【約ネバ】138話ネタバレ!アイシェが人の言葉を話した




約束のネバーランド138話のネタバレになります。

前回、七つの壁探しに進展が見えたエマとレイですが、同時にノーマンも王都へと進軍をはじめました。

残るはドンとギルダのムジカとソンジュし探しです。

139話ではこちらも進展を見せます。

スポンサーリンク

全てはノーマンの計画通り

なにか薬液を作っているヴィンセント。

メモ書きのとおりに作っているようなので、おそらくノーマンの指示通りに作っている様子。

 

シスロはヴィンセントに「できたのか?ソレ」と聞き、「ああ」とヴィンセント。

ヴィンセントは、改めてボス(ノーマン)は天才だと感心します。

 

天才なんてちゃちな言葉ではおよそ足りない、それ以上だとも。

ボス(ノーマン)ほど偉大で高潔で、完璧な存在はいない。

 

ヴィンセントの言葉を聞きながらシスロは言います。

なぁ・・・これでいいんだよな。

 

「?」とヴィンセント。

 

すぐさま訂正するシスロ。

いや・・・何でもねぇ忘れてくれ。

 

シスロは話題を変え、邪血見つからかな?と聞き、ボス(ノーマン)はギーランですら見つけた出したことから、「見つかるさ」とヴィンセントは答えます。

殺せるかな?とのシスロの問に「殺すさ」とヴィンセント。

 

先程の薬液を鬼のネズミのような生物に飲ませます。

そしてヴィンセントは、ただボス(ノーマン)を信じればいいと言い、鬼のネズミが「グエッ」と鳴きます。

約束のネバーランド138話

 

さらにヴィンセントは「成功だ」と言います。

 

全てはボス(ノーマン)の計画通り。

王都も邪血も何も心配は要らないとヴィンセントは言います。

スポンサーリンク

隙がないアイシェ

ムジカとソンジュを探すドンとギルダ達。

ノーマンのマップ、アイシェと犬による探索で、鬼がいないはずの裏ルートで鬼の痕跡を見つけていきます。

この痕跡をドンとギルダがソンジュとムジカのものか目視します。

 

足跡を見つけましたが、ムジカのものにしては大きく、ソンジュのものにしては小さい。

特に隠した痕跡もなく、よく見ると四足歩行であることから、おそらく小型の野良鬼だとギルダ。

次はたき火の跡を発見しましたが、落ちているのは人間の骨であることからソンジュ達ではないとドン。

 

ドンとギルダの洞察力に感心するハヤトですが、凄いのはアイシェと犬達だとギルダは言います。

どんな細かな手がかりも見つけ、自分達では見逃す、時間がかかるものもすぐに発見するとギルダは驚きます。

 

さらに銃の名手でもあるアイシェ。

ノーマン達に救助されて以来、めきめき腕を上げ仲間内でも随一だとハヤトは説明します。

 

アイシェは五感がとてつもなく優れていて、鼻がいい、耳がいい、目がいい、とハヤトが話していると、何かに気づいたアイシェ。

ナイフをドンの方へ投げ顔の横まで来ていた毒蜘蛛を殺します。

約束のネバーランド138話

 

ドンはお礼をしますが、人間の言葉が通じないアイシェは無視します。

 

完璧な同伴者だとギルダは言います。

探索としても護衛としても、そして刺客としても。

さらにドンは、監視としても完璧だと付け加えます。

 

隙がない・・・犬とアイシェに常に見られているとドンとギルダは感じます。

スポンサーリンク

アイシェが人の言葉を話す

ソンジュとムジカを守れるかと心配するギルダですが、どう守るかだとドンは言います。

ムジカのそばにはソンジュがいる。

ソンジュがいる限り二人共そう簡単には殺されないだろうが・・・とはいえドンも心配な様子。

 

何を考えているのか互いに晒して話ができればとドンは言いますが、アイシェは人間の言葉がわからない。

おまけに犬達としか話さない。

 

ドンはわかり合うための努力が必要だと、フレンドリー作戦でアイシェに近づきますが玉砕します。

それでも「明日こそ」と諦めないドンとギルダ。

 

引き続き探索を続けるドンとギルダ達。

このまま進むと町に出てしまうので、元来た道へ戻ろうとした時、木に擬態していた鬼に襲われるハヤト。

 

アイシェは銃で鬼を狙いますが、いち早くドンは石を鬼にぶつけます。

ドンの行動に驚くアイシェ。

ドンは笛を鳴らして鬼を自分の方へひきつけ、その隙にギルダ、ハヤト、アイシェは逃げます。

 

鬼から逃げ切った四人は合流します。

ドンに感謝するハヤト。

 

ハヤトはドンに聞きます。

鬼を殺してしまえば楽で早かったのに、なぜ危ない目までして逃げたのか。

 

一匹だけだったのと、逃げられる地形だった。

銃弾は貴重だし音も出る。

人間の痕跡を残すのもできるだけしないほうが後々安全とドンは答えます。

 

では弓で殺せばとハヤトは言いますが、殺さずに済むならそれが一番いいかなとドン。

 

夜、薪を集めに行ったハヤト。

ギルダはドンに昼間のアレ気づいた?と聞きます。

ソンジュとムジカと一緒にいた馬とそっくりの足跡。

約束のネバーランド138話

 

こんなにも早く手がかりがと驚くドンですが、違う馬かもしれなからまだわからないとギルダ。

 

これが本当にムジカ達だったらどうするとドンは言います。

じき出会う、殺させない、そのために自分達がすべきことはと二人は考えます。

 

その時、アイシェがそばに立っており、人間の言葉を話します。

 

「なるほど、あんた達・・・邪血を逃がすつもりか」

 

普通に人間の言葉を話したアイシェに驚くドンとギルダ。

 

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!?

約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか?

その方法とは、U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。

 

U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。

このポイントで約束のネバーランドの最新刊を1冊無料で読むことができます。

 

さらに約束のネバーランドのアニメも配信あれていますが・・・残念ながら「見放題」ではなく、各話購入になってしまいます><

ただし、今後「見放題」になる可能性があるのと、ヒロアカやブラクロ、ワンピース(一部有料)など他のジャンプ作品は見放題となります。

 

アニメは現在、見放題ではありませんが、最新刊は無料で購入できるU-NEXTの無料トライアルはこちらから!!

 

※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

約束のネバーランド138話の感想

アイシェが人間の言葉を話せることが判明しました。

そして、ドンの行動に驚いた様子を見せたアイシェは、ドンとギルダがムジカ達を逃がすつもりであることも理解しているようです。

その上で、アイシェがどのような行動にでるのか気になりますね。

このままドンとギルダの味方になってくれればいいのですが・・・。

 

約束のネバーランド139話のネタバレはコチラになります。

>【約ネバ】139話ネタバレ!アイシェが仲間に!?鬼に育てられた人間だった

スポンサーリンク