【ハンターハンター】379話ネタバレ!旅団とマフィアは共闘?対立?




ハンターハンター379話のネタバレになります。

前回、エイ一家のJOJO風の男ルイーニーが登場しましたが、379話ではルイーニーの能力が判明します。

そしてエイ一家の新しいキャラであるカシューが登場したと思ったらシャ一家の若頭や副組長まで登場。

現在の物語の中心は旅団になってますが、旅団はマフィアと共闘するのでしょうか?それとも対立?

スポンサーリンク

生存者カシューの証言

前回第3層の一般乗客エリアで起きたルイーニーによる20名の殺害事件。

379話は生存者の女性の証言から始まります。

証言を聞いているのはハンター協会幹部「十二支ん」のミザイストムです。

 

この証言者はルイーニーと同じエイ一家のカシューです。

ハンターハンター379話

 

つまりこの証言はウソとホントが混ざった証言になります。

ルイーニーは顔の三日月の傷ことは正確に証言するようカシューに伝えていました。

それにより、軍と協会幹部の操作能力を把握したいのと、犯人と特定されてから見つかるまでの時間を知りたいとルイーニーは言います。

 

カシューは捕まったら確実に死刑だが本当にいいのか聞きますが、ルイーニーは捕まらないし捕まっても逃げると自信満々。

ハンターハンター379話

 

ルイーニーの能力

自信満々なルイーニーの能力は空間を移動する能力です。

能力の発動条件は、壁が一つで出入りができない壁に覆われた個室です。

 

発動するとその部屋の壁や床から別の場所へ移動でき、下の部屋にはいつでもどこからでも戻れる。

ただし、下の部屋の扉が開いて密室ではなくなると能力はリセットされ二度とその部屋で能力を使えない。

行ける場所も一度行ったことのあるところに限定されます。

 

船の外にも出入りできそうだけど、能力をリセットされる危険があるので、今は試すことができないとルイーニーは考えます。

ひとまず旅団との共闘を楽しむと言い、シャ一家の倉庫番を殺害しました。

 

キレるノブナガ

倉庫番の死体が消え、一人は血の足跡を残しながら逃げた様子。

フィンクスはこの足跡が、跡を追えと言わんばかりなことを「気にくわない」と言います。

 

更にフィンクスは、犯人が何をしたいのかよくわらかないと。

自分達に組員殺しの罪を着せるなら一人で十分だし、ここで組員を逃してしまったら自分達がやっていないのがバレる。

 

フィンクスの発言に対しノブナガは、わざと一人深手を負わせて逃したのは、仲間のアジトまで泳がせるためだと言います。

死体を見て自分達が動き、他の組員と揉めれば抗争勃発で犯人にとってそれも良し、自分達が動じず探索を続けたから犯人は自ら動いてシャ一家のアジトへ向かった。

 

あくまでもノブナガの憶測ですが、最初の死体は完全に自分達をおちょくっているとキレます。

ハンターハンター379話

 

“円”ではちょっと残念な扱いをされることが多いノブナガですが、379話では威信をかけてのキレ顔です!!

スポンサーリンク

旅団 vs シャ一家?

血の足跡を追って扉の前に到着したノブナガ、フィンクス、フェイタン。

扉を開こうとしますが閉まっています。

その時、三人の前に現れたのはシャ一家の若頭オウです。

ハンターハンター379話

 

オウは上からは待つよう言われたが、まだるっこしいのが嫌いなため単刀直入に「倉庫番を襲ったのはお前達か?」と三人に聞きます。

 

食堂では一人食事をするフランクリン。

そのフランクリンの前にシャ一家の副組長イットクが現れます。

ハンターハンター379話

 

イットクはフランクリンにヒソカを探しに行かないのかと尋ねますが、ヒソカは旅団を殺すため探しているので待ってればいつか向こうから来るとフランクリン。

 

イットクは倉庫番の話をフランクリンにします。

フランクリンは自分達ではないと言いながらも、そっちから仕掛けてきたら話は別だと伝えます。

イットクは旅団の三人が武器を取りに倉庫へ行くことは話が通っていたので、倉庫番の方からカラむ道理がないと言います。

その言葉にフランクリンは、「それじゃオレ達じゃねぇ」と答え、その状況を利用した別の誰かだと言います。

 

更にイットクは、この船に乗った理由はヒソカだけかと聞きますが、ヒソカだけではないとフランクリン。

そして一応盗賊だと答え重い雰囲気になります。

ハンターハンター379話

 

別の理由があるとはいえ、ヒソカを殺すまでは次に進めない、売られなきゃ買わないとフランクリンは言い、イットクはその言葉を聞いてこの場を後にします。

 

マフィアは旅団と共闘?対立?

報告を受けたシャ一家の若頭オウは、ノブナガ、フィンクス、フェイタンの三人を疑ったことを謝罪します。

オウは犯人の目的は抗争を希望している別の組のヒットマンだろうと言いますが、フィンクスはアジトに入る事自体が目的だったのかもと言います。

 

空間移動する能力の発動条件の一つに”マーキング”があり、実際に訪れた場所でないと移動できない縛り。

その条件を満たすために来たとしたら、成功してしまった今、それがヤバい事なんじゃないかとフィンクス。

 

この言葉にオウは「手を組もうと言ったら乗るか?」と聞きます。

 

口ではそう話すオウですが、心の中では旅団のことを危険因子と認識しており、早めに潰そうと考えています。

 

まとめ

王位継承戦の真っ最中ですが、379話は旅団とマフィアの話がメインとなりました。

これは、まだまだ長くなりそうな予感ですね。

そしてこんなに旅団がメインになってる話は久しぶりです。

それはそれで嬉しいのですが、ヒソカとマフィアから狙われている旅団はこのまま全滅とかの流れになるのでしょうか。

王位継承戦も気になりますが、旅団の今後も非常に気になります。

 

休載が決定した380話のネタバレはこちらになります。

>【ハンターハンター】380話のネタバレで休載決定!再開はいつ?

スポンサーリンク

関連記事