【ボルト】17話ネタバレ!カタスケの護衛と科学忍具の輸送はランクC任務




漫画ボルト17話のネタバレになります。

前回、木の葉丸の死亡フラグが発生したところで終了しました。

木の葉丸がどうなるのかも気になりますが、器(うつわ)を失った殻(カラ)の動向も気になります。特に木の葉の里と縁があると言う果心居士。

そんな中、17話ではボルト達に新たな任務が与えられます。

やはり忍は任務をこなしてなんぼですよね。

スポンサーリンク

木の葉丸の死亡フラグは?

16話では死亡フラグが発生した木の葉丸ですが、17話はそんな木の葉丸が登場するシーンから始まります。

飛行船の中で発見した黒い容器。

黒い容器に端子があるのを発見した木の葉丸は、巻物メモリでデータをコピーします。

 

こんな性能も備わった巻物があるのかと感心しましたが

 

巻物じゃなくてよくね?

 

普通にメモリースティック的なものでいいんじゃないかと思いましが、そこはやはり忍の世界ってことですかねw

 

木の葉丸がデータをコピーしている間に、外にいたもう一人の上忍がやられます。

油断したとはいえ、上忍を倒すほどの強さです。

木の葉丸に「逃げろ」と伝えその場に倒れます。

 

そこに現れた人物を見た木の葉丸は、「なんだこいつは」と感じたところで木の葉丸の場面は終了。

引き続き木の葉丸には死亡フラグが発生したままです。

 

カタスケ護衛と科学忍具輸送

場面は変わってナルトの火影室。

大筒木のような強い力を持つ未知の存在が暗躍している可能性が高いことに、世界の危機かもしれないとサスケ。

ボルトの手の印のことは全員知っていたようで、ナルトは手の印と関係があると思われる「組織」が存在することがわかったと言います。

 

ナルトは人間を傷つけることをなんとも思っていない連中から、みんなを守るため科学忍具は必要だと説明しますが、納得できないボルト。

ここにカタスケも登場しますが、カタスケの顔を見て怒り出すボルト。

その後も科学忍具の重要性を伝えるナルトにボルトは

 

 

お前が言うかと吹きましたw

この言葉にナルトも「わかってるじゃねーか」と言います。

 

そんなボルト達にナルトは任務を与えます。任務内容は

  • カタスケの護衛
  • 科学忍具の輸送

 

カタスケと一緒にナルトの義手を持って竜胆の街の研究所へ向かい、実戦データをもとに研究所で開発を進める。任務のランクはCだとナルト。

ボルトは任務内容に怒ってその場を後にしますが、頭を冷やせばボルトは任務を受けるとサスケは言います。

スポンサーリンク

ランク別任務内容と報酬

ナルトの口から今回の任務はランクCとありましたが、ランク別の任務内容や報酬が気になったので調べてみました。

 

Dランク任務

内容:護衛、雑用、依頼物探しなど危険を伴わないもの

忍ランク:下忍

報酬:五千〜五万両

 

Cランク任務

内容:護衛・素行調査・猛獣の捕獲など忍同士の戦闘を除いた任務遂行者の負傷が予想される任務

忍ランク:下忍・中忍

報酬:三〜十万両

 

Bランク任務

内容:護衛・諜報・忍者殺害など忍者同士の戦闘が予想される任務

忍ランク:中忍

報酬:八〜二十万両

 

Aランク任務

内容:要人護衛・忍者部隊討伐など里や国家レベルの動向に関する任務

忍ランク:上忍

報酬:十五~百万両

 

Sランク任務

内容:要人暗殺・機密文書の運搬など国家レベルの機密事項に関する任務

忍ランク:上忍

報酬:百万両以上

 

たしか漫画ナルトのどこかに一両 = 十円とあったと記憶しています。

と言うことは、Dランク任務の「護衛、雑用、依頼物探しなど危険を伴わないもの」で5万円〜50万円ですね。報酬額に相当差があるんですね。

 

忍としての自覚

科学忍具が気に入らないボルトに、サラダは「その気持ちはわからなくはない」としながらも、七代目直々の指名に期待に応えなくてはと一人でも行く様子。

ミツキは今回の件に限らず、自分の基本方針としてボルトが行かないなら自分も行かないと言います。

なので、ボルトが行かないなら今回の件はサラダ単独での任務になると話すミツキ。

 

ここでミツキはたたみ掛けます。

サラダが火影になったら自分がサポートすると大見得を切っといて、サラダ一人で任務に行かせるのかと。

さらに今回輸送する科学忍具は七代目の「手」だと言います。里の人々を守る大事な手。その中にはボルトの母や妹も入っているのではと話します。

 

ミツキの理詰めがやばいですw

 

さすがに観念したボルトは任務に行くと言います。

これでも忍としての自覚はあるから、ダダをこねて任務を蹴ったりしないとボルトは話します。

ボルトの成長が伺えます。

 

アウターの”青”

列車に乗って竜胆へ向かうボルト、サラダ、ミツキ、そしてカタスケ。

列車の中では霧隠れの上忍”青”と相席になります。

 

第四次忍界大戦で左手と左足が義手と義足になり、カタスケの患者となっていたようです。

ボルト達は竜胆で列車を降りますが、重要なのはこの後です。

青の後ろの座席には「殻(カラ)」のメンバーである果心居士がいます。

 

しかも青は果心居士に「インナー」のあなたが直接のお出ましと言っていることから、面識があるようです。

 

果心居士は青のことを大いに買っていると言い、信頼のおける「アウター」はそう多くはいないと伝えているので、面識があるレベルの話ではなさそうです。

さらに果心居士は青に「器の回収」を依頼し、青は「多少派手になりますが・・・よろしいかな?」と聞き、「構わん」と果心居士。

そして「16年振りの実戦か・・・」と青。

 

ヤベェ青がやる気満々だw

 

列車を降りたボルトはサラダから、初対面の人と親しく話せることを不思議がられますが、ボルトは青のことを「いい人」だったと言います。

また会って色々話を聞きたいと言うボルトですが

 

青「16年振りの実戦か・・・」

 

次回のボルトは11月20日発売の51号掲載予定となります。

 

まとめ

今後ボルトと青は直接戦うようなことがあるのでしょうか。

第四次忍界大戦では青は感知部隊の隊長に任命されていまいした。

その青が果心居士のことを「インナー」のあなたが直接のお出ましと言っており、青が依頼を受ける立場なことから、果心居士の方が上の立ち位置なのでしょうね。

忍は全員アウターということになるのでしょうか。

まだまだ謎がありそうですね。そして木の葉丸の安否が引き続き気になります。

 

委員長が登場するボルト18話はこちらの記事です。

【ボルト】18話ネタバレ!委員長の筧スミレが研究所で登場!

2017.11.20
スポンサーリンク

関連記事