【七つの大罪】261話ネタバレ!四大天使マエルはエリザベスを賞賛していた




七つの大罪261話のネタバレになります。

これまで行動を共にしてきたモンスピートとデリエリ。

デリエリのことが好きだけど、戒禁である「沈黙」により自分の気持ちを伝えられないモンスピートといった感じで、いい感じの二人でしたがエスタロッサが現れモンスピートの心臓を貫きます。

ワンチャン生きてるのでは!?と期待しましたが、261話でモンスピートの死亡が確定します。

失意のデリエリが向かった先は・・・。

スポンサーリンク

モンスピートとの別れ

エスタロッサに心臓を貫かれたモンスピート。

エスタロッサはそのままモンスピートの最後の心臓を握り潰します。

七つの大罪261話

 

モンスピートはデリエリにお別れの時間だと伝え、デリエリを空へと吹き飛ばします。

デリエリはモンスピートが自分に伝えようとしていた、心に隠してた言葉をまだ聞いていないと言いますが、もうデリエリを護ることも傍にいてやることもできないと謝り、「だから言わないよ」とモンスピート。

 

モンスピートの名前を叫ぶデリエリですが、モンスピートはエスタロッサと共に全身を獄炎で包みます。

 

モンスピートの死亡が確定しました。

3000年前の戦いでも登場した二人なので、他の十戒よりも思い入れがあっただけにショックです。そしてとても悲しい別れ方でした。

シーサーに関してはワンチャン復活することを密かに期待しているのですが、モンスピートは無理でしょうね。

 

祝福の息吹はペテンの光

場面は変わり魔神の群れを撤退させることに成功した掃討部隊。

ギーラは王都方面に逃亡した魔神が多数いるが追撃するかハウザーに確認します。

ハウザーは王都は防衛部隊が必ず死守してくれるから信じようとギーラに言います。

 

護らなくてはいけないのは王都の民だけではないとハウザー。

進軍中に魔神どもに襲われている人間がいたら救助が優先だが、町や村内での戦闘は避け被害を最小限に抑えるよう伝えます。

すっかり聖騎士長っぽい風格になってます。

 

サウザーは怪我人がいるなら今のうちに手当をするよう言いますが、「その必要はない、先へ急ぐことを進言する」とデスピアス。

 

今回の戦闘で目覚ましい活躍を見せたリュドシエルの加護を受けた面々。

デスピアスはリュドシエルの加護を受けたこの体に、不浄の者共の攻撃が効くわけがないと豪語します。

さらには、リュドシエルの加護を受けなかったハウザーを笑います。

 

そんなデスピアス達に「仮初めの力に頼らないで」とエリザベスは言います。

リュドシエルの加護である”祝福の息吹(ブレス・オブ・ブレス)”は、”ペテンの光(チートホープ)”と呼ばれている術だと説明するエリザベス。

対象者は高揚感を限界まで引き出され、痛みと恐怖心を失い死ぬまで戦い続けると。

 

“ペテンの光”と言う名前が秀逸です。

リュドシエル自身がペテン師のような匂いがするのでぴったりの名前ですねw

スポンサーリンク

マエルが賞賛するエリザベス

リュドシエルの加護を”ペテンの光(チートホープ)”と言うエリザベスに対し、あなたが一体何を理解しているのだとデスピアスは言いますが、何もわかっていないのはお前達だと四大天使のサリエル。

 

サリエルは、戦闘中エリザベスがずっと魔神達の精神に

“無駄な争いは望まない”

“道を空けてほしい”

と語りかけてたと言います。

 

だがほとんどの魔神が応じなかったと話しますが、そのことをデスピアスはエリザベスは役に立っていないと言いかけた時、サリエルが「いい加減黙りなよ」と言います。

 

サリエルよく言ったって感じですw

デスピアスちょっとうるせーなって感じだったので気持ちよかったです^^

 

最上位魔神であるチャンドラーとキューザックの絶対的な命令に、下位魔神達が抗えるわけがないとサリエルは説明します。

さらにタルミエルは”祝福の息吹(ブレス・オブ・ブレス)”には傷を癒す効果はないと伝えます。

 

“祝福の息吹(ブレス・オブ・ブレス)”には傷を癒す効果はないのに、デスピアス達だけではなくハウザー達の傷まで癒えていることに気づく一同。

これは、戦いの間エリザベスが皆の体を癒し続けたからだとサリエルは言います。

 

そしてこれがなければすでに半分は死んでいたはずと。

 

できることなら、ここにいる全員に生き残ってほしいとエリザベスは言います。

誰も傷つけずに済むのならそうしたいが、それが甘い考えということもわかっています。

だけど、誰かが皆の無事を願っていることだけは忘れないでほしいと話すエリザベスに、”祝福の息吹(ブレス・オブ・ブレス)”を受けたデスピアス達が若干正気に戻った感じです。

 

エリザベスは「行きましょう」と皆に伝えます。

その姿にゴウセルは言います。

ゴウセル

「すごいなエリザベスは」

「四大天使最強のマエルが賞賛するわけだよね・・・」

引用:七つの大罪261話

 

この言葉に隣にいたホークは「へ?」と答えます。

ゴウセルはマエルのことを知っている?

そしてゴウセルといえば、修理をしてもらった際にマーリン何をお願いしたのかもまだ不明です。

>【七つの大罪】258話ネタバレ!ゴウセル復活とエスカノールは病気?

 

マエルに関しては既にエスタロッサに殺されているのが判明しています。

>【七つの大罪】252話ネタバレ!四大天使マエルは十戒に殺されていた

 

マエルの恩寵「太陽」は現在はエスカノールが所有しています。

>【七つの大罪】253話ネタバレ!エスカノールの正体はマエル!?

 

エリザベスの前にデリエリ現る

ここでゴウセルは巨大な反応が接近してくることに気づき、その直後何者かが掃討部隊に現れます。

 

七つの大罪含めこの場にいる者達がこの気配が十戒であることに気づきます。

気配は一つのため対象を囲むようハウザーは命令します。

煙が晴れそこに現れたのはモンスピートを失い戦意を失ったデリエリでした。

 

まとめ

261話でモンスピートの死亡が確定しましたね。

そしてエリザベスの前に現れたデリエリは戦意どころか生気すら失っているといった感じです。

姉を失いモンスピートも失い孤独となった少女デリエリが向かった先はエリザベスでした。

 

そのエリザベスは四大天使最強のマエルが賞賛していたということも判明しましたね。

マエルといえばリュドシエルの弟です。

リュドシエルはエリザベスとは反りが合いませんでしたが、マエルがエリザベスを賞賛しているということは、マエルとリュドシエルも反りが合わなかったのではないでしょうか。

 

おそらく、リュドシエルは弟マエルが好きだが、そのマエルは自分ではなくエリザベスを賞賛する。

それが気に入らなかったりエリザベスに嫉妬しているとかそんな感じなのかなと予想します。

なんにせよエリザベスの前に現れたデリエリの目的が気になります。

 

七つの大罪262話のネタバレはこちらになります。

>【七つの大罪】262話ネタバレ!四大天使の恩寵を解放!?

スポンサーリンク

関連記事