全員の目が今この一瞬、山札に。

ポーカー対決の行方は!?

千空が急いで視線を龍水へ向けますが、既に時遅し、チップを全力上乗せする龍水。

コハクは、今の一瞬で、龍水の手札の向きが違っていることを理解します。

 

カードをすり替えたゲンですが、ゲンはシラを切ります。

 

この一発で決めるため、敵に気持ちよくイカサマを見破らせ、そして山札に注目させてから、一番上以外の手札4枚を一気にすり替えた。

 

ずっと仕込んでた4まいということは、龍水の最強のカードは4カード。

千空達が勝つには、ストレートフラッシュ以外ない厳しい状況になります。

 

千空はコハクに、上から2枚目、5枚目、下から2枚目と、ボソリと指示を出し、全部賭けをする千空。

全員の注目が千空へ集まった瞬間、コハクは超スピードで山札からカードを三枚抜き取ります。

抜き取った三枚は、もちろん千空の指示したカードです。

 

速すぎるコハクの動きですが、唯一、司には見えており、山札の途中から抜いたことを伝えます。

とはいえ、裏向きのカードのため、何のカードが見えなければ意味がないとクロム。

 

龍水と千空、互いに全部賭けでの最後の勝負となります。

 

予想通り、龍水はAが4枚の4カード。

対する千空は、スペードの10、11、12、13、Aで、まさかの”ロイヤル”ストレートフラッシュで、千空の勝利となります。

アメリカ大陸までのルートが確定

絶叫する龍水とゲン。

ギャラリーは歓声を上げ、Aが5枚あることはいいのねと、一人冷静な羽京。

 

目印なんてどこに?と混乱するゲンに、科学の目印は無色透明だから見えないと千空は言います。

千空が使った手法は、ウルシオール。

ボイスレコーダーのウルシを、スタートからずっとキーカードを探してはフチに目印として塗っていました。

 

とはいえ、ウルシが透明なら誰にも見えないのに、なぜ千空には見えたのかとスイカは言い、千空を見ますが、そこには顔をパンパンに腫らした千空が。

千空の肌はウルシに敏感センサーになっており、体を張って勝利した千空。

 

千空が勝利したことにより、アメリカ大陸へのルートは、ムズさ100億%の最短ルート「大圏航路(たいけんこうろ)」で確定します。

本土のルリ達と連携を取り、GPSで地球を渡る科学のショートカットだと千空は言います。

ドクターストーンのアニメと漫画の最新刊が無料で読める!?

ドクターストーンのアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。(マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントでドクターストーンの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらにドクターストーンのアニメも全て「見放題」です!!

 

アニメも見放題で最新刊も無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ドクターストーン144話の感想

千空と龍水のポーカー対決は千空の勝利!

千空の体を張った見事な勝利でしたが、千空の肌がウルシ敏感センサーだったのは忘れてましたね。

このネタをここでもってくるとはといった感じです。

 

「大圏航路(たいけんこうろ)」は最短ルートとはいえ、非常に難しい航路。

ルリ達と連携を取り、GPSを使った科学のショートカットを目指す千空。

これでアメリカ大陸への航海がより楽しみになりましたね。

 

>【ドクターストーン】145話ネタバレ!

(3/30更新)