【ワンピース】878話ネタバレ!鏡の世界でルフィvsカタクリの展開へ




ワンピース878話のネタバレになります。

絶体絶命の状況だったルフィ達ですが、ペドロの自爆により一瞬の隙が生まれます。

この一瞬に賭けるルフィ達と、それを阻止しようとするビッグマム海賊団。

一進一退の攻防の中、ルフィはカタクリを鏡の世界へ連れ出し直接対決の展開となります。

スポンサーリンク

ペドロの年齢が判明

878話はペドロがビッグマムから寿命を奪われた時の回想シーンから始まります。

ペロスペローに年齢を聞かれ、27と答えるペドロ。

 

意外と若いことが判明しましたw

ペドロはミンク族の中でも動物の血が濃いのか、顔には人間部分が少なかったので正直年齢不詳でした。ていうかペドロの年齢を気にしてませんでした。

ペドロは50年の寿命を取られたので、実質77年生きてることになるようです。

 

あ、これ回想シーンだから現在はもっと上ですね。

 

ノックス海賊団の由来

ペドロが率いるノックス海賊団。

ノックス海賊団の名前の由来は「夜」という意味です。

日中と夜を比較すると、夜はネガティブな印象ですが、ペドロ曰く「明けない夜はない」との言葉があるように、”夜明け前”との意味合いだそうです。

 

夜明け前と言えば、ネコマムシの旦那が「世界の夜明けを待つ男」と、自分のことを言っていたのが思い出されます。

ミンク族の平均寿命がどれくらいなのかは不明ですが、ペドロは既に77年生きてるので人間と同じだとすると残りわずかですよね。

ペドロ自身もそのことを自覚してるのか、世界の夜明けの礎になるくらいの時間はあるはずと考えます。

 

そもそもミンク族の寿命は人間と同じなのか?って疑問が湧きますよね。

ネコマムシの旦那はロジャーや白ひげの海賊船におでんの従者として同乗してたはずなので、相当長生きしていると思われます。

動物によって寿命が違うように、ミンク族も種族?種類?によって寿命が違うのでしょうか。

 

ペドロがビッグマムから寿命を取られる回想シーンでは、さらにペドロの子供時代の回想シーンになります。

ロジャー、おでんと一緒に自分も行きたいと言う子供ペドロに、ロジャーは「お前はまだ待機だ」と伝え最後は人には必ず「出番」があると諭します。

 

ペドロが自爆したのは「出番」が来たと自覚したからなのでしょうか。

結果論になってしまいますが、自爆が出番というなはあまりにも悲しいですし、これがペドロの考える世界の夜明けの礎というのもやりきれません。

それだけビッグマム海賊団が強いということなのでしょうけど。

スポンサーリンク

キャロットの出番!?

場面は現在に戻ります。

 

ルフィは船を出航させようとしますが、ビッグマム海賊団も砲撃でルフィ達の出航を阻止しようとします。

「どいつもこいつも熱くなりやがって」とカタクリも出航を阻止しようとしますが、この言葉にカタクリを睨みつけるキャロット。

過去にペドロから言われた「人には必ず出番がある」との言葉を思い出し、カタクリへ飛びかかります。

 

キャロットの「出番」も来たか!?

と思いましたが、簡単にあしらわれてしまいます。

やはり実力差がありすぎました。

 

鏡の世界へ

ルフィはカタクリに”像銃(エレファント)”で攻撃しますが、モチモチの能力で阻止するカタクリ。

ルフィは拳を開きカタクリを掴みます。

 

今までは拳で殴ることが多かったので、こんな使い方もできるんだと感心しましたが、カタクリも感心してますw

ルフィもちょっと先の未来がわかるカタクリに対し、わかっても防げないだろうと言ってるので、最初から計算してたのでしょうか。

 

これは、もしかしたらカタクリ対策になるのでは!?

お茶会の時もありましたよね、未来が見えるけどどうしようもないみたいなシーンが。

いや、なかったかもw

カタクリが焦ってるのを見てベッジが成功するのを確信したシーンは覚えてるんですけどね。

 

一つ気になったのは、ルフィが拳を開いて「掴み」に来る未来は見えなかったのでしょうか。

お茶会の時もサンジに銃弾を避けられますが、サンジが避ける未来は見えなかったのかなと気になったのですが、完璧ではないのですかね?

 

混戦の中、ナミは人影を見つけ一瞬ペドロかと期待しますが、立ち上がったのはペロスペローでした。

キャンディーアーマーが全壊したことにヒヤリとしたとペロスペロー。

 

キャンディーアーマーに守られたようですね。

スイート3将星の一角クラッカーも全身にビスケットの鎧を纏ってました。

ビッグマムの子供達は身を守る能力に長けてますよね。スムージーも体の毒をしぼり出すことができます。

 

ルフィは仲間全員の名前を叫び、必ず戻るから後は頼んだと言い、カタクリを掴んだままビリュレの鏡の世界に飛び込みます。鏡の世界ではルフィの行動に再び感心するカタクリ。

ルフィは船への通路である鏡を割り、カタクリは立ち上がりルフィと対峙します。

 

まとめ

ルフィがまさかの行動でカタクリを鏡の世界に連れ出しました。

いよいよ鏡の世界でルフィ vs カタクリといった感じですが、ルフィはスイート3将星の一角クラッカーを苦戦しながらも倒しました。

懸賞金の額で言えばカタクリの方が上なので、クラッカーの時以上に苦戦すると思われます。

 

ていうか、ルフィは一人でスイート3将星の全員と戦うのでしょうか。

いつもならゾロが敵の幹部を倒す役でしたが・・・ゾロがいないとルフィ自らが全員と戦う!?

相当しんどい気がします。

 

それにしても、幹部でルフィクラスの実力って強すぎですよね。

カタクリは水が弱点であることはジンベエが語っていましたが、ルフィ一人で勝機はあるのでしょうかね。

次回のワンピースは熱そうですね。

スポンサーリンク

関連記事



2 件のコメント

  • こんばんは。
    ワンピースファン、尾田さんファンです。
    僕の見解ですが、カタクリは鏡の世界へ行くこと(サウザンドサニー号から出ていくこと)をわかっていても止められなかったのではないかとみています。